yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ある日の休日

2008年11月30日。
霜月も今日で終わり。明日から師走。最近の日々の流れの速さは以前に増して早い。
夏のうだる様な暑さがやっと終わったかと思うと、もう少しするとお正月。
年賀状の心配もそろそろと思っているが、これまた、数十年思っているだけで、いつも「駆け込み投函」となる。

ところで、
午後からあまり天気がいいのでどこかに出かけるかという話から、そうだ「博物館に行こう」ということになった。
何でも、カミさんの知り合いのY氏が関係している「金目川の博物誌」という、特別展をやっているとのことで、しかも100回記念の展覧会で今日までということなので妻と出かけた。

金目川は昔は暴れ川で頻繁に洪水を起こしていたらしい。
しかし、付近の住民は知恵と努力を積み重ねて治水工事を行い、それを乗り越え今日があるという。
b0158170_14192422.jpgその金目川を舞台として展開された“自然と文化”について、様々な切り口から語られていた。

(写真は金目川)

古い写真や古文書には生々しくその様子が表されていた。

博物館から出ると周りの銀杏がちょうど紅葉のピークで、木々が大きなまっ黄色の塊となって迫ってきた。
与謝野晶子の歌に「金色のちひさき鳥のかたちしていちょう散るなり丘の夕日に」というのがあるが、正しく「りやうかい!」といった風情だった。

夕方から長男が我が家に来ることになった。
下宿している逗子からは空いていれば1時間程度。前回あったのは葉山の日影茶屋だから3週間振りか。
カミさんとスーパーによって、彼の好きな刺身や冬野菜を買い込み、家路に着く。
河口湖マラソンに参加していた双子のエミマリも6時過ぎには帰ってきて、みんなで久々の会食となった。
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-30 22:12 | 日々 | Comments(0)

テニスの合宿秋編

2008年11月27日~28日。
テニスの合宿にあしがらいこいの村に出かける。
合宿は年に春秋の2回。会社の仲間と出かけている。会社と言ってもそれぞれ出身は神奈川工場、戸塚工場、本社、栃木工場、土浦工場の仲間なのでみんな遠くから集まる。

前は箱根の東急ハーベストのテニスコートが多かったが、最近はあしがらいこいの村が多い。
初日は午前中結構本降りの雨だったのでどうなることかと思っていたが、午後から急速に天気は回復し、絶好のテニス日和に。b0158170_1832168.jpg

初日、2時間。翌日は3時間ほどゲームを中心に動き回った。
最近テニスはこの合宿以外は殆どやらなくなってしまったが、意外と身体は覚えているものだ。
メンバはみんな60前後のおっさんだが、結構上手で毎月2,3回はやっている人が多い。

ここは曽我丘陵の中にあるので、周りは林に囲まれている。ゲームの間に少し辺りを散策してみた。紅葉真真っ盛りで雑木林は秋そのものだった。
ジョウビタキなどの冬鳥が結構多い。富士山もここからは良く見える。b0158170_18325434.jpg


合宿が終わって、帰りに大雄山最乗寺に行ってみた。やっぱりもみじが綺麗で素晴らしかった。
b0158170_18333510.jpg
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-29 18:46 | 日々 | Comments(1)

箱根天山

2008年11月27日。
今日は運転免許証の更新ということでお休み。11時過ぎに手続きが終わったので、妻と箱根の天山日帰り温泉に行くことにした。
天山は前回行ったのはいつだろう。自宅から1時間足らずで行ってしまうので、それこそ夕飯を食べてからも行けるのだが、1年ぶりか?
b0158170_1843172.jpg


天山は入場料は1200円だが、回数券というのがあって我が家で使っているのは17000円くらいで22回使える。一回あたり、800円くらい。とても安い。家族6人が使い回している。

サウナもちょうどいい暑さで2回も入ってしまった。木曜だったので空いていて休憩所や読書室もガラガラ。お風呂に2回も入り、読書をし、音楽を楽しんで、4時過ぎまでのんびりしてしまった。
b0158170_18451535.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2008-11-27 18:47 | 日々 | Comments(0)

海その愛

2008年11月23日。
今日は昨日にもましていい天気。最近に珍しく暖かく風もない。
午後からぶらりと海に出かけた。

いい天気だけあって、海岸には大勢の人が出ていた。
ちょっと気取って「海その愛」の3題。


b0158170_19551952.jpg

                  茅ヶ崎浜須賀の陸橋
箱根駅伝で有名な浜須賀の陸橋。子供の頃はこの先R134は辻堂の手前まで無かった。これからひと泳ぎするのか。波も程ほどのようだった。
海には沢山のサーファーが楽しんでいた。


b0158170_1952745.jpg

                    茅ヶ崎柳島
海を見ている。ちょっと写真撮るのは悪いような気もしたが、いつまでも仲良く見ていたので・・・
海は気持ちを穏やかにする不思議な力がある。      

b0158170_21211048.jpg

                    藤沢鵠沼海岸
我が家も子供が小さいときよく海に行った。ゴザと野球セットと弁当とそのほかいろいろもって・・・一日中海で遊んだ。おかげでお金はちっともかからなかった。
この家族、近くに住んでいるのか?静かで穏やかな幸せの極致。
       
