yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

蔦重の教え

2014219日。

 

先日の新聞に面白い広告が載っていて、コピーの良さに思わずネット買ってしまった。

「蔦重の教え」@1600円也。

 

宣伝文句はこうだ。

55才、会社で崖っぷちのサラリーマン、タケさんがお稲荷さんの怒りを買い、タイムスリップ。転がり込んだのは「写楽」や「歌麿」を生み育てた江戸時代の出版界の風雲児、蔦屋重三郎のところだった。23歳の青年に若返った状態で拾われたタケは時代の寵児となる絵師たちと親交を重ねながら、蔦重に叱咤激励され、ものづくり、商売、人生の極意を学んでいく・・・」

b0158170_11292540.gif

 

手配して2日後。雪深い中、あっという間に読み終わった。

 

設定も面白いが、江戸時代の風俗や生活様式、本音などが随所に出ていて成程と思う。

そもそも江戸時代300年は戦は無かったわけだから武士は何をしていたのだろうか?第一、武士はどのくらいの割合でいたのか?

庶民はどんな暮らしをして、何を考えていたのだろうか?

 

その辺のヒントが出てくる。

因みに武士(士族)の割合は35%というからほとんどは農民で商人が10%位だったらしい。

時間の多くは稽古や学問、芝居見物や釣り、生け花等の趣味や、博打、酒盛りなども頻繁に行われていたようだ。

 

江戸時代に流行った「黄表紙本」。

昔、学校で習った時は興味津々だったが、今のようにwebがないので、お目にかからずにいたが、webで見るとなるほどすごいというか素晴らしいというか・・・。
江戸時代のお金持ちには人気があったようだ。

 

写楽や歌麿は美人画の巨匠だが、黄表紙本も多く書いていた。風景画で有名な北斎も描いている。

この辺の状況がこの本にたくさん出てくる。

写真や活字の無い時代にすべて版木に細かく彫って刷って本を出す。

凄い気の遠くなる作業の中で生まれた黄表紙本。

 

タケさんは、あるきっかけで平成の時代に戻る。

そこからのくだりがまた面白い。

 

結構、「教え」も意味深で面白い。

因みに、「TSUTAYA」は蔦屋重三郎からきていると初めて知った。


[PR]

by yahhosaito | 2014-02-19 11:40 | 日々 | Comments(0)
<< 悠久のインド 記録的な大雪 >>