yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 10 )


わが家のオール電化  -良いんだか悪いんだか・・-

2012年6月8日。

わが家は5年ほど前からオール電化にした。
だから、ガスもないし、石油も使っていない。
お風呂はエコキュートの夜間電力で、いつでもお湯がタンクに沸いている。調理はIHの電磁調理。暖房も薪ストーブがメインで補助にエアコンを使っている。

確かに便利ではあるが、3.11から意識が大きく変わった。
それ以前も、エネルギーの総コスト総使用量はオール電化で減ったが、石油やガスに代って、電気の使用量が増えたのは確かだ。もっとも多くは夜間電力なので、電気代でみると以前の70~80%と思う。

原発が止まって、電気の使用量削減が急務となった今、契約アンペアの変更が取りあえずの第一ステップと、電気会社に調査を頼んだ。今日、東京電力の担当員が来てくれた。
いろいろとアドバイスしてくれて、分かった。

現在、契約は8KVAで基本料は2100円を少々超す。
60A以上はKVAでの契約となって80A相当なのだそうだ。我が家ではオール電化以前から8人家族だったからそれでなくても電気の使用料は多かったが、8人から2人暮らしに間もなくなる。
30Aでも行けそうな情勢だ。(サビシイー!)と言いたいところだが、オール電化の影響でIHだけで2口使うと最大値で60A位になってしまう。
まあ中火なら2口で30A位だとは思うが、電力削減の時勢にこれでいいのかと言う思いもある。

子供のころは10A位でよくヒューズが飛んだ。やがて20Aになり、すぐに30Aになった。
なんだか、文化的になったような気がした。
電気冷蔵庫が入り、洗濯機が全自動になり、電子レンジ、クーラー、給湯設備、床暖房と、進化して、いつの間にか80A。電気はどんどん使うのがCO2削減にも貢献するのかと勘違いしていたついこの前。

わが家の場合、80Aから60Aに下げた場合、工事費が発生し、2~4万くらいらしい。基本料金は1200円ほどになるらしいので、-900円×12×5年で-5万円位。工事費は3~4年で元が取れるようだ。
意識も変わるから5年目以降は月2000円のマイナス、年間2~3万円の節約になるかも。まあ、費用よりも、ここは電力の節約に視点を置きたい。(どうせ、電気料金はアップするに違いない)

b0158170_148649.jpg

あらゆるところで、電気を節約すれば多分(絶対)原発はいらない。
原発の電気供給という面でなく、雇用や関連産業の影響は出るから、直ぐに原発無くすのは問題がある。10年掛ければ、軟着陸できると思う。
工夫の余地はものすごくある。家庭でも会社でも電機メーカーでも商店でも。
節電機器は電機メーカーは自分の足をかむようなものだから、あまり作りたがらないかもしれない。結局は国民の声が一番大きい。風潮が節電モードになれば、メーカーも作らざるを得ない。「禁煙」がそうであったように、声が大きくなれば、世の中変わる。

今回我が家のアンペア変更は、まあささやかな節電と原発不要の意思表示か!?
[PR]

by yahhosaito | 2012-06-08 14:20 | Comments(0)

晩秋3題

2011年11月24日。

11月も末になると辺りは急に冬の装いになって冬支度をしなくてはと思ったりする。
日中はお日様さえ出ていれば20度近くまで気温が上がってかなり暖かいのだが、さすがに朝晩は10度を割って急に冷え込んでくる。

うっかりすると霜にやられるので早めに植木を部屋に取り込んだ。
今までテレビがあった所はテレビを移動式にして使わない時には部屋の隅にひっこめた。
わずかな庭がこれで抜群に良く見えるようになり、視界が開けてスッキリした。

42インチのテレビは大きくていいのだが、特等席の視界をばっちりと遮り、ある意味でお邪魔虫でもあった。
そこで、使うときだけ引っ張り出し、使わないと時は隅にひっこめる。
なんでもっと早く気が付かなかったんだろう。
実に快適で、そもそもテレビを見る時間も半分に減った。

