yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


夏の終わり

2009年8月27日(木)

今週に入ってすっかり涼しくなって特に朝晩は肌寒い感じとなってきた。
しかも、最近天気はよく日中は暑いが爽やかな感じの日が多い。

今日は娘が代休で休み、車を使いたいという事で自分は自転車で出勤する事になった。
家から会社まで約10㎞。自転車だと30分強の距離。
車だと駐車場から職場まで10分弱歩かねばならないので、結局自転車の時間と大して変わらない。季節がいいときは自転車も悪くはない。

少し早めに出て、交通量の少ない農道を中心に走らせる。
稲が朝日に光っている。もう穂がだいぶ大きくなって見渡す限りの稲。素晴らしい光景が続いている。
b0158170_7211298.jpg


それにしても、稲作の灌漑システムというのはすごい。川から水を引き、田んぼを潤しまた川に流れていく。水を引くために水の高さを堰で調節し、右へ左へ自由にコントロールしている。一滴の水も無駄にしないように上手く作られているに違いない。
b0158170_724350.jpg

前に中国の山奥の棚田を見たが、千枚田と呼ばれる棚田は上から下まで微妙な高低差で見事に調整されているといっていた。

ご近所のAさんは市役所で下水道の設計をしていたが、氏によると高低差の調整はの1000分の1ミリの単位で設計するのだそうだ。
そういえば水準器なるものは簡単な原理でちょっとした傾きがすぐ分かる。これも上手くできている。

そうこうしているうちに会社に着いてしまった。
帰りの自転車も楽しい事が待っているかも。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-28 07:24 | Comments(0)

ナイトハイク

2009年8月22日。

地元中学校区のナイトハイクに参加した。
ナイトハイクは土曜日の夜10時に江ノ島を出発し、途中何ヶ所かのチェックポイントを経由して地元の中学校まで戻ってくるもので、全距離は約20km。

参加者は地元の中学生が中心で小学生も何人か、それに父兄やスタッフなどで総勢120名くらい。我々はスタッフとして救護の役を担当した。
疲労や体調不良でリタイアした人を本部まで運ぶ役。よって、ウオークはせずに車でチェックポイントなどに先回りして、不測の事態に備えるといったもの。
b0158170_6291623.jpg

幸い、リタイヤ1人だけ搬送しあとは何もすることなかったので手持ち無沙汰であったが、要所要所では懐中電灯で誘導するなどのサポートをした。

夏の湘南海岸は深夜というのに車がかなりの数走っており、結構にぎやか。
海岸も途中深夜のバーベキュウをやっている若い男女(大学生?)のグループも多く、親はどこまで知っているのだろうか・・とちょっと気になった。
といっても、彼らは意外と礼儀正しく、まじめな若者たちという感じが多かった。

深夜の海岸は思ったより明るく星も沢山見えるが波打ち際も白く波が寄せているのが分かる。b0158170_629396.jpg
沖にところどころで漁船らしき明かりも見える。
真昼は32℃くらいの暑さも夜の海岸は22℃くらいで半そでだと少し寒い。風もひんやりして気持ちいい。この道は普段サイクリング道路になっていて、明かりはないがもう5、60回は走っているので、何処に何があるかは大概分かる。

湘南大橋を右折し、湘南アリーナを最後のチェックポイントとして出発した中学校に戻る。
am5:00。
茅ヶ崎柳島くらいまでは元気いっぱいだった子どもも大人もヘロヘロになって、帰って来た。
しかし、みんな達成感で満足した顔になっている。

こちらは車の移動で体力的には超ラクチンだったが、久久の完徹で疲労困憊。
家に帰って昼過ぎまで眠りこけた。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-27 06:42 | 地域 | Comments(0)

新人さんの失敗

2009年8月21日。

先日、近々実施する新入社員のフォローアップ研修なるものの資料を作っていてwebで面白い記事を見つけた。

テーマは新人時代に経験した「失敗」についてだが、
その記事にはある新人の駅員さんの失敗談が載っていて思わず笑ってしまったと同時に、何かこみ上げて来るものがあった。