[PR]

by yahhosaito | 2008-11-23 22:14 | 旅・サイクリング | Comments(0)

絵夢愛会

2008年11月21日。
毎年春秋にやっている絵夢愛会に出かけた。
絵夢会とは日立製作所の京浜地区MIにかかわった有志の集まりで、親睦にあっちこっちに出かける。
あっちこっちといっても殆どは保養所で飲んで歌って温泉に入ってというのが定番。

今回は27回目で、伊豆多賀にある日立伊豆たが荘に集まった。
会員は20名ほどいるのだが、今回は9名の参加にとどまった。
小生といえば、おさぼりが続いて、参加率は37%とのこと。
もっとも、行きたくともいろいろの事情があっていけなかった。事情とは介護や自治会の仕事、会社の都合等があって難しいところがあった。
しかし、介護と自治会は終わって、後は会社の都合のみとなった。
b0158170_21171062.jpg

b0158170_21181298.jpg



夕食後はいつものカラオケ。3時間ほど歌いまくった。
翌日もいい天気。
海に目の前の保養所なので海が良く見える。夜明け前の暁光が綺麗だった。

自宅には10時過ぎに着いてしまった。それにしても素晴らしい天気。
夕方、自宅近くの川に出た。ススキの穂が晩秋の残照に輝いていた。
b0158170_2119884.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2008-11-22 21:12 | 日々 | Comments(0)

新世界とチャイコフスキー

2008年11月19日。
今日は久しぶりに家内とコンサートに出かけた。
場所は厚木文化会館。会社のすぐ近くだ。b0158170_01298.jpg

曲目はドボルザークの「新世界より」とチャイコフスキーのピアノコンチェルト1番。
カミさんは、ああキャンプの曲ね!とのたまった。
一瞬、言ってることが理解できなかったが、「遠き山に日は落ちて・・・」のことかとすぐに分った。
たしかに・・・。こんどはいいだろう。


前回、半年ほど前にサントリーホールになんだったか聞きに行ったときは、確か聞いたことあると思ってチケットを買ったが、行ってみたらやっぱり知らない曲で眠いの眠くないの・・・
やっぱり、クラシックは「眠たくなるくらいでちょうどいいのだ!」とは言っても、知らない曲はどうもいただけない。
そんな意味で今回の2曲は散々聴いたので良いだろうと思って。
たぶん、新世界を生で聞くのは20年ぶりかも・・・b0158170_014827.jpg

札幌交響楽団演奏で指揮は尾高忠明氏。ピアノは小山実稚恵さん。
久々にぞくぞくするくらい良かった。
奮発してS席で前のほうだったので、ピアノを弾く迫力が凄かった。
ピアニストに力こぶがあるとは思わなかった。確かに、腕を何時間も上げ続けてあれだけ力強く弾いていれば出来るかもナアと思った。

新世界はこれまた良かった。
今まであまり感じなかったが、第2楽章の♪遠き山に日は落ちて・・・が終わった後に、バイオリンのパートが続く。
この部分がモルダウの印象とすごく似ている。
よく考えてみれば、スメタナもドボルザークもチェコの作曲家。さもありなんかと思ったりする。

弦楽器の弓を引く作業をボーイングというが、アップで弾いたときのトップの状態の手首の位置(曲がり具合)がなんともいえない。
弦に対して弓が直角に入らないとのこぎりの音になってしまう。そのための手首の修正の結果こういう格好になるのだが、これがなんとも言えず美しいと思う。

それにしても、入場者がちょっと少なかったなあ。半分くらいしか入っていなかった。
最近は楽しいもの沢山あるし、忙しいし、おいしい物も食べたいし、わざわざコンサートにということかもしれない。ちょっと残念な気もした。

ところで、コンサートマスター?、女性。
背が高くロングヘアーなびかせ、黒のパンタロンで天海祐希の風情。体を揺らせてバイオリンを弾く。いやあああ・・かっこ良かった。
[PR]

by yahhosaito | 2008-11-19 23:51 | 日々 | Comments(3)

大磯海岸

2008年11月14日。
今日は午後から学童の下校パトロールがあるため、午前で会社を切り上げ、午後一番からパトロールとなった。
終わった後、夕方、あまりにいい天気なので、大磯方面に出かけた。
最近夕焼けが綺麗なので、きっといい夕焼けが見られるだろうと・・。
b0158170_21374137.jpg

b0158170_21413894.jpg


はたして、なかなか素晴らしいものだった。
箱根連山に雲が少しかかって、日が落ちてゆく。
本当はもう少し雲が多いほうが綺麗にゆくのだが、本日の夕焼けも最高。

大磯から自宅に帰るときには富士山が夕焼けの中にシルエットを映し出していた。
b0158170_21381679.jpg

[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-16 21:39 | 日々 | Comments(0)

