yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

真土大塚山の超大胆仮説

2013年11月6日。

平塚市の郊外にある真土大塚山公園。
ここはかつて古墳があったところだ。
正確に言うと、古墳のあったところは某自動車会社の社員寮があって、今は取り壊され、近々大規模住宅地として売り出されるはずだ。
今ある真土大塚山公園はこの古墳の100mほど北にある。

実はここはは古代史上大変有名な場所であり、謎に満ちた場所だ。

大塚山古墳を有名にしたのはここから三角縁神獣鏡が出土されたから。

三角縁神獣鏡は正確には三角縁四神二獣鏡(さんかくぶちししんにじゅうきょう)といい、作られたのは4世紀ごろ、鏡の縁の断面が三角形で、その中には四人の神像と二頭の獣像が配置されている。
鏡径22.1㎝の良質の白銅質で出来ており、中国から特別に輸入された鏡ということだ。

なぜ、当時の都(京都あるいは九州)からこんなに遠い真土で出土したのかは古代史の謎とされているが、この地に中央政権と強力な関係を持つ豪族がいたという説が有力になっている。

神獣鏡自体は全国に400とも500ともいわれる数が見つかっており、それ自体はそれほど稀なものではない。
では何故、真土大塚山古墳が有名かというと、京都椿井(つばい)大塚山古墳と同じ型の神獣鏡(同笵鏡)だということからだ。「陳是作鏡」の鏡で陳さんが作ったと明記されている。

椿井大塚山古墳からは400~500枚のうち32枚もの神獣鏡が見つかっている。
当時、神獣鏡は大変貴重なものとされていて、32枚のの鏡が出土したということから、椿井大塚山古墳の被葬者は当時の大和政権においてきわめて強力な存在であることが知られ、同じ型の鏡を持つ真土大塚山古墳の被葬者は西方の有力者と社会的・政治的に深い交渉、連絡を持っていた人物と言われる。

では何故、真土大塚山に古墳を作ったか。

いろいろな説があるが、相模川の自然堤防を利用し、砂地で小高くなっているところに目をつけたと思われる。


そこで、超大胆な仮説を立ててみた。(学術的には全く根拠のない思い付きの推測ですよ!・・・)

つまり、謎の正三角形仮説だ。(バミューダトライアングルもしくはピラミッドの正方位説からの妄想)
当時、建物は全くと言っていいほど無いから、この大塚山の高さ20mほどの高さから見ると、360度ぐるっと見渡せたはずだ。
そうすると、一番高い富士山。眼前にそびえたっていたと思われる。
東に目をやると伊豆半島。ここで一番高い山は天城山。(正確に言うと万三郎岳)

ここが、ほぼ一片を65kmとする正三角形の頂点となる。
その3番目の頂点がここ真土大塚山。
そこで、エイヤーと、大塚山に決め、ここに古墳を作ったのではないか!?

b0158170_1631543.jpg

きちんした正三角形は富士山と天城山とすると3点目は寒川神社あたり。
富士山と真土大塚山を起点にすると3点目は修善寺あたりになるぞ。

当時の風景を思いやると、そんな気が益々してくる。
意外と、古代人はこういうところにこだわる。(ハズだ!)
第一、ピラミッドもスフィンクスもメキシコのマヤ文明ピラミッドもこうした方位をきちんと計算して作ってある。

実は真土大塚山もそうしてできているのではないか!?

そんな訳ないか!!
[PR]

by yahhosaito | 2013-11-06 16:50 | 地域 | Comments(0)
<< 霧にむせぶ夜 ジョウビタキ >>