yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東京見物

2016年4月28日。

機会があって、東京見物してきた。
国会議事堂と皇居と東京タワー。

極めつけの定番だが、考えてみれば、国会議事堂は小学生の遠足以来で50年ぶり以上。
皇居と東京タワーは10数年ぶり。

あいにくの天気だったが、それはそれでしっとりとした新緑が楽しめて良かった。
大人になって、改めて国会議事堂を見るとなかなか感じるものがある。
子どものころの印象や経験も大事だが、大人になって世間がある程度分かってからしかるべきものを見ると、又、感じ方が違って面白い。
昔読んだ小説を大人になって読み直す印象と同じだ。
b0158170_06064737.jpg
ここで、議論して国の方針を決める当事者(議員)の気持ちは、さぞかし気分の高揚する思いだと思う。
自分の力で国を動かす。官僚も似たような気分だろうが、そういう気持ちはモチベーションとして大事だが、支えているのは国民であり、一般大衆あって成り立っていることを忘れないようにね!

皇居はまさしく大都会のまん真ん中にこれだけの規模の宮殿があるのは世界でも稀なことではないかと思う。
弊社の工場もかなり広かったが、その5倍ほどある。しかもそのほとんどが緑でいっぱいだ。皇宮警察の人が警備にあたっていたので、いろいろ質問してみた。
いろいろと教えてくれた。good!
b0158170_06070255.jpg
正月に皇族がお出ましになる宮殿は、結構稼働率が高いという。
叙勲もここで行われるらしい。

一生どころか、十生くらい縁がないが、どこの国にもある勲章は人間にとっていろいろな意味を持っているのだろうと推察される。(と思われる)

そうだ、今度一度、世界の叙勲制度を調べてみよう。


[PR]

by yahhosaito | 2016-04-30 06:07 | 日々 | Comments(0)
<< 子供の日 風薫る季節 >>