yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

冬の一日  =風のささやき=

2014127日。

 

娘と孫が帰って久しぶりに時間がたっぷりと取れた。

2か月近くもいたので淋しいと言えば淋しいが、自分の自由時間もそれなりに楽しい。

 

溜まった書類を整理し、音楽を聴いて、畑に出て、空を見て、静かな冬の一日を満喫した。

  ********************

「風のささやき」

 

あまりにも有名なS-マックイーンとF-ダナウェイの華麗なる賭けの主題歌。

 

お金も名声もある主人公、マックイーン、彼は金のためでなく、スリルと刺激を求めて犯罪に手を染める。
保険会社から派遣された調査官、F-ダナウェイは、その罪を暴くために男に近づいていく。
追う者と追われる者として出会った2人は、いつしか惹かれあう・・・・。
 
切れ者どうしの知恵比べのようなやりとりで映画は進行する。

カッコイイ!!

 
b0158170_21433448.gif

 

主題歌、風のささやき。

 

THE WINDMILLS OF YOUR MIND

直訳すると、君の心の中の風ぐるま。

 

webによると、歌詞はこうだ。

 

渦巻く円のように回り、 車輪の回転のように、

いつまでも終にたどり着かず始まりもない、 何時までも回り続けるリールのよう。

 

 山を駆け下りるスノーボールのように、あるいはカーニバルの風船、

 回っている回転木馬のように、 月の回りの暈のよう。

 

 針が進み続ける時計のように、 時計の面に時を刻む。

そして世界は林檎のように静かに空をぐるぐる回る。

 円の群れのような、 君の心の風ぐるまに君は気付く。

 君が追うトンネルの中のトンネルのように、

 洞窟の下方にある空洞そこは日の光が差し込まない場所。

 回転し続けるドアのように半分忘れかけた夢、あるいは小石のさざ波 誰かが小川に投げつけたもの。

 

 針が進み続ける時計のように、 時計の面に時を刻む。

そして世界はりんごのように静かに空をぐるぐる回る。

 円の群れのような、 君の心の風ぐるまに君は気付く。

 

 君のポケットの中でジャラジャラ鳴る鍵、 君の頭の中でなり続ける言葉。

なぜ夏はそんなに速く過ぎるのか?

これは君が言ったことなのか?

 海岸を歩く恋人たち 足跡を砂に残す。

 

 遠くで打ちならす響きは君の手の指の音が鳴らした音か?

 回廊に吊るされた絵画 そして歌の断片。

 半分しか思い出せない名前と顔の人たち、しかし彼らは誰に仕えているのか?

 

1.少年: 

   もう終わってしまったと気付いたときは、君は突然気付くはずだ

   秋の木の葉の色が彼女の髪の毛の色のように変わってしまったことに。

 

2.少女:

   もう終わってしまったと気付いたときは、さよならの季節である秋に、

    あなたはしばらく思い出せないでしょう 彼の瞳の色が。

 

 渦巻く円のように、 車輪の回転のように、いつまでも終端にたどり着かず始まりもない

何時までも回り続けるリールのよう、まるで解きほぐせないイメージのように、

 円の群れのような、 君の心の風ぐるまに君は気付く。

歌詞がポエムだなあ・・・
しびれた!


[PR]

by yahhosaito | 2014-01-27 18:32 | 日々 | Comments(0)
<< セレンディプティ カンツォーネの日 >>