yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

我が家のパソコン

2015年8月20日。

我が家のパソコンはもう何台目だろう。
始めてパソコンを買ったのは確か20年少し前。会社で社内販売があり15万円位で買ったと思う。
デスクトップ型の重さ20㎏ほどある代物だった。
OSはウインドウズの3.1?だったかと思う。
当時はかなり画期的なもので、これで色々と遊んだ。
インタネットにつないでwebやメールなども始めた。世界中のインタネットの接続者がまだ2000万人とか3000万人とかの時代だった。

おそらく今はその100倍以上だと思う。
誰もが実に簡単にパソコンを使える時代になった。
始めてインタネットの世界に踏み込んだ時、ネット上に飛び交っている内容がかなり「アダルト」だったことにかなりの衝撃を受けた。エッツ!という感じだった。

あれから20年。
パソコンやコンピュータ、インタネットの世界もかなり変化したと思う。
思えば、会社に入って初めてコンピュータに触れ、こんなに凄いものが世の中にあるのかとたまげた。
電子計算機と言われ、1セットが当時で数億円もした。
電子計算機室は24時間完全空調で室内は22~23℃にキープされ、長時間、計算機を使う時は夏でも防寒着を着た。
空調の騒音、ラインプリンターから繰り出される印字音、カードリーダーの読み取り音、そもそも計算機の内部熱を外に放出するファンの音もなかなかの大きさだった。
今は、電子回路は超小型化され、空調もあまり必要とせず、価格はべらぼうに安くなった。

コンピュータの進化を測る尺度はいろいろあるが、計算スピードでみれば1万倍とか10万倍とかになるだろう。
メモリーの記憶容量もかつては20,000キャラクタが今では1,000,000,000バイトは当たり前の世界だから10万倍以上だ。
洋服ダンス位の記憶装置が今や500円玉サイズで、しかも、容量は2~3ケタ違う。凄い。

今や2歳半の孫は器用にスマホを操り、youtubeを見ている。
テレビがどういう仕掛けで映るのかを知らなくていいように、スマホやパソコンがどうして動くのかをあまり必要としない時代になった。

しかし、言いたい。
コンピュータの進化と共に歩んできた(ちとオーバーか!?)自分はやはりパソコンは二進法で動いていることをいくらかは知って欲しい。
つまり、そうした先人たちの努力があって今があることを。

コンピュータの歴史は古い。そもそも二進法の原点は「狼煙(のろし)」だと言われている。大昔、情報伝達の手段であった狼煙は、狼の糞を燃やして、意思を伝えた。
狼の糞の煙は黒い煙。わらを燃やすと白い煙が出た。それを組み合わせて、白白黒は「逃げろ」とか、白黒白は「攻めろ」とか、白黒の組み合わせで情報を伝えた。
つまり二進法だ。

白白黒は001、白黒白は010。狼煙の情報伝達スピードは時速150kmだったという説もある。コンピュータの基本は電子回路なので、電気信号のスイッチング、つまりon/offだ。
ついていればオン(1)、消えていればオフ(0)。
この組み合わせ。狼煙から始まり、パスカルやライプニッツ、バベッジなどのアナログコンピュータを経てチューリングやノイマンなどによってデジタルのコンピュータ基礎が確立された。

そんなことは露知らず、孫はタッチパネルを押す。
この後、どう進化するのだろう。
量子コンピュータなるものが実現すると、処理スピードは飛躍的に早くなって、パスワードさえも解析されかねない時代になったりすると、ちと問題だ。
ありとあらゆるものが解析され、記録され、分析される時代なんて来てほしくない気もする。

話しは変わるが、最近、「味噌」「ケチャップ」「ピザソース」などを作ってみた。
スーパーの味に慣らされた自分にとって、手作りの味は穏やかな優しい味がした。物足りない感じの中に、本来持っている自然な味が懐かしい気さえした。

コンピュータの進化もし続けると思うが、本来持っている感性や行動が、利便性や簡易性によって、淘汰されないように気を付けていきたいと思うが・・・

今の我が家のPCはこれ!
かつてのスパコンより強力!!第一小さい!!!
b0158170_10391855.jpg



[PR]

by yahhosaito | 2015-08-20 07:33 | 日々 | Comments(0)
<< キャンプファイア 2015年盆踊り >>