yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

避難情報

2016年8月23日。

今日は打って変わって朝から日差しがさした。
台風9号が房総半島に上陸して、風はそれほど大きかったわけではなかったが、雨はかなり降った。

15:00ごろ、雨風や止んで近くの川に行ってみた。
こんな感じ。
土手がなければ、恐らく溢れ出している水位だ。
b0158170_82743100.gif

テレビのテロップではこの川が警戒水位を超えたと、情報が流れた。
避難勧告も出され、避難するようにと。

ところで、スマホに当市の防災情報が着信するように設定してある。
昨日、スマホが警告の音を発した。
防災情報だ。

#xx市 #防災より、
現在、大雨により河川水位が上昇しているため、xx地区、yy地区のs川沿いにお住まいの方に対して避難勧告を発令しました。避難所をxx小学校、yy小学校に開設しましたので、ただちに避難してください。家に留まる方は、2階以上の高いところへ避難してください。

という内容だった。

避難情報には主に次の3つがある。

  ①避難準備情報
  ②避難勧告
  ③避難指示

①はこれから②③に移行することが予想されるので、準備してくださいね!というもの。
②は被害が予想されるので対象地域の住民に避難を進めるもの。ただ、避難を強制するものでない。
③は人的被害の危険性が高まった、または、被害が発生した場合に発令。但し、「命令」ではない。

今回は②が発令された。

難しいのは、「ただちに避難してください。家に留まる方は、2階以上の高いところへ避難してください。」と言って時に、どう対処するかだ。

結局は、自分でその場の状況を考えて、ふさわしい行動をとるということだろうと思うが、各地域には「一次避難場所、二次避難場所」というのが設定されていて、年に1回避難訓練をやっているが、今回の放送をどう位置づけるかだ。

避難誘導班は何を基準にして、住民を招集するのか、点呼はどうするのか。誰が来ていて誰が家の残っているのか?
まあ、その場に応じて、臨機応変にそこそこ(できる範囲で)やるのか。
当事者にとっては難しいところだと思う。

防災の日も近い。
避難訓練も、判を押したように「耐震車」「消火訓練」「防災グッツ紹介」でなく、実践に備えたシミュレーションもやっておく必要があるな!



[PR]

by yahhosaito | 2016-08-23 08:26 | 日々 | Comments(0)
<< 結婚式の帰り、思った 熱戦 Rio オリンピック >>