yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記録的な大雪

2014217日。

 

13日からの雪で記録的な大雪となった。

この辺はおそらく25cmから30cm。吹き溜まりの多い所では50cm以上だ。

 

記憶する範囲では20年ほど前の大雪があるが、あの時でも20cmあったかどうか。

甲府では114cm、河口湖では143cmというから、これはまさに記録的大雪。

幹線道路では3日以上経つが、まだ数百台の規模で車の中に閉じ込められているというニュースもある。

 

お隣の車庫の屋根は雪で傾いたし、前の家の木は大きな枝が折れた。

地元のお友達は仕事で使う堆肥を運ぶブルドーザーに様な車があって、これで道路に雪を除雪。すごいパワーでみるみる雪を掻きだしていた。
我が家のエスクードは4WDでスタッドレスを履いているが、さすがにこの大雪だと走らせる勇気はない。この車は息子の車で10年以上も前の車。走行距離も10万キロを超えた。

 

b0158170_08022140.gif

b0158170_08015935.gif

さすがに大雪も2週間続くとうんざりで、雪国の人はさぞかし大変だろうと推察する。

そう言えば雪国育ちの父親は生前、雪が嫌で雪の無い湘南地方に来たとよく言っていた。

その割には、晩年、暇をみては吸い寄せられるように故郷によく帰っていた。

1週間ほど行ってくると言いながら、大概は34日ほどで戻ってきて、「あれお父さん、もう帰ってきたの?」などとお袋から軽口をたたかれていた。

 

それでも最近は雪国も雪が少なくたったようで、子供の頃は道から家に上がるのに、階段を3段ほど上がって玄関に入るのが、雪が降るとその階段は逆に3段ほど降りて家に入るのだとよく話していた。

推察すると積雪量は100cm位あったのかもしれない。7080年位も前の話だ。

地球温暖化でここ100年くらいは気温が23度高くなっているようだが、1000年の規模で言うと地球は寒冷化の方向に進んでいるということだ。

今回の大雪もそんなことが本当なのかと思わせる大雪だった。

 

しかし、ここが寒さも峠と思いたい。

2月もあと少しで下旬。28日までだからあっという間に3月に入って、やがて啓蟄。

土手にオオイヌフグリやホトケノザ、花にらなど一斉に咲きだす早春。

考えてみればこの春を待ち望む2月下旬が一番わくわくして楽しい。


[PR]

by yahhosaito | 2014-02-17 08:04 | 日々 | Comments(0)
<< 蔦重の教え 侘助 >>