yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

薪ストーブの本

2014年8月22日。

全く暑い。
最近は朝からクーラーをつけている。カミさんは少々オカンムリ。

先日、少し時期外れだが「薪ストーブの本」という本を図書館から借りてきた。
田渕義雄氏の訳。
これが結構面白い。

「薪ストーブの何がそんなに面白いのかって!?ウッフッフフ。駄目ですね。説明不可能。自分でストーブ焚いて、暖まってみるしかない。薪ストーブで湯を沸かしお茶を飲んで、黒豆をコトコト煮てみるしかない。木を伐って、割って、積んで、乾かして、薪ストーブで炊いてみるしかない。」

納得。

前にチロルに行ったとき、ほとんどの家の軒下に薪が高く積んであったのを思い出す。
b0158170_16291319.jpg
日本の全エネルギーに占める薪燃料の割合は!?
0.2%

フランス6%、アメリカ8%、北欧は15%とか。
少々、データが古いので、最近はもう少し違うかもしれない。
日本が森林を維持しながら消費できる量は10%とか。

まだまだだが、長野あたりでは結構軒下に薪が積んである。
煙突も多く見られる。

しかし、都心部ではなかなか煙の問題や、薪の確保の問題、家の構造の問題等があってなかなか普及は難しいかもしれない。

b0158170_17143334.jpg我が家も今度の冬で薪ストーブ5シーズン目に入る。
そろそろ冬の準備をしようか?
イカン、まだ残暑だな!

我が家のストーブ、いつ撮ったのか!? センプーキにうちわ!夏か!?


[PR]

by yahhosaito | 2014-08-22 17:09 | 日々 | Comments(0)
<< 記録と記憶 ピロリ菌 >>