yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

6月に入って  -サンタ・マッダレーナ村-

2014年6月10日。

旅行から戻って4日が経った。

まだ4日? もう、半月も経ったような気がするが・・・

非日常の世界から、またいつもの生活に戻って、少しずつ日々が過ぎていく・・・

5/30から旅に出て戻ってきたのが6/6。
それ以前は10日ほど風邪をひいて体調イマイチだった。
旅行も2日前までは止めようと思ったくらい気分が乗らなかったが、出発ギリギリでなんとかその気になり、強行して、なんとか無事に帰ってきた。

そもそも、旅行直前までは種々ヤボ用に加え、首の負傷?で整形通い。何とも忙しかった。
その中での風邪の直撃。おまけに歳取ると治りがすこぶる悪い。

サンタマッダレーナ、グロースグロックナー、ツェル・アムゼー、イエンバッハといっても馴染みがない。
インスブルック、ドロミテ、ボルツァーノあたりで見当はつくが、まあマイナーと言えばマイナーだ。

クラツー企画の「チロル・ドロミテの美しきアルプスを訪ねて」というのが謳い文句。これに妻と参加した。

サンタマッダレーナ村なんかは、それまでは全く知らなかったが、あとで調べてみると、知る人ぞ知るアルプスの秘境(田舎村)なのだそうだ。

奥にドロミテの山々が連なり、なだらかな起伏の草原に点在する家々。
咲き乱れる花々。遠くの教会。
わんさか押し寄せたらひとたまりもない素朴な田舎の穏やかな村。

こんな所がまだあるのだ…といった風景だった。

8日間の短い旅だったが、記憶に残る旅。
こんど、旅に出るのはいつだろうか。

b0158170_07011899.jpg
  ドロミテのガイスラー山麓に広がるサンタマッダレーナ村
b0158170_07100717.jpg
              日本より1か月くらい遅い。草原に咲く花
b0158170_07305905.jpg
                  静かな村の穏やかな道




[PR]

by yahhosaito | 2014-06-10 07:04 | 日々 | Comments(0)
<< 通夜 何だかキナ臭くなってきて >>