yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

引っ越しのプロ

2013年11月28日。

娘が千葉に引っ越そうというので、手伝いに行っているが、素人の作業とプロの作業に愕然とした。

我々素人は段取りも悪く、要領もいまいちだが、プロの作業を見ていると、ほぼ芸術の域だ。

プロとは0123でおなじみのあの引っ越し専門業者。
さすがプロ集団はやることが素早い。

たぶん我々のやる作業の5倍から10倍のスピードがあるのではないか。
目の前にある段ボールや家具があっという間に整理され、運ばれていく。
まさにあれよあれよという間だ。

b0158170_20105712.jpg
しかも、作業のお兄さんたちは20台前半と思われる。
一見若い優男たちだがやることは早い。大したものだと感心する。
30代前半と思われるリーダーらしき男性は、的確に指示を飛ばす。
マンション7階からの引っ越しだったが、何か下の車に用事があるときは、カラ手で行くなよと檄が飛ぶ。
作業のポイントも種々指令が飛ぶ。

引っ越し道具もいろいろあって「適材適所」で活用され、スピードをサポートする。
こういう世界はQCのような手法が効果があるのかもしれない。
現場で「こうすれば、こうしたら」のノウハウが蓄積されると結構効率化に貢献するのだろう。

ましてや彼らは礼儀正しく、笑顔で感じよく、気は優しく力持ち。さすがと言わざるを得ない。
かつて、「プレジデント」あたりで、社長の寺田氏が女性経営者として記事を賑わしたが、その集大成のようなものがこういう形になっているのかと思うと感じるものがある。

しかし、なんといっても引っ越しは体力勝負。
マンションの3階あたりのはエレベーターもないというから、さぞかし大変だろう。
クーラーの室外機は相当に重いそうだ。
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど考えただけでも重そうだ。
しかも、毎日。

今日のお兄さんたちも午後から別の引っ越しがあるという。
一日、何キロの荷物を上げ下げするのだろう。
ご苦労様としか言いようがない。

怪我もなく、腰痛もなく、無事に一日を終わってくれることを祈らざるを得ない。

娘は、この最高にいいロケーションのマンションを1年で出ることになった。
新しい旅立ちだ。
新しい場所で希望と輝きに満ちた生活であってほしいと思う。
いや、きっと、ここにはない、素晴らしい出来事が待っているよ。

キャロラインケネディはこう言った。
「森の中で二つの道に分かれていて、私は人があまり通らない道を選んだ。そのことがどれだけ私の人生を変えたことか」

娘にも、そうであってほしいと思う。
[PR]

by yahhosaito | 2013-11-29 20:14 | 日々 | Comments(0)
<< 2014年の手帳 2013年11月晩秋 >>