yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

株の乱高下

2013年5月28日。

九州、中国地方はもう梅雨に入ったという。例年よりも10日くらい早いらしい。
関東地方の平均梅雨入りは6/9と昔聞いたことがある。10日早いと明日にでも梅雨に入っておかしくない。
天気予報は今週後半雨模様なので、たぶん金曜日位に宣言するの違いない!

最近株の乱高下が続いている。1日に1000円も上がったり下がったり。
もっとも乱高下と言ってもここ数日のことだが・・

去年の今頃8300円くらいだった株価は昨年暮れに安倍内閣が発足して、以来、急速に上昇。あっという間に10,000円を回復し、5月には15,000円を超えてしまった。5年4か月ぶりの高水準という。
あの東京電力も一時はかつての1/10~1/20位に落ち込み、1000万円の資産価値を持っていた人は何と100万円以下になってしまったが、このところの株価上昇で東電も700円くらいまで回復。友人の東電株主を何人も知っているが、やれやれと言っていると思う。
一方で、200円くらいの時に200万円買っておけば、今頃500万円くらい儲かっていた。残念!

と言ってみたものの、マネーゲームは怖くて、ある意味問題が多い。
自分の責任範囲で、すべてを理解してやっていればそれはそれでいいという意見が大半と思うが、それにしても元手さえあれば、そして、上手く予想が当たれば、500万円くらい儲けるのはあっという間だ。

先の東電の例で行けば、半年で500万の儲け。
一方で、普通のサラリーマンは汗水流して働いて、高給取りでも年間500万、非正規労働者として過酷な労働をしている人は2、300万くらいの人もいると思う。

それでいいのか!
いいのだよ。損するときもあるのだから。
確かに。自分も似たようなものだ。

でも、少しひっかかるなあ・・・

先日テレビで株の高速取引なるものを紹介していた。
1/1,000秒単位で株の売り買いを繰り返すことで、株価の下落が予想されると大量の売りをだし、いい材料があると大量の買を出す。株の全取引の4割くらいがこれだそうだ。
しかも、この注文をコンピュータが自動的に行うというのだから怖い。

バブルで懲りたはずのマネーゲームものど元過ぎて世の中の風潮がイケイケどんどんになってくるとまたぞろ投資投機の話が脚光を浴びて、煽り立て、世の中のムードがバブルになっていく。

似たような話が、原発だってそうだ。
原発はあれほど危険だ止めようという風潮だったのが、今多くのマスコミが原発は必要という論調にシフトしている。
危険は何にだってある。自動車だって便利さと危険のリスクの総和の上で成り立ち、受容されている。と何かに書いてあった。

自動車のリスクと原発のリスクと違うと思うけどなあ・・
自動車は人類滅亡にはどう考えてもならないが、原発は滅亡になる可能性あるもんなあ・・・

「風潮は」作られ、なびき、常識になっていく。
庭のメドウセイジが咲き出した。

b0158170_9303556.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-05-28 09:31 | 日々 | Comments(0)
<< 久々の「大脱走」 五月の茅ヶ崎付近 >>