yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

林業の復活

2014年8月12日。

最近、林業が人気らしい。
ある報道によると求人の10倍の申し込みがあったと言うが、元々求人の母数が少ないから実際の申し込み人数は10000人もある訳ではないと思う。

昭和50年に約18万人いた林業従事者は、平成17年には約5万足らずまで減少したというから、1/4程になってしまった。

しかし、最近は環境に関心を持ち、「森林の仕事」に魅力を感じる若年層が増え始めているらしい。
背景には国の手厚い研修制度や大型機械の導入など、地道な努力が実を結びだしたといわれる。

先日もテレビで女性の森林従事者が大型の機械を使って、木の伐採や運搬など器用にこなしている姿を放送していた。
以前、役所広司氏が主演した樵の映画もあった。そんなものも影響しているかもしれない。

IT企業で残業が常態化している職場や人間関係で悩む企業のサラリーマンより、自然を相手に仕事をした方がいいという感覚はよく解る。

林業も実際は大変だろうと思うが、どちらかと言えばいい傾向だと思う。

今まで、少し林業や農業、漁業など1次産業は体力勝負でキツイという理由から敬遠されてきて、何となくイメージも良くなかったが、第3次産業や4次産業もカッコよさとは裏腹にストレスや達成感、人間関係など問題多く、やはり、自然界に働きかけて、富を得るという1次産業により魅力を感じ始めたということだろう。

時々、自転車で山の方をウロウロしていると、結構荒れた山林に出会うことがある。

b0158170_07043720.jpg
勿論、立派に整然と植えられた美林も多いのだが、従事者が1/4になってしまったというから、荒れた山林もあっても当然だ。

言うまでもなく、山の木は自然のダムであり、麓の水害から守る。大地から湧き出た水は栄養分に富み、川や海の魚の栄養にもなる。
第一、 木は建築資材といて素晴らしい。

そもそも、日本の国土の多くは山だから、森林資源を大切にし、育成しないといけない。
木に囲まれた生活。
ある種の理想だな。


[PR]

by yahhosaito | 2014-08-12 07:04 | 日々 | Comments(0)
<< 第69回終戦記念日 2014年夏 「盆踊り」 >>