yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

家庭菜園の返却

2015年4月1日。

我が家の家庭菜園は私道を挟んですぐ斜め向かいにあって、距離にすれば10m足らず。
まさしく至近距離で、最高の立地だった。
広さは50~60坪強あって、家庭菜園としては十分な広さと近くにあるということで非常に便利に20~30年ほど使わせてもらっていた。

ところが、昨年の暮れだったか今年の初めだったか、地主さんから息子の世代になって、使う予定があるようなので返してほしいと話があった。

まさしく、青天の霹靂だったが、まあそんな日もいつかは来るだろうと、いくらかの覚悟はしていた。
しかし、現実にそうなるといろいろと困ったことが出てくる。

第1に生ごみの処分。コンポストに捨てられなくなる。
第2に畑には花や木も植えてあり、仏壇の花は花屋さんから買うことはまずなく、いつも畑からの切り花で調達していた。これが出来なくなる。
それに、秋冬は柚子が鈴なりになるので重宝していた。
第3に第一野菜の収穫が出来ない。
b0158170_06400672.jpg
まだ、困ったことはいろいろある。

とりあえず、代替地を探すが、先日、めどがついた。
広さはほぼ同じくらいだが、少し遠い。
家から徒歩で3分ほど。

生ごみを捨てに行くのはチト遠い。
2~3日分ためて、捨てに行くことになるのか?
今までは、料理の最中に野菜が不足すると、そのまま畑に行って2~3本ナスやキュウリを引っこ抜いて使っていたが、それも出来なくなるかも。

まあ今までが、あまりにも便利だったということもあるので、慣れれば、苦で無くなるかも知れない。

今の野菜が収穫するまでの猶予期間を頂いているので、今、返却に向けた整地を実施中。

もう一つ困ったこと。
今度の畑は地元の人の通り道に面しているので、いい加減な耕作をしていると笑われるのをの通り越して、ヒンシュクを買うかも。
今迄みたいに草ぼうぼうにしておけない。

まあ、今まで便利に使わせていただいた、ましてや、ただ同然で貸していただいた地主さんに感謝だね。



[PR]

by yahhosaito | 2015-04-01 06:34 | 日々 | Comments(0)
<< スマホ止めますか!? 新公民館落成 >>