yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

相変わらずの「薪」

2014年5月13日。

しばらく保管場所の理由からそのままになっていた薪。
ついに手を付けだした。

そのままになっている薪はふたつ。
一つは神社の薪。もう一つは近くのお宅の薪。
今回、神社の薪に手を付けた。

神社の境内にある木が生い茂り、大幅に伐採するという情報を得て、頂くことにしたのが確か去年の暮。
長さ40cmほどに輪切りにしてもらい、自宅には置くところがないのでそのまま境内の隅に置かしてもらってはや半年。
時間が経つと木は乾燥して割りにくくなるので、何とかと思っていたが、今回近くに薪小屋が完成し、いよいよ玉割り開始。

神社からは7月の祭り前には引き取ってくれということだったから、そのつもりでいたが、境内から運んで自宅に置いてみると、これが結構な量。
車で5回に分けて運んだ。
残りの径が50cm以上あるものは持ちあがらないので重機で運んでくれるという。

b0158170_06365186.jpg
木の種類は松、イチョウ、ヒノキ、楠。
これがいずれもなかなか割れず、四苦八苦。
それでも、3回に分けて何とか7割がた片づけた。

重さが3kgほどもあるグレンスフォッシュの斧を振り上げること300回?。
その間、割った勢いで台から転げ落ちた丸太を再度台にセットすること数十回。
さすがにへとへとになって、回復に2~3日かかる。

そこで、今回思い切って、電動薪割り機を購入することにした。
ピンキリだが、エンジン付は強力だが音が大きい。
電動でもいいのは高いし重い。
そこで、手配したのは4tの力の値段も4万弱。重量は50kgほど。

ネット手配なので、到着までに数日かかるみたい。
どこまで割れてどのくらい使い物になるか楽しみ。

このあと、まだ、第2陣の薪の引き取りがある。
梅雨までに何とかしないといけない。





[PR]

by yahhosaito | 2014-05-13 06:53 | 日々 | Comments(0)
<< 何だかキナ臭くなってきて 5月連休と地震 >>