紅葉秦野峠

西丹沢の寄(ヤドロギ)の奥に秦野峠はある。
秦野峠は700メートル程の高さで秦野市の丹沢湖を結んでいる。
秦野峠には今まで3回ほど行ったことがあるが、今回は自転車で秋の紅葉見物としゃれ込んだ。

実は本当は箱根の仙石原に行くつもりだったが、大井松田のICの近くまで来たら、御殿場出口は1KMの渋滞だという。これではまごまごしていると着くのはお昼過ぎになってしまうので、急遽大井松田で降りて秦野峠に行くことになったものだ。
寄方面に行くにはR246を山のほうに曲がり、そこから30分ほどかかる。
曲がる手前のコンビニで食料品を買い込み、寄大橋に着いたのが11:30頃。
この日の天気予報は午後から曇りということ。昨日までは抜けるような青さの快晴だったのに今日はあいにくだ。
マゴマゴしているとお日様が隠れてしまう。やっぱり紅葉見物にはお日様が欠かせない。

寄大橋から先は例によって通行止めのゲートが閉められている。その横を自転車とともにすり抜け、そこから先は約7KMの車に邪魔されない「サイクリング道路」。
b0158170_1929930.jpgほとんど人は通らず、辺りの紅葉を楽しみながら、高度を上げる。
やっぱりお日様が雲にかかってきてしまった。
紅葉の鮮やかさも曇りではイマイチだが、それなりに綺麗な紅葉が楽しめた。

峠までは結構きついのぼりもあるが何とか小一時間で秦野峠に到着。
峠には登山者が一人いて昼食を作っていた。
朝8時に寄を出発し雨山峠から桧岳、伊勢山の頭を経て秦野峠に到着したとのこと。
これから、シダンゴ山を通って帰るのだそうだ。b0158170_1930416.jpg

帰りはダウンヒル。
ウインドブレーカを着て一気に下る。

寄から平塚までは中山峠を経由して帰ることに。
15:00に平塚到着。全4時間強のオタノシミであった。
[PR]

by yahhosaito | 2008-11-16 18:01 | 日々 | Comments(0)

紅葉

2008年11月13日
秋もすっかり深まったが、平地での紅葉はここまで進んだ。

今年は台風が少なかったので紅葉はいつもより綺麗だと言う。
平塚の総合公園の周りにはもみじは少ないけれど、桜や欅は多い。
黄色の葉っぱが西に落ちかけた太陽に照らされてそれはきれいだった。b0158170_19594325.jpg
b0158170_200638.jpg

今朝の富士山も雪が7合目くらいまでかかって綺麗だった。
空気がとても澄んでいて1年の内あまりお目にかからないような良い天気。
こういう日は大事に(有効に)したいと思う。
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-13 20:01 | 日々 | Comments(0)

筑紫哲也氏

筑紫哲也氏ががんで亡くなった。
昨日追悼番組を見ていたが、確かに最近のジャーナリストの中では特筆すべき人だった。
有名なのは多事争論でこの中でさまざまな思いを発信し続けてきたが、驚いたのは90秒間の独白を原稿なしでしゃべるのだそうだ。
これは大変なことだと思う。

ところで、今回の訃報でショックに思ったのは、「そうだったのか!ガンというやつは」ということだ。
つまり、早期発見でも安心できないということ。
筑紫氏は1年半ほど前にガンが早期発見で見つかり、即入院して治療に専念してきたが1年半で帰らぬ人となってしまった。
ここで、考えてしまう。
ガンは初期で見つかれば治る確率がかなり高かったのでは・・・
いろいろなパンフレットや資料を見てもそう書いてあったはずではなかったか。
筑紫さんは早期発見で、彼ほどの有名人になれば最高の治療をしていたはずなのにそれをもってもかなわなかった・・・
早期発見は治癒率90%・・、筑紫さんは残り10%の方だったというのか・・・

少しガンに対する見方を変えなければならない。

秋になっていつものように親戚から柿が2箱送られていた。
b0158170_19344095.jpgひとつはお袋の里の豊橋からの次郎柿、もうひとつは義弟の嫁さんの実家新潟からこしわ柿。
豊橋は実家直系で同じ年のいとこが1昨年ガンで60そこそこで亡くなった。
新潟の義妹も3年前にガンで亡くなった。まだ、50になるかどうかの若さだった。

そんな思いを感じながら食べる柿は少し重いが、現実はそういうことだ。

そのほかにもガンで亡くなった友人知人は多い。
そもそも両親も腎臓ガンと乳ガンで亡くしている。

11月も中旬になり急に寒さが強まってきた。
これからもいいことありますように・・・!! 
[PR]

by YAHHOSAITO | 2008-11-13 19:36 | Comments(0)