yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々が過ぎていく

2012年7月11日。

今年の梅雨はカラ梅雨かと思わせる程のいい天気が続いている。
おかげで、畑の雑草はよく茂り、布団はよく乾き、薪は次第に乾燥する。
ベリーグッド・・!

7/2に年一回の人間ドックで、2か所のレベルをDを貰い、再検査に行った。
一つは消化器科で胆嚢に石の影が見られるという。
もう一つは泌尿器科。こちらは前立腺癌の指標であるPSA値がボーダーラインの4を超えて7だということだった

人間ドックの面接のその場で再受診を予約され、翌々日の7/4に再度東海大学病院へ。
掛け持ち受診で9時半に行ったが待たされること3時間、ようやくお昼も佳境?に入る頃、順番は回ってきた。

胆嚢はMRIを撮影し、結果を後日危機に来てくださいということで、あっけなく終了。
泌尿器科は触診と内視鏡?でお尻の穴から何やら装置を突っ込まれて、まあ問題ないでしょう。値が高くなっていますが、一時的に上がることもあるので、年一回の検査で経過を見てください。とのことだった。

3年ほど前にも精密検査をして、このときはお尻から内視鏡と先端ペンチのようなもので前立腺の組織を数か所つまみ取り、結果オーライだったが、痛かったこと痛かったこと…

MRIの方は7/10に結果を聞きに行き、まあ問題なし・・・ということだった。
少し大げさすぎるか、勘ぐれば病院の「マーケット拡大」に乗せられたか、しかし、保険が適用されて、より詳しい検査ができると思えばラッキーというべきか…

そんなこんなで、一連の人間ドック騒ぎはいい方向で終息した。

その間、七夕があり、名古屋から義弟と子供家族5人が来訪。
七夕の夜を楽しんだが、ちょっとしたアクシデントも。

義弟5人を迎えに行った愛車BORAがなんとオーバーヒートしてダウン。
正確に言うと、駅でみんなと合流後。私と義弟家族4人は七夕見物に案内。カミサンと義弟は七夕をスキップして、家に戻り、夕飯のご馳走を作る計画だった。
私が4人を連れて七夕見物をしているとカミサンから携帯が着信。「オーバーヒート!。」

どうやら右往左往している様子なので、見物を早めに切り上げ、タクシーを拾って現場に急行。
途中コンビで2Lのペットボトルの「谷川岳の水」も購入。
タクシーの運転手さんがとても親切にトラブルに対応してくれて、とても助かった。

思えば、ラジエターに水を補給した記憶はほとんどない。多分、BORAを買ってから一度も給水したことはないと思う。前のマーク2の時もあまり記憶にございません。
運転手さんは毎朝ラジエター点検をしているという。反省大。

七夕の朝の清掃。これは朝5時から。
昨夜の「祭りの後」の後始末で、駆り出される。焼きそばのソースが煮詰まったような臭い。ビールやコーラの甘ったるい臭い、タバコやごみの臭いが朝のまとわりつくような湿気の中にミックスされ少々閉口。それにしても、屈んでゴミ拾いするのが苦痛。なにしろ膝が痛い。困ったもんだ。

翌日は、「収穫祭」
地域の野菜畑で仲間が楽しく農家の真似事をやっている。
16時から飲み始め、終わったのが21時半過ぎ。カラオケに行くエネルギーも使い果たし、帰着。
そのまま風呂にも入らず朝まで眠りこけたのでありました。
まあ元気でよかった。

そんなこんなで、日々が過ぎていきます。
気が付けば、梅雨明けもまじか。やがて暑い夏が来るのでありましょう。
ゴーヤは幾分成長が遅く、きっと植え付けが遅れたせいでしょう。
グリーンカーテンにはまだ日がかかりそうです。

デッキは夏の装い。
庭のイワダレ草も満開を通り越し、ジャングル状でやんす。(まあ、それにしても写真は余分なものが映らなくて結構なものでごんす!)
b0158170_12512659.jpg


b0158170_15422029.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2012-07-11 10:19 | 日々 | Comments(0)
<< 煙突掃除 事前調査と情報 >>