ちょっとした内容はパソコンで見ることにした。
テレビチューナーを外付けで取り付けちょっと見るときはパソコンでテレビを見る。
もっともこれもあまり見ないけど…

そのテレビがあった所に観葉植物や鉢植えを置くことにした。
視界が少し遮られるがそもそも背が低いのでまあ良しとしよう。
階段の下にも置くことにした。イマイチだが置くとこが無いので仕方ない。

b0158170_20342292.jpg

自転車で相模川方面に出かけた。
川岸で人だかり。
三脚を立てて野鳥観察らしい。

川の反対側に白くサギらしい鳥が沢山見える。
しかし、彼らはこんなありふれっ鳥は見向きもしない。良く見ると三脚は立てているが人間は明後日の方を見ている。
何か別に珍しい鳥がいるに違いない。
なんだろう。
カワセミ?いやいやあの人だかりはヤマセミか?チゴモズ!はたまた、珍しカモの仲間。
野鳥を見る人は結構げんきんで見慣れた鳥はほとんど興味を示さず、珍しい鳥には異常に興味を示す。
当たり前か。

b0158170_2035667.jpg

自分は野鳥は好きだが、あんまりのめり込んでないので、どれもそれなりにいいと思うのだが・・・

夕方、あまり天気がいいので山の方へ。
畑や田んぼが広がり遠くの山々が素晴らしい。

ちょうど日没で、いい夕焼けが見られると思ったが、あまりの快晴で雲が無く雲が茜色に染まるアトランタの夕焼け状態にはならなかった。
山がシルエットになって美しく、富士山の左に矢倉岳、更に左に金時山。続いて、明神、明星と続いて、神山、箱根駒ケ岳、双子山。
更に伊豆半島に繋がって天城山、万二郎、万三郎と続いている。

b0158170_20373839.jpg

そのほとんどに登ったなあ・・
思いでは駆け巡る。
年を取ったなあ・・・、いや、まだまだ・・・。トホホホホ・・・
[PR]

by yahhosaito | 2011-11-24 20:38 | Comments(2)

アナログ機械式時計

2011年7月14日。

先日、物置で何か探していたら古い時計が出てきた。
ジーバが若かった頃使っていた(中学生くらいまであった)古い時計が出てきた。

大きな古時計とはいかないが懐かしい時計。そのうち何かの役に立つかもしれないと思い取っておいた。
薪ストーブの横にでも掛けておけば飾りにでもなるかとやってみたがすぐ止まってしまう。暇に任せて修理してみるかと、分解した。

どうもゼンマイが上手く開かない(ほどけない)ようだ。
種々試みたがどうも上手くいかない。結局あきらめた。

b0158170_14533613.jpg

しかし、本当に機械そのもの。歯車が回ると次の歯車に伝わり、さらにその次の歯車に伝わっていく。

だれが考えたか知らないが、なかなかよくできている。
チャイムはハンマーが渦巻きの金属を叩き良い音がする。

まさしく、ボーンボーンという音。あれは誰かが特許を取っているに違いない。
丁度、ハーレーダビットソンのイグゾースト音のように。

左の歯車は時報を知らせるチャイム用のもの。右が運針用。この運針用の歯車を動かすゼンマイがほどけないようだ。

涼しくなったら、専門家に修理に出そう。
昭和も少し遠くなったかもしれない。
b0158170_14542559.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-14 15:02 | Comments(0)

11月3日

今日11月3日は晴れの特異日。
晴れの確率が圧倒的に高いという。なるほど今日は快晴のまさに日本晴れ。
丹沢の向こうには雪で真っ白な富士山がよく見える。
b0158170_21445723.jpg11月の初めだというのに小富士まで白いから1700mくらいまで雪ということか!

それにしても、2階のベランダから富士山見物するときにはあのsoftbankのアンテナがイマイチだなあ・・・
3年前、自治会長のとき、地域代表としての認可伺いがきて、まあ公共の施設と思い、認可してしまったが、まさか、我が家の富士山の眺望スポットに建つとは少し計算違い・・
しまった!!!といっても時すでに遅し・・・

本日は文化の日でお休み。
芸術の秋でもあるから、あちこちでクラシックの音楽のコンサートも開かれている。
生の音楽はしばらく聴いていない。せめて1年に一回くらいは行きたものだと思っても
実際はなかなか行けない。

