yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海の日&平和を感謝する集い

2013年7月14日。

今日は海の日。昔は7/20が海の日だったが、ハッピィーマンデイ制度のお蔭で月曜日になることが多くなった。1/15の成人の日も9/15の敬老の日も同じ。だから少しピンと来ない。
個人的には成人の日は1/15、敬老の日は9/15の方がいい。覚えやすいし、実感があるし、格調が高い。

一方で、建国記念日や憲法記念日、こどもの日などは日にちが固定されている。ここの基準はイマイチ!?

ところで、海の日はわが地域では毎年この日に「平和を感謝する集い」が開催される。
近隣の3地区連合自治会が全面協力し開催されるのだが、自分もここ何年か参加している。

簡単に言えば、戦争で殉職した方々に感謝し、今の平和があるということを噛みしめようとする会。地元の関係者等々が200人ほど集まる。
黙祷に始まって、献花、中学生の平和に感謝する作文の朗読、アトラクションなどなど2時間弱のセレモニーだったが、なかなか心に残るものだった。

b0158170_11394192.jpg
今年でもう18回目だという。
戦争が終わって68年。長らく日本は戦争が無く、平和な時代が続いている。
平和ボケと揶揄する人もいるが、自分もそう思う。そうはいっても戦争に比べればはるかにいい事かもしれない。

地元に自衛隊の幹部だった人がいて、彼に話を聞くと最近の韓国や中国の挑発は「昔だったらとっくに戦争だね」と言っていた。
戦争は嫌だが、最近の動きはどうも危ない。
海空侵犯の問題、防衛白書や政治家の発言、マスコミの対応などどれも「昔なら!」といった感じが多い。

日米安保で日本はアメリカの傘下にあるから、有事の際でもアメリカが何とかしてくれることになっている。たぶん今の状態では何とかしてくれるはずだし、周囲もそうなるはずだと考え、変なことはしてこない。

だが、有事で一線を越えたら(米国本土が戦争状態で日本のことまで手が回らなくなったら)日本はかなりマズイことになると容易に想像される。
考えただけでも恐ろしい。

過去は戦争の歴史だ。
いまでも戦争状態の国がある。
地中海の国々はつい最近まで戦争が繰り返されて、領土があっちに行ったりこっちに来たりしていた。

日本も落ち着いたのはつい最近のことだし、以前は、日中、日清、日露、第一次世界大戦、第二次世界大戦とある。
国内では戊辰戦争、西南戦争、戦国時代の戦争など大変な時代だった。

いまは、平和の時代。
ありがたい。
[PR]

by yahhosaito | 2013-07-17 11:54 | 日々 | Comments(0)
<< ボーフラの記 天日干し >>