yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高齢者の所在不明事件

2010年8月8日。

わが町内では半月ばかり前に103歳の町内最高齢者が亡くなったばかりだが、その盛大な葬儀の記憶が目の前にある時期に高齢者問題がニュースを賑わしている。
賑わしているなんて言うのは少し不謹慎かもしれない。

東京の最高齢者といわれる113歳の老人が家で白骨化して見つかったと言うのだ。
信じがたいことだが、事実で似たような話が日本のあちこちで見つかった。
100歳以上のお年寄りが全国で50人ほど不明だと言う。

と言うことは、家族と一緒に暮らしていない。(当たり前だ!)
家族と一緒で無いと言うのは一人で暮らしているのか。100歳以上で一人で暮らせる人はそお多くないと思うが・・・・。


老人ホームで暮らしているなら家族は居所が分かっているはず。
そう考えると、行き先不明でどこでどうしているのか。亡くなっている人が多いのか。家族は亡くなっている事実も知らないのか・・・。ほったらかしなのか、知るすべが見つからないのか。
100歳以上なら今分かっているJのは50人ほどだが、90歳以上に引き下げたらおそらくこの10倍くらい入るだろう。80歳以上ならこの100倍かも。

b0158170_9521839.jpg
    写真はwebサイトより

家族の絆が叫ばれていろいろ言われているが、ある種の実態はこんなところかも。
市役所等の行政側の対応や住民登録の実態把握の問題もさることながら、問題は地域と家族との関係はこんな程度かと少々考えてしまう。

しかし、よく考えてみると、仮に何かの理由で自分の親が家を出て行ったとする。
連絡がないと家族はどこに行ったか分からない。
警察に捜索願を出す。しかし、警察も大捜査をするわけでもないと思うから、隠れてひそかに暮らしていればもしかしたら分からないかもしれない。
大都会はマンションの隣人は誰が住んでいるのかも分からない所はいくらでもある。
一人住まいのアパートやマンションはあっちこっちにありたぶん希薄な人間関係だろう。

家賃を滞納でもすれば発覚するが、銀行振り込みになっていれば分からないかもしれない。
民生委員や市の担当者が訪問しても面会を拒絶すればわかならない。
踏み込んで家宅捜査するわけにも行かない。

そして、孤独死する。
たいていは発見されるが仮にホームレス等で人里離れていれば分からないかもしれない。
わが市の住民人口をネットで調べてみたら100歳以上が75名。
しかし、びっくりしたのは年齢不詳が49名もいたことだ。
年齢不詳とはどういうことだろう。身寄りがなく、ぼけていれば自分が何歳でどこで何をしていたのかも分からない。そういうことなのか・・・。

と言うことは全国で年齢が分からない人は49×120000000(全国人口)/260000(我が市)=22000人くらいいてもおかしくない計算だ。
と考えると、不明者だってかなりの数はいるだろう。
そもそも、警察に行方不明で捜索願が出されている人は年間10万人前後。

90歳以上100歳未満は、総務省統計局の人口推計によると、09年10月1日現在、128万3000人となっている。

いろいろ事情があるに違いないが平穏に暮らすことがいかに難しく大事なことか。
[PR]

by YAHHOSAITO | 2010-08-08 09:55 | 日々 | Comments(0)
<< 歌の発表会 鎌倉ぼんぼりまつり >>