yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

花火と千葉へ

2015年8月28日。

平塚の馬入川河口で花火大会があった。
毎年開催されるが、今年はちょうどその時刻、雨が予想され、危ぶまれたが、何とか持ちこたえ、開催決定。出掛けてきた。

下の娘夫婦と、その夫のご両親。孫も入れて合計7名。

海岸近くに、大駐車場があり、そのそばの芝生に陣取って見学。
あたりも大勢の観客がつめている。
花火会場からは1km弱離れているが、まずまずと言ったロケーション。

久々の近くで見る花火で中々結構でした!
計画では、芝生の上で、「お花火弁当」を食べる予定のしていたが、雨天で微妙だったので、弁当予約を取り消し、花火終了後に、中華レストランで会食。
10時ごろに、広々した自宅に帰宅した。
b0158170_05213264.jpg
広々したのは訳がある。

今日、午前中。上の娘たちが、千葉に帰った。
奥の部屋と、居間横の和室、居間に鎮座していた種々小道具が、エンプティとなった。8月と言うのに25度にも満たない気温のせいか、一層、寒々と感じられた。

まる4か月居た。
次男が生まれる前が1か月、生まれてから3か月。
途中、ママが腰を痛め、帰るのが遅くなった。

それに、長男が2歳半ではすこぶる手がかかる。
まあ過保護とも言えなくもないが、現実はかなり大変で、しばらくはサポートが必要と判断した。

おかげで、4か月の間、2歳半の孫と生まれたばかりの次男坊と至福の時を過ごした。
結果的に、思えば至福であって、しかし、日々対峙しているときは結構大変なことはある。
24時間とは言わないが、8時間ぐらいは、孫夫婦(亭主は週末)とべったりの生活だ。泣く叫ぶから笑いとお休みタイムの「カルーセル喜怒哀楽号」。

さすがに、別れるときは、辛かった。
先日、キャンプファイアで貰ってきたヨーヨーを赤いのがジジの、オレンジがババの、緑がつーちゃんのと言って、階段の下にぶら下げてくれた。泣かせる!!
b0158170_05414243.jpg
また直ぐに会いに行くからね!!




[PR]

by yahhosaito | 2015-08-29 05:42 | 日々 | Comments(0)
<< 久久しぶりの母校 キャンプファイア >>