yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

OB会

2014年9月23日。

先一昨日、会社のOB会があった。
4年に一回開催され、今回は第6回目だとか。

前回はMJ協の会合とぶつかって、やむなく欠席となったが、今回は8年ぶりの出席となる。
もっとも、その中の女性を中心とした何人かとは、「業務係」といって、係のOB会に一昨年開催され、あった人もいる。20~30年ぶりの日とも何人かいて、楽しい時間を過ごした。

今回の、OB会は78名の参加とかで、小田原で開催したが、遠い人は北海道から参加した。女性と男性半々くらいだろうか。
配られた名簿によると私は昭和63年に、その課を離れ、全く別のポジションに移った。
その課はいわゆるコンピュータを使って情報処理をする、今でいうところのIT関連部署だった。
当時は、最先端の部署で、新進気鋭?の20代30代が集まった。
パンチャー(データ入力するプロ)が20名ほどいて、華やかだった。
課が発足して以来、在籍した人はざっと500人。そのうち、78人参加だから、まずまずの出席率。

そこから、会社を興した人も何人かいて、日本のIT産業を支えた、立志伝の先輩もいる。
今思えば、先輩方は先進的で、勉強熱心で、遊び心も持ち合わせた、優秀な人たちが多かった。

揃いも揃って20代そこそこの若者たちが、今から40年も前にCOBOLやAssemblerを駆使して、よくあんな難しい?システムを作ったもんだ。
今、日常的に使われる、専門用語「アクセス」「タグ」「アドレス」「ローケーション」「シフト」「スキャン」「モディファイ」・・・はすべて、コンピュータ用語だ。

何だかとても懐かしい。

当時、20代のパンチャーは還暦のお年ごろ。後輩のお嬢様方も50歳前後。
みな、あの時のままでウツクシイ!

コンピュータ創世期の時代を共にし、楽しいことも辛いことも共有した仲間たち。
みんな溌溂として、まだまだ、現役そのものの風情でした。



[PR]

by yahhosaito | 2014-09-23 06:39 | 日々 | Comments(0)
<< 稲刈り ぼんぼり祭り >>