yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

禁じられた恋の島:エルサモランテ

2013年11月14日。

昨日、ご近所の通夜があり参加した。97歳のおばあさんで大往生だった。
ここ数年、ほとんど寝たきりの生活で介護の家族はさぞかし大変だっただろうと思う。
今年の春にはお隣の家でもおばあさんが亡くなりやはり97か98だったと思う。

お二人ともうちのばあさんのお友達で、生前はよく踊りだカラオケだと誘ってもらい、老後の生活をエンジョイできた。息子としてもそれが有難かった。
うちのばあさん(お袋)は88で亡くなった。3人共にかなりの長生きの部類に入る。

平均寿命は男80、女86.5というから90歳くらいの長寿の方々はかなりおられる。
ただ、どのくらい元気かというのだ問題だが、80過ぎても自転車の乗ったり、仕事していたりで元気な老人もそれなり多いのも事実。
自分はあと何年生きられるか。

おもえば、20くらいの頃から現在まで、なんと通り過ぎるのが早かった事か。
総合すると「中ぐらいなり」と思う。いや、中の上弱と思いたいか。

You tubeにはいろいろ投稿されていて、昔懐かしい画像や音楽がヒットする。
20歳少し前。「禁じられた恋の島」という小説があった。映画にもなった。
その頃、本を買い、映画も見た。

b0158170_77880.jpg作者はエルサ・モランテ。
ググって調べてみると、少年がパルトロウ、女性がヌンツアータということが分かった。というより、二人の名前はかなりのあいだ頭の中に記憶していた。
物語の内容はすっかり忘れたが、音楽と映画の写真はよく覚えている。

それにしても、昔の映画音楽は印象にの残るものが多い。
「ひまわり」「黒いオルフェ」」「悲しみは星影と共に」「さらばベルリンの灯」「パピヨン」「ブーベの恋人」・・・・  きりがない。

「禁じられた恋の島」はナポリ湾に浮かぶ小島だという。実際にあるのかは不明だが、急に映画が観たくなって調べてみたら、どうもDVDも何もないらしい。
もしかしたら2階の屋根裏に本があるかもしれない。
今度探してみよう。

そうだ、2階の部屋は子供たちが出て行ってしまったので空いている。
アトリエ兼日向ぼっこ部屋に使っているが、そこを思い出の本で埋めてみようか。
「青春思い出図書館」

いや、「断捨離」だな。
だいぶ焼きが回ったか。
[PR]

by yahhosaito | 2013-11-14 07:09 | 日々 | Comments(0)
<< カンツォーネの発表会近し 22世紀 >>