yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秋の広島

2011年10月28日。

結納に広島に出かけた。家から5時間ほど。
朝、5:44の一番のバスに乗り、小田原を07:04、広島に着いたのは10:55分だった。
それにしても新幹線は早いものだ。
昔、母の実家、豊橋に行くのに電車に乗っているのが5時間だったが、それに比べると5倍は早い。片道18,000円は少し高いが、ジパング適用で30%安くなった。

駅前のホテルで11:30から開始、お嫁さんのご両親とは初対面だが、同じ生まれで同世代。すぐに話が弾んで予定時間を大幅に超え、4時間近くも話し込んでしまった。

その晩は広島プリンスホテルをリザーブしてあった。駅からは車で20分強のところ。
瀬戸内海の海辺に建っており25階建てくらい。我々は14階に泊った。
ここの部屋がなかなか立派な部屋だが、格安で泊る。なぜなら、「菊華会」会員だから。

「菊華会」会員はプリンスホテル系のホテルで挙式をあげた人が会員になるらしい。毎年、結婚記念日近くになると優待チケットが送られてくる。特に5年ごとは宿泊代が半額かそれ以下になる。
我々はそれでいろいろ泊った。箱根プリンス、蒲郡プリンスなどなど。

それなりに良かったが、正直、イマイチ感もあった。だが、今回はなかなか良かった。
広さは54㎡というから16坪。畳にすると32畳という事になる。結構広い。船でいうとグランドスイート位の広さか。
それに眺めが良い。眼前に瀬戸内海の穏やかな海が広がり、小島があちこちに見える。
ベットも調度品もなかなか。風呂は全面総ガラス張りで海に突き出ている感じ。小舟で大型望遠鏡でも持参すれば海からnudeが見れるかもしれないが、左様なことをする人は稀か。

それにしても瀬戸内海は小舟が行き来している。豊穣の海とそれぞれの島に生活が息づいているという事なのか。
日常の足の様に船があっちに行ったりこっちに行ったり。
「瀬戸の花嫁」という歌の歌詞がなんとなく分かるような気がする。
とにかく気に入った。

b0158170_6553574.jpg

翌日は宮島へ。
船はプリンスホテルの庭に桟橋があり、そこから出ている。宮島まで25分。
妻は10年ほど前に行ったことがあるが私は初めて。
妻と長男と私の3人の観光で、はたから見ると不思議な3人ずれに見えたかもしれない。夫婦の他に大きな子供が付いているのだからして…

宮島は世界遺産。日本三景の一つ。正式名は厳島というのが正しいらしいが厳島というのは読みにくいので通称宮島で通っているいるらしい。平安時代の建立だが、良く今まで保存されている。
時間があればもう少しゆっくり見たかったが帰りに船の時間もあって超特急の見物となってしまった。

b0158170_6561189.jpg

大鳥居からふと山の方に目をやると鳥居の延長上に目立つ白いビルが。
美術館らしいのだが・・・ウーン

妻がせっかく来たのだから広島のお好み焼きを食べたいという。
では昼食にと広島駅で食べた。
ジャンボサイズのお好み焼きでうどんとそばのバージョンあり。美味。
[PR]

by yahhosaito | 2011-11-01 06:59 | 日々 | Comments(2)
Commented by 山姥 at 2011-11-01 10:03 x
そうでしたか。ご子息の結納で広島へ。おめでとう存じます。瀬戸内いいでしょ。海もお好み焼きも。私も14日から16日は尾道、17日から26日まで下関で、体重を2Kほど増やして帰りました。
Commented by yahhosaito at 2011-11-01 19:05
お久しぶりです。尾道や江田島、究極の祝島まで行きたかったのですが、大幅割愛となってしまいました。
瀬戸内海は感動ものでしたね。こんなにいい風景は世界の中でも稀かも。もっとPRして世界から人を呼んでもいいのではないかと・・・
しかも、それぞれに歴史や史実がある。何かをきっかけに大ブレークする予感を感じましたよ。ポエムでした。
<< 11月 足の治療 >>