『朝のラッシュ、初めてホームでマイクを持って緊張のあまり、「い、い、1番線に××行き電話がまいります。電車がまいります。」といって放送をした。

ホーム中が、ん!今「電話って言った?」って微妙な雰囲気・・・。
そんなタイミングで、自分のすぐ側にいたOLさん(5歳年上)が、笑いながら、「リンリ~ン」(ウインク)。

それを聞いた周りのオッサンが爆笑し、電車の扉が開くまでホーム中が大爆笑。

その後、「リンリ~ン」のOLに、改札で逆ナンパされ、1年ほど付き合って、男のABC全てお世話になりました。いろいろといい思い出です。』

自分も3年半くらいお茶の水まで電車通勤し、ホームで色々見てきたので、そんな雰囲気はとてもよく分かる。
朝のプラットフォームの無表情の群集が突然封印をとかれたような・・・


b0158170_723215.jpg
【写真は夜の品川駅】

自分も多くの失敗をして、いくらかは進歩した。
3大失敗を一言で言えば、「誤手配で大損失」「払出し単価の大ミス」「社長式典での司会大チョンボ」(これは最近のはなし)か。

番外編で「職場キャンプ30人分夕食置き忘れ事件」なんていうのもある。
新人で夕食を運ぶ役だった私は、全員の夕食を見事に会社のロッカーに置き忘れてきた。
あの晩のみんなの夕ご飯はどうしたんだっけ!?
20時を回っていた40年前の房総海岸にはコンビニなんかどこにもなかった。

b0158170_724735.jpg
【写真は2009.3の房総海岸】

生命に関係なかったのが幸い。

新人さんの失敗のwebには微笑ましいのから空恐ろしくなるのまでいっぱいあった。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-21 21:35 | 日々 | Comments(0)

2009年夏

2009年8月18日(火)

お盆も過ぎてなんだか最近朝晩はだいぶ涼しくなった。
というより、今年はなんだかんだ言っても、例年になく涼しい夏ではなかったか。
8月の10日ごろまで梅雨の延長のようなぐずついた日が続き、やっと夏らしくなったものの、いつものような暑さの勢いが感じられない。

久久の冷夏かもしれない。日照不足で作柄は9割くらいらしい。
いつもなら東京34度、熊谷37度、横浜33度・・などが連日続くのだが、今日の東京の気温は29度とか。例年より3,4度低いような気がするb0158170_7205080.jpg

涼しいのはとても過ごしやすく結構だが、地球温暖化で35度以上が慣れっこになっていた自分たちにすれば少し気候異変の心配がわいてくる。

暑さ対策で作ったゴーヤの蔓もいまひとつ有り難味を実感していない。

b0158170_7211699.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-18 07:22 | 日々 | Comments(0)

諏訪湖の花火大会

2009年8月17日(月)。
9日間のお盆休みが終わった。
終わってしまうと何をしていたんだか・・と思ったりするが、よくよく考えるとまあそれなりに・・・。

15日は急遽、諏訪湖の花火に行く事になった。
カミサンと下の娘の3人。
実は、花火のほかにもう一つの大きな目的があった。

朝、3時過ぎに起き、4時に自宅を出発。
朝早くないと中央高速は1000円制度で込んでいる。ましてやお盆だし・・・。
自宅から相模湖ICまでは約1時間半くらい。
中央高速はまだそれほど込んではいなかった。9時に上諏訪到着。

当初、花火の中心地上諏訪は大渋滞と想定し、その二つ手前で車を駐車させ、そこから電車で現地入りと思っていたが、そこは駐車できそうな感じではなく、結局上諏訪まで車で行ってしまった。
当初の計画は二つ手前で駐車する所を確保し、駐車できることを確認した上で、車で蓼科や清里方面にドライブし、6時ごろ戻って花火見学と思っていたが、上諏訪の駐車場はいったん入ったら、花火終わるまで出られないとの事。

結局、そこに駐車し、そのまま、諏訪の町を6時過ぎまで8時間以上ぶらつくことに。
しかし、おかげで、予定外の美術館見学やデパートめぐりをする事になった。b0158170_221460.jpg

原田泰治氏:「嫁入りの挨拶」



原田泰治美術館は星野富弘展も併設していて、これもまた良かった。

b0158170_2214398.jpgお二人とも体が不自由だが、すばらしい絵は感動的であった。


星野富弘氏;「あさがお」



原田泰治氏の絵は昔懐かしいふるさとの風景を独特のタッチで描いていて心が温まる。星野富弘氏の絵は文が副えられていてこれがまたいい。

花火は7時から始まり、40,000発。90分のうちに40,000発打ち上げるというのは、1分間に444発打ち上げるという事。いかに華やかが、想像してもらえるだろうか。
ちなみに1秒間に7発強。
花火のすぐ近くは3500円席、300Mほど離れた所は1000円席。われわれは1000円席。
50万人の人出で、それはそれは凄かった。b0158170_222838.jpg
b0158170_22204088.jpg

しかし、途中であれほど良かった空がにわかに雨雲に変わり雨が。
途中から傘を差しながらの観覧となったが久久の間近での見学で腹に響く大音響と共に花火を堪能した。

帰りは予想通りの大渋滞のろのろ運転。ICまで2時間ほどかかってしまった。
途中、八ヶ岳SAで仮眠し、朝5時に平塚着。
おつかれおつかれ。

もう一つの目的は娘の彼に会う事。
とても感じの良い青年で、大安心した。思い出に残る4人での大花火観戦だった。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-17 22:09 | 旅・サイクリング | Comments(0)

2009年お盆。

2009年8月13日(木)。
お盆のお墓参り。ジジババのお墓を作って4年となった。
朝一番で、お墓の掃除とお参り、そしてお寺さんに年会費等を払いに行った。

今日はお盆の入り。
お昼前から姉と妹夫婦が来て、一緒に昼食。
ジジババの話はほとんど(まったく)出ず、もっぱら旅行や食事の話で持ちきり。シーバのことをほったらかしにして、ああ何たる先祖クヨーか!b0158170_8323776.jpg

5人で3時間、あわせて311歳のアラカンが口角泡を飛ばして言いたいことを勝手に喋りまくり、14:00ごろ解散と相成った。

まあこうして、おしゃべりできて元気なうちが華かもしれない。
「残り時間」は確実に刻一刻?と短くなって来ているのだから・・・。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-14 08:37 | 日々 | Comments(0)

藤沢界隈

2009年8月2日(日)
藤沢での朝カル終了後、妻と合流し、娘のアパートに行く。
2週間ほど前に新婚旅行から帰ってきて、貸したスーツケースを取りに行くためだった。
新居は藤沢駅から徒歩15分足らずの住宅街で立地はすこぶるいいが、何せ2部屋で狭い。
よって、使わないものはすぐ整理しないと困ることが多い。
この前は冬物のフトンを引き取ってきた。

帰りにR134に出た。
江ノ島の周辺は午後から晴れたせいか、人も車も多く混んでいた。b0158170_218643.gif

それでも、ここ数年前から湘南なぎさプランが出来、R134が2車線になったおかげで、だいぶスムーズに流れるようになってきた。
なんがかずいぶん長く、10年くらい工事していたような気がする。

ちょうど車が町に溢れ出した1980年ごろから1990年後半ごろまでの湘南道路は凄かった。特に夏は大渋滞。
片側1車線でニッチモサッチモフンズマリ常態。夏の遊歩道路はビーチボーイやサーフィンギャルでごった返し、活気があったといえばあったが・・・・
そして、パシフィックパークホテルがxxマンションに変わり、道路が2車線に変わったころから流れが急速に変わってきた。

それにしても今年の夏は少し冷夏か?
程よい暑さで過ごすには良いが、果たして作物には・・・


ところで、
家に帰って、例によって、自家製パン。
粉やふくらし粉をセットし、タイマーをかけて・・・

しばらくして、テーブルから何かが落ちた。
よく見ると、パン製造機の粉を攪拌する羽だった。
洗った後、セットするのを忘れたらしい。

機械はゴーロゴーロとパン生地捏ね工程真っ最中。
羽なしで攪拌しているとすれば、シャフトだけが単なる「空回り」。

あわてて、止めて、手を突っ込み、事なき?を得た。
出来上がりは大して変わりなかった。
[PR]

by yahhosaito | 2009-08-05 20:50 | 旅・サイクリング | Comments(0)