yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


茅ヶ崎海岸の昼顔

2009年5月9日。
GW後半はあいにくの雨で毎年5月GWのテニス合宿は初日に2時間のみで、翌日は朝帰りとなってしまった。その後、木金と天候不順が続いたが、土日は五月晴れに恵まれた。

昨日、5月9日の土曜日、あまりいい天気なので、午後から江ノ島に。
我が家からは江ノ島まで約15㎞、自転車でちょうどよい距離だ。
今日はロードレーサー(といっても折りたたみの)で行くことにした。

久々にロードレーサーに乗ったが、さすがに舗装された道はすばらしく速く、風を切って進むスピード感はたまらない。ただ、逆に走ることに専念してあまり周囲を眺めずに終わってしまうのが残念といえば残念。いつものポタリング車に比べると平均時速で5㎞は違うような気がする。

海は少し荒れていて白波が少し立っていた。ウインドサーフィンの帆が風にあおられてすごいスピードで海面を滑っていく。時速30㎞位出ていると思う。海岸には家族ずれや友達同士のバーベQグループ、若い二人ずれ、釣り人、オジサン等々さまざまな人で混雑していた。b0158170_1221317.jpg

茅ヶ崎を過ぎると浜に昼顔が沢山咲いていた。正式にはハマヒルガオ。ふつう朝顔は朝しぼむが昼顔は昼でも咲いているのでこの名前がついているらしい。
相模湾の平塚や大磯などあっちこっちで自生しているが、砂浜の一角が緑で覆われ可憐な花を咲かせるというのは素晴らしい。

b0158170_1221427.jpgむかし、カトリーヌドヌーブ主演の昼顔という映画があった。背徳の性を扱った作品として物議をかもしたが、ハマヒルガオはどこまでも可憐で太平洋?に似合っていた。

江ノ島は大勢の人でごった返していた。桟橋は他県の車も多く、駐車場待ちで大混雑。
駐車できるのはたぶん1時間後だろう。オトーサンは大変だなあ・・・。

ところでこのところ困ったことがおきている。
PCのダウンとTVの不調、それに新型インフルエンザ問題。
困った困った。
[PR]

by yahhosaito | 2009-05-10 12:26 | 日々 | Comments(0)

GWの妻籠

2009年5月5日。
ゴールデンウイーク、妻籠に行く事にした。
昨年は馬籠に行って、妻籠も少しだけ寄ったが、なかなか良かったので今年また行く事に。

高速が何処まで行っても1000円になったのも、行ってみようという大きなきっかけでもある。高速に入る時か出る時に土日休日に少しでも掛かっていれば1000円の割引対象になる。
よって、4/30の緑の日の23:30ごろ相模湖ICを入る。
真夜中走るのはさすがにきついから、その日は甲府の先、双葉SAで1:00ごろ仮眠。

愛車VW-BORAは後部座席がフルフラットになり、トランクルームと一体になるから、なんと足を伸ばして2人が寝られる。
敷布団と掛け布団を持参し、かみさんと『車中泊』した。我が家で寝るのとほとんど変わらない。最高に快適だった。
子供達に車中泊のことを話したら、「よくやるねえ」と冷ややかな反応と「楽しそう!」という反応が5分5分だった。タシカニ!

妻が、奈良井宿にも行きたいというので伊那ICで降りて奈良井宿へ。
b0158170_8144058.gifb0158170_815640.gif







ここも、妻籠・馬籠と同じように古い宿場町が保存されている。なかなかの景色。
人通りは少なく天気も最高でゆったりとした散策だった。昨日は休日だったのでかなり混雑したとの事。

昼食におそばを食べ、買い物をして再び19号線へ。
妻籠までは1時間くらいか。
妻籠の宿は「藤乙」さん。昨年は馬籠で「但馬や」さんという民宿だったが、今年は旅館。
なかなかこじんまりした落ち着いたいい旅館だった。
b0158170_8231356.gif
              木曽駒ヶ岳はまだたくさんの残雪が

昨年同様に外人さんが多く、3組ほど。昨年は囲炉裏があったのでここでコミュニケーションが取れたが、今年は残念に話す機会がなかった。
宿の主人は外国(フランス?)の長く行っていたとの事で、語学に堪能。50くらいの方だったが、彼に質問してみた。
「中仙道には67、木曽路には20?くらいの宿場があったのに、なぜ、奈良井、妻籠、馬籠の3っがこのような形で保存されて残っているのか!?」

「明治の中ごろに鉄道(中央線)が敷かれ、中仙道の宿場町からずっと遠いところに駅が出来、そこを中心として栄えた。旧宿場町はあっという間に時代に取り残され、急速にさびれた。多くの宿場町は近代化とともに建て直しが始まり、多くの旧宿場町で旅籠でない現代風の家屋が次々と建った。
しかし、妻籠などは貧乏だったので、新しく家を建てる財力がなかった。それでそのままの姿が残った。昭和40年になって、国鉄のDISCOVER JAPANが始まり、町並み作りが始まって、今の姿が出来た……」

なるほどそういうことか…。
なんだか複雑な思いを深くした。

食事はとても美味しかった。たらの芽の天ぷら、蜂の子、フキノトウなどなど10種類以上の料理が出てお腹いっぱい。

今回の旅は時間があったため、一箇所をじっくりと見ることが出来た。解説も案内の人の話もとてもよく聞く事が出来た。
b0158170_8154189.gifb0158170_8171136.gif







すっかり気持が200年前の戻り、何かを共有できたような感じだった。
旅籠のちょうちんや暖簾を見ていると江戸時代の旅人も同じ風景を見たのだろうなという気になって妙に感情移入してしまった。

木曽路は新緑真っ盛り。むせ返るような淡い緑に澄んだ青空。
1泊〔延べ〕4日の旅。ゆっくりのんびりした旅だった。

帰りの東名も1000円。
上りは空いていて厚木ICまで極めて順調だった。
[PR]

by yahhosaito | 2009-05-05 21:44 | 旅・サイクリング | Comments(2)