今日は父の誕生日でもあり亡くなった日でもある。
すでに3年も経ってしまった。
奇しくも妻のお父さんの亡くなった日でもある。名古屋の義父はもう20年からになる。

午後から墓参りに行った。次男も含めて3人で。
墓には菊が供えられていたから妹でも来たのだろうか・・・
いつの間にか3年がたってしまった。

それはそうと、今日は朝からペンキ塗り。
来週から大工さんが入ってウッドデッキを作ってもらう。
ペンキ塗りだけD・I・Yにした。全部で53枚の板を塗る。何しろ長さが4Mもあるので、大変。2回塗りをした。末娘も次男も手伝った。
b0158170_21451659.jpg
完成のイメージを頭に描きずつ・・・
[PR]

by yahhosaito | 2009-11-03 20:36 | Comments(0)

夏の終わり

2009年8月27日(木)

今週に入ってすっかり涼しくなって特に朝晩は肌寒い感じとなってきた。
しかも、最近天気はよく日中は暑いが爽やかな感じの日が多い。

今日は娘が代休で休み、車を使いたいという事で自分は自転車で出勤する事になった。
家から会社まで約10㎞。自転車だと30分強の距離。
車だと駐車場から職場まで10分弱歩かねばならないので、結局自転車の時間と大して変わらない。季節がいいときは自転車も悪くはない。

少し早めに出て、交通量の少ない農道を中心に走らせる。
稲が朝日に光っている。もう穂がだいぶ大きくなって見渡す限りの稲。素晴らしい光景が続いている。
b0158170_7211298.jpg


それにしても、稲作の灌漑システムというのはすごい。川から水を引き、田んぼを潤しまた川に流れていく。水を引くために水の高さを堰で調節し、右へ左へ自由にコントロールしている。一滴の水も無駄にしないように上手く作られているに違いない。
b0158170_724350.jpg

前に中国の山奥の棚田を見たが、千枚田と呼ばれる棚田は上から下まで微妙な高低差で見事に調整されているといっていた。

ご近所のAさんは市役所で下水道の設計をしていたが、氏によると高低差の調整はの1000分の1ミリの単位で設計するのだそうだ。
そういえば水準器なるものは簡単な原理でちょっとした傾きがすぐ分かる。これも上手くできている。

そうこうしているうちに会社に着いてしまった。
帰りの自転車も楽しい事が待っているかも。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-28 07:24 | Comments(0)

ビートルズ以前以降

2009年3月18日。
例えが少し強引だが、音楽の世界にはビートルズ以前とか以降とかと言い方がある。
ある画期的な出来事を境に世界が変わる例えだが、同じことが花の世界で言うとその画期的なターニングポイントたる基点は「桜」ではあるまいか。

桜を境にして冬の花と春・夏の花に分かれる。なんだかそんな気がする。
桜にはまだ早いがここに来て急に「桜以前」の花が百花繚乱の趣だ。
水仙や梅を過ぎて、菜の花になり、ボケになり、沈丁花になった。

そして今。
もみじの新芽が急に膨らんできた。
公園の道筋には雪柳も白い花をいっせいにつけ出した。
b0158170_2125638.jpgついこの前まで蕾だったコブシやハクレンも一斉に咲きだした。

b0158170_2137127.jpgそういえば土手沿いにあるミモザの花も黄色になって今が盛りか。

b0158170_21255130.jpg

公園には寒非桜の燃えるような赤、サンシュの淡い黄色の花、芝生の隅にはだいこん花の諸葛菜の紫の花もかわいい。

b0158170_21262876.jpg

ことしは例年よりさらに桜の開花が早いらしい。3月21日とか。
ここの桜祭りは4月5日なのでそこまで持つかが心配になってきた。
渋田川の土手がいっせいにピンクに染まり、見事見事。

これほど美しい世界はあまりないかもしれない。
桜への思いは日本人にはとりわけだ。見事に咲いて見事に散る感性は日本人共感を呼ぶのか!?
はたまた、桜のシーズンが卒業や転勤など人生の節目に符合するために、よりセンチメンタルになるせいからか・・・


「桜以降」、
これまた、怒涛のように花の季節が走り去っていく。
ツツジに始まり、チューリップ、藤、バラに芍薬、アジサイと・・・

そして梅雨となり、夏が来て、夏が終わる。
そんな季節が始まる今3月後半がたまらなくいい季節だと思う。
鼻を詰まらせながら、これから始まる期待感にわくわくしている。
[PR]

by yahhosaito | 2009-03-18 21:37 | Comments(0)

