yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

富士山、世界遺産に決まる

2013年6月23日。

昨日、富士山が世界遺産に決まった。世界に誇る山とずっと思っていただけに嬉しい。
そして、富士山は小さいころから今に至るまで自分の生活の中に溶け込んでいる。

思えば今は亡き山ちゃんと登った10月の富士。8合目から上は積雪でピッケルととアイゼンで何とか山頂にたどり着いた。今でも思い出す素晴らしい絶景。そのちょうど一週間後に登った大学山岳部パーティが遭難し7?名の死者を出した。我々の時は快晴無風だったが、遭難の時は荒れていた。

小富士にスキーに行ったとき、2合目の積雪1m?の中でテントを張って寒さに震えた厳冬の2月。太郎坊のスキー場で右肩を脱臼。動けなくなって死ぬかもしれないと本気で思った。

子供達とよく行った富士山登山。スキー場。
特にスキー場は我が家の2階から雪の状態が双眼鏡でよく見え、今日は雪が多いからスキーに行こうなどと言って、急遽、道具を積んで車で出かけたものだ。

いまでも、朝な夕なに富士山を見て、季節や時刻によって変化する富士山を楽しんでいる。
そんなさまざまな思い出がありとあるゆる人々に刻み込まれている富士山。

世界遺産になったことでまた新しいステージが出来てくるかもしれない。
一方で噴火なんて言う話もある。

「いずれの山が天に近き」と詠った古代人。会津磐梯山の例もある。
あの秀麗富士もいつかは八ヶ岳や愛鷹山、磐梯山の様にならないとも限らない。

富士山はまさしく心の山。
富士山が無かったらカミさんとも多分出会わなかったはずだ。
昨日は朝、よく見えたが今日はどうか?二階に出てみようか。

b0158170_10201594.jpg

【昨日の富士山:朝7時ごろ】

[PR]

by yahhosaito | 2013-06-23 10:22 | 日々 | Comments(0)
<< 首相の一日 あじさい >>