yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


スカイツリーとお茶の水

2010年3月31日。
夕方から品川で定例飲み会があった。

少し早く出かけ、行きたい所が2箇所あった。
スカイツリーとお茶の水の旧本社ビル。

スカイツリーが東京タワーの333mを抜いて338mになったとか。
最終的には600m以上になるはずだが建設中のところを見ておきたい。
3丁目の夕日ではないが・・・

あわせて東京のおじさんの家が向島にある。
昔、何回か行ったことがある。そこにも行ってみようと・・・。

なるほど、これがスカイツリーか!確かにでっかい。
これで約半分だから、完成したらさぞかし高いだろう。
少し雲が出たら上のほうは雲の中かもしれない。
飛行機がぶつからないのだろうか少し心配になってくる。b0158170_7573649.jpg

下町の生活の優しい匂いがする墨田区界隈に突然現れたスカイツリー。
東京の新名所としてうまく調和してくれることを期待したい。

向島のおじさんの家近くは30年前と雰囲気的には変わらなかった。
なんだかタイムスリップしたような・・・

お茶の水は本社ビルが壊され、更地になっていた。
b0158170_7583684.jpgあそこに18階のビルがあって、数千人の日立マンが働いていたとは。
それにしてもお茶の水本社にいた数年間はいい思い出だった。
あの貴重な経験がなかったら人生観もそれなりに違っていたかもしれない。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-31 23:54 | 日々 | Comments(2)

さくら咲く

2010年3月22日。

お彼岸の3連休。
21,22日と春の嵐で天気はいいもののすごい風で悩まされた。
台風並みの風で千葉市では午前4時54分、最大瞬間風速38.1メートルを観測したらしい。
この辺も20mくらいの風が吹いて、2階のベランダの太陽光パネルが2枚吹き飛ばされた。
幸い架から落っこちただけで大事には至らず、また、カミサンから設置が「甘い」とご指摘を受けた。確かに。(オットット、まだ修理未完だ。)

今日は風は穏やかで少々風は冷たいが、すっかり春の雰囲気。
昼から湘南平方面に出かけた。b0158170_1626747.jpg
b0158170_16262012.jpg

さくらが今にも咲きそうでよく見ると一部咲いているのもある。
あと少ししたらあたり一面に咲きそろうだろう。
「沈黙の春」というレイチェルかーソンの本があるが、ことしもそんなことにはならずに済みそうだ。

湘南平から見ると山がボワーッと白くなって新芽の膨らんできているのがわかる。
ここ1週間でさらに一気に春が進むだろう。
渋田川のさくら祭りは今年は4/4だが、満開を少し過ぎるかもしれない。b0158170_16265786.jpg

ここから見ると山が富士山方面にかけて幾重にも連なり、日本は本当に山国だと思う。
国土の1割くらいのところに人家が密集している。
土地が高いわけだ。

一方で、これだけの山(材木)に恵まれていながら、木々の大切さがあまり伝わってこない。
森林組合話や植林に話など、ほとんど話題にならない。
日々、木に囲まれ、木のぬくもりの中で生活しているはずだが、輸入材や合板が当たり前になりすぎて、日本の木の文化を少し忘れすぎているのかもしれない。

総合公園のハクレンや辛夷はもう終わりに近かった。
これからくる本格的な春に我が家の庭も今年はどんな感じになるだろうか。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-22 16:27 | 日々 | Comments(0)

床ミガキ

2010年3月22日。

いい天気だったので思い出したように床のワックスがけをした。
半年に一回くらいの作業だが、天気いいので絨毯を片付けてみるとさすがに光が鈍く、ざらついている。
特に、最近ウッドデッキにスリッパのまま上がってそのまま部屋に入るものだから、砂やほこりを家に持ち込み、そのざらざらもあるらしい。。b0158170_1759164.jpg

リンレイワックスを塗ってしばらく置くと光沢が出てくる。
なかなかよろしい。光ってる。これハタクシの仕事。









カミサンといえば、最近こういうのを台所の壁に張り出した。
BUT、ほとんど守っていない。
いつも遅く、寝るのは24時を回っている。
遅いときはAM2:00。もっとも起きるのも遅い。b0158170_180772.jpg

原因はパソコンだ。
ハタクシがやれば1時間で終わるところをカミサンは2倍はかかる。
それでも最近は上手くなった。
エクセル、ワード、パワーポイント、それにメールも結構使えるようになった。

言い争いながら教えた愛のスパルタ教育の成果か?
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-21 17:40 | 日々 | Comments(0)

いよいよ春

2010年3月14日。

今週週末は春らしいいい天気となった。
先週の週末はひどい天気で散々だったが、今週は出かけない手はない!と思ってうきうき!

新聞に載っていたみなみらんぼう氏の静岡高草山に行こうと思ったが、もたもたしていたら出かけるのが遅くなり、
結局、春の息吹が感じられるところということで曽我丘陵方面となった。

今回は家から自転車で。
なぜなら、最近サイクルコンピュータを買い走行の記録が取れるので・・・
自宅から、大磯の裏山を回り、二宮、そこから「やまゆりライン」というところを通って、曽我丘陵方面に行く。
途中の景色がすばらしく、さすがに梅は終わったものの桃がすばらしく綺麗。

足元にはタンポポの鮮やかな黄色が本格的な春を告げる。オオイヌフグリの可愛い空色。ゆきやなぎの細かい白い花。こぶしやハクレンの圧倒的な存在感。
いま、春の花がいっせいに咲き出した感じだ。b0158170_731180.jpgb0158170_731272.jpg

b0158170_732188.jpgb0158170_7341482.jpg


山道に入って何人かにすれちがう。
下の坂から上がってきた70過ぎの男性に声をかけ、道を聞いた。
藤沢から毎週ほとんどここに来ているという。900回とか。
今日は途中ことのほか富士山が綺麗だったと喜んでいた。

それにしても毎週とは凄い。
飽きるのではないかと思うが、少しずつ自然の状態が違うのだという。その変化がなんともいえないというらしい。
30分ほど山道を平行して歩き、話が弾んだ。
ブログを書いているというので、後で読んでみることにしよう。

今日は55キロメートル走った。
帰りに、バレンタインのお返しのケーキを買って帰る。海岸沿いの「バッハマン」。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-15 07:34 | 旅・サイクリング | Comments(0)

マジックショウ

2010年3月13日。

湘南平塚マジシャンズ発表会というのがあって見に行った。
娘とそのテニス仲間がこのメンバで発表会にアシスタントで出るという。
もう、3ヶ月も前から練習し、いよいよ今日が本番だった。

出し物は「定番」の箱の中の人間をナイフで刺していくもの。
b0158170_6592183.jpgこちらはデジカメで撮影するのに夢中になり、マジックの内容はあまり良く覚えていない。
どこがマジックだったのか???

まあ、無事に終わってよかった良かった。
笑顔のEちゃん、可愛かったです。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-15 06:59 | 日々 | Comments(0)

春のあらし

2010年3月10日。

昨日、3/9は3月にしては記録的な寒さで日本中が大荒れだった。
この悪天候の中、防犯パトロールの懇親会があり、和気藹々と楽しい時間をすごし、嵐を突いて2次会にも行ってしまった。途中、風で吹き飛ばされそうになりながら、田舎の某スナックに立ち寄り、しこたま飲んだ。

明けて、翌日。
ニュースを読んでたまげた。
鎌