yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2014年の手帳

2013年12月10日。

さすが師走で気が付いたらもう10日。年末が猛烈な勢いで迫ってくる。
ここ1か月くらいは結構忙しかった。

下の娘の出産、上の娘の引っ越し、それにそれぞれの子供(孫)が入院さわぎ。おまけに娘まで入院ということになり、いろいろなことがこの一か月で重なった。
娘はまだ入院中だが、あと1週間くらいで退院できるだろう。しかし、そのあとしばらくは引っ越し先でなく我が家で様子を見るかもしれない。

とにかく大変なのはbabyだ。
特に上の孫は1.1歳。歩くのが楽しくてしかないらしい。11か月目くらい出歩きだし、いまや、とことことどこでも行ってしまう。そこらじゅうにあるものを口に入れる。
ドアーは開けるし、ふすまは開けるし、椅子に登ってテーブルの上に上がってしまう。
方時も目を離せない。

少々重いものも押し倒し、本は引きちぎる。リモコンと掃除機が大好き。
好奇心の塊のようなもの。
それによく食べる。食パン1枚くらいはいとも簡単。ミルクも100cc位は1分もかからない。b0158170_6533636.jpg

そのほか、種々行事や出来事が依頼事が次から次へ。
お蔭で、第九は出場を取りやめた。
「Freude, Schöner Götterfunken」という心境(状況)ではなかった。
このため、10回以上の練習をしてきたが、あえなくアウト。
仲間がその時間、舞台で歌っていると思うと少々やるせなかったが、これもいい経験かも。

ここにきて少し落ち着いてきたが、まだまだ年賀状もあるし・・・
ドクターXも録画がたまるだけ。

本社時代の飲み仲間との忘年会も欠席したが、その席で渡される恒例の弊社の手帳は今年から無かったそうな。
弊社(H社)の手帳は3種類あって書き込み専用の黒手帳(大サイズ)、縦長スリムの緑手帳(中サイズ)、胸のポケットに入る茶色革製の小手帳。
自分は緑の手帳を10年以上も使っていて、大変重宝していたが、今年から市販の能率手帳と相成った。

多分慣れるまでしばらくはかかるだろう。

b0158170_6414843.jpg

手帳は住所録やパスワードなどの記帳データを別冊の冊子になって、それを翌年度も引き継ぐから、手帳の形状は類似していないとうまく格納できない。

まあいいだろう。

本社を離れてかれこれ10年以上。
あの時の若い仲間も中堅を通り越して部長や役員クラス。いや、リタイアしたのもぼちぼちいるぞ!
工場の様子もだいぶ変わったという。
弊社中心的工場もM&Aの結果、某M社の色彩が濃くなって何やら苦戦しているといううわさも・・・
[PR]

by yahhosaito | 2013-12-10 06:49 | 日々 | Comments(0)
<< 真土大塚山古墳の風紋 引っ越しのプロ >>