公民館まつり

2009年3月13日。
13日の金曜日。外国ではあまりいい日ではないらしい。
調べてみたら、13人目の弟子のユダがキリストを裏切り、金曜日に処刑されてしまったので、13日の金曜日は縁起が悪いんだそうでだ。
そういえば、13日の金曜日なんていうアメリカのホラー映画もあったなあ。
いずれにしても、イメージ先行型で、気にすることはなさそうだ。

ところで、
3月の始めに公民館祭りがあった。
年に1回、公民館利用団体や地域の人たちが一緒になって交流を図る。
今までは殆ど出たことがなかったが、3年前に自治会長をやって以来、深い付き合いになった。
今回は、防犯の役員という立場での参加となった。b0158170_7251435.jpg

防犯からは1年間の活動のパネル等を展示。
妻は環境活動の「地球っ子ひろば」活動を紹介し、エコかるた、模擬店?でマイはし作りや太陽光発電、ソーラークッキングなどを実演した。

そのほか、野菜や草花のなど農作物の販売、体育振興会の恒例の焼き鳥、子ども会の模擬店などなど・・・
2階では各種団体の作品展示で、絵手紙や手芸、書道、盆栽、絵画などなどみんな素晴らしい。

b0158170_732372.jpg

ここでいろいろな地域の方々と会うが、今日は珍しい人とあった。
飯田さん。会社の大先輩で職場は違ったが、テニスを通じてお友達だった。当時、氏は設計の部長で小生はまだ主任だったと思う。バリバリの仕事人間で、結構、強面だった。
しかし、同じ平塚ということもあってかウマも合って、仕事以外でよくお話をさせてもらったものだ。

リタイア後も何回かあったが、今日会うのは数年ぶりかもしれない。
定職後は自治会活動など地域の活動やボランティアに情熱を傾け、今日は平塚市が運 営している I LOVE PEACE事業運営委員会のメンバーとしてデモの活動に来たとのこと。
広島長崎の原爆の悲惨さを訴える活動でいろいろな事業を展開している。

いろいろ話しているうちに、防犯で一緒に活動しているK氏をよく知っているという。
K氏は日産系の会社であまり接点がないと思いきや、平塚稲門会で一緒で、付き合いが始まったとのこと。
世代が一緒で住んでいる所も近かったので、すぐお友達になった。

こういう接点がたくさんある。

公民館まつりは、たかが地域の祭りだが、こういう接点をたくさん作り出している。
運動会しかり、桜祭りしかり、例大祭しかり・・・・

コミュニケーションの希薄化がいわれて久しいが、やはり、生身でいろいろなところに出て、自分から声をかけ、雑談し、お友達になる。それを煩わしいと思うか、楽しいと思うかは感性による。
自分自身といえば、どちらかといえば煩わしいと思っていたが、最近はすごく良かったと思う。自治会経験者はみんなそう言う。b0158170_726445.jpg

自治会の役員をやって、たぶん2,3年のうちに、顔と名前が一致する人がおそらく200名以上となった。
だから、近所の道を歩いていると大概に人は知り合い。
悪いことは出来ないが、昔はみんなこうだったようにも思う。

そういう知り合い作りに公民館祭りは(公民館活動)は役に立つ。

子供の姿もとても多かった。少子化が嘘の様でもあった。
[PR]

by yahhosaito | 2009-03-13 07:40 | Comments(0)

目久尻川

2009年1月26日。

目久尻川(めくじりがわ)を北にむかって遡ってみた。
寒川のあたりから田園風景の中となり、あたり一面に水田が広がり始める。
いまは、あたりはすっかり冬景色だが春はさぞかし素晴らしいのどかな景色が広がるだろう。川は比較的綺麗で鯉が沢山いる。野鳥も多い。かわせみもかなりいるようだ。
b0158170_22411092.jpgやがて海老名に入った。
あたりはのどかで見晴らしの良い景色がづっと続いている。川沿いの道は散歩する人も多い。

やがて、綾瀬市の標識が。いや!もう綾瀬まで来てしまったか!
城山公園の標識が見えた。せっかくだから寄ってみよう。かなり大きな公園でよく整備されている。自転車を下の駐輪場に置き、小高い丘に登る。

案内を見ていたら、通りかかりのお年寄りが声をかけてくれた。案内しますよとのこと。
ここが室町時代からの城があったこと、川には蛍がいること、近くに清水川という湧き水の綺麗な川があることなどを教えてくれた。
このご老人は昔戦闘機の教官をやっていたらしい。多くは語らなかったが、話ししたいようでもあった。でも肝心なところを聞くと「言わない!」といわれてしまった。
その割には、今般のハドソン川の着陸の素晴らしいこと、数年前のボンバルディア航空機の胴体着陸のこと、厚木飛行場から発進しているジェット機のこと結構しゃべってくれていろいろ聞いてしまった。
やぱっりいろいろと話したかったのかもしれない。

b0158170_2242835.jpg

帰りは少しコースを変えて、平塚まで戻る。約1時間強の行程。
いつも見る富士山と丹沢山系の形が少し違って見ええて、楽しい冬のサイクリングだった。

正月の参拝をしていなかったので寒川神社にも寄った。
月末の月曜日にもかかわらず結構人が出ていた。
[PR]

by YAHHOSAITO | 2009-01-26 22:44 | Comments(0)

筑紫哲也氏

筑紫哲也氏ががんで亡くなった。
昨日追悼番組を見ていたが、確かに最近のジャーナリストの中では特筆すべき人だった。
有名なのは多事争論でこの中でさまざまな思いを発信し続けてきたが、驚いたのは90秒間の独白を原稿なしでしゃべるのだそうだ。
これは大変なことだと思う。

ところで、今回の訃報でショックに思ったのは、「そうだったのか!ガンというやつは」ということだ。
つまり、早期発見でも安心できないということ。
筑紫氏は1年半ほど前にガンが早期発見で見つかり、即入院して治療に専念してきたが1年半で帰らぬ人となってしまった。
ここで、考えてしまう。
ガンは初期で見つかれば治る確率がかなり高かったのでは・・・
いろいろなパンフレットや資料を見てもそう書いてあったはずではなかったか。
筑紫さんは早期発見で、彼ほどの有名人になれば最高の治療をしていたはずなのにそれをもってもかなわなかった・・・
早期発見は治癒率90%・・、筑紫さんは残り10%の方だったというのか・・・

少しガンに対する見方を変えなければならない。

秋になっていつものように親戚から柿が2箱送られていた。
b0158170_19344095.jpgひとつはお袋の里の豊橋からの次郎柿、もうひとつは義弟の嫁さんの実家新潟からこしわ柿。
豊橋は実家直系で同じ年のいとこが1昨年ガンで60そこそこで亡くなった。
新潟の義妹も3年前にガンで亡くなった。まだ、50になるかどうかの若さだった。

そんな思いを感じながら食べる柿は少し重いが、現実はそういうことだ。

そのほかにもガンで亡くなった友人知人は多い。
そもそも両親も腎臓ガンと乳ガンで亡くしている。

11月も中旬になり急に寒さが強まってきた。
これからもいいことありますように・・・!! 
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-13 19:36 | Comments(0)

ウオーキング

日曜日は快晴で深まりゆく秋の西丹沢をサイクリング・・・と決め込んでいたがあいにく今日は超曇天。
サイクリングはあきらめてウオーキングに出かけることにした。
と言うのも、昨日の『顔合わせ式』で相手方のお父さんがウオーキングをやっているというのでそれに刺激されて歩いてみようと言う気になった。

しかし出かけようとしたらパラパラと来たではないか。
それならとレインコートを出して、ゴアの幅広帽子をかぶって歩き出すことに。b0158170_1747762.jpg
b0158170_17515582.jpg
b0158170_17473233.jpg

家から西に向かって約2時間ほど歩く。
もうすっかり秋になって桜の葉っぱも8割がた落葉。あちこちで菊が咲いている。
よく見ると土手にはイヌタデ?が一杯咲いている。
黄色の花は枯れるとズボンに引っ付くあれだなあ・・

いろいろの事を思いながら歩く。
時々ウオークマンを聞きながら・・・
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-09 17:48 | Comments(0)