yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メアリーカサット展

2016年9月9日。

メアリーカサット展に出かけた。
妻と2人で。

二人で横浜に出かけるのは、もしかしたら数年ぶり!?
折角行くのなら、帰りに中華街にでも行って夕飯食べてこようと・・・

b0158170_09261807.gif

メアリーカサットはアメリカの女性画家で印象派だ。
ピサロやカミーユなどに学んだらしい。

淡い色が特徴でタッチも柔らかい。
あまり細かすぎないところもいい。

独特のタッチで、母と子の親密な絆を、さらに、女性の社会的および私的生き方を、何度となく描き続けた。

参考になる絵が2~3枚あった。
色を載せていくという感じがよく分かった。

また、なんだか絵を描いてみたくなった。b0158170_09262583.gif

金曜日の夕方の中華街は混んでいた。
レストランは沢山あって迷ったが「白楽天」という店に入った。
スープと15種?の料理から選べる3皿とチャーハンがついて一人2000円。。

3皿はチンジャオロースとエビのマヨネーズ、キノコの中華野菜炒め?を注文。
ボリュームもかなりあって満腹。

結構でした。

「白楽天」で思い出すのはもちろん「長恨歌」だ。

高校時代に暗記させられた。

好きな個所は沢山あるが、意外と気に入っているのがここ。

「六宮粉黛無顏色:りくきゅうのふんたいがんしょくなし」

つまり、
宮殿にはべる全国から選ばれた美しい美女中の美女たちも霞んでしまう・・
といったところか。

そういえば、「比翼鳥」なるあだ名の先生もいた。
確かに仲の良かった夫婦先生だったなあ。
今でいうなら「おしどり夫婦」といった方が分かりやすい。
しかし、生意気な高校生はそうは付けない。

比翼鳥と付ける所がが、HK高校生の生意気で「学」?のあるところ。

長恨歌には
「在天願作比翼鳥」「在地願爲連理枝」とある。

「天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう」という意味だ。

ウン10年も昔の話だな。
.
.
.


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-10 09:30 | 日々 | Comments(0)
<< 敬老の集い 西の舞の収穫 >>