yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海難事故

2014年4月22日。

韓国の客船が沈没し悲惨な状況になっている。
事故からすでに5日経つから、きわめて絶望的だ。それにしても300名近い人たちが事故で亡くなるかもしれないというのは最近聞いたことがない。

多くが高校生など若い人たちというので親はたまらない気持だろう。
それにしても何とかならなかったのか。

若干、大型船に乗った経験があるわが身としては、状況がある程度推察つくので、どんな状況であったかを思うと、やるせない。

船は傾きだしたら乗っている人は動きが取れない。
傾くということは、かなりの部分が海に浸かっているということだから、浸水がすごいはずだ。

客船は船室が一つのカプセル状になっているので、まず、30度傾いたら脱出出来ない。壁は階段のようになってはいないので、足を引っ掛けて昇ることがまず出ない。
b0158170_11192812.jpg首尾よく、通路に出られたとしても、傾いた長い廊下をどうやって歩くのか。
しかも、真っ暗だったら、傾いた煙突の中を歩くようなものだ。

出口がどっちなのか、上がどっちなのかも良く分からないだろう。

映画、タイタニックのシーンよりはるかに悲惨だと思う。

救命ボートだって傾いた状況では海に下ろせない。ましてや反対側のボートは使い物にならない。
だから、避難はかなり早い段階で出さないと、逃げ遅れることになる。
b0158170_11120196.jpg
避難訓練。これが30度傾いたら脱出困難


その辺は船長が一番よく知っているはずだが、事故にならないようにぎりぎりまで判断を遅らしたとすると、これはとんでもないことだ。

2年?前のコスタコンコルディア事故も似たようなケースだった。
それにしても、ひどい海難事故。ひどさは歴史に残る。種類は違うが、フクシマも似たり寄ったり。

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-22 11:04 | 日々 | Comments(0)
<< 花たち 何となくわかるが・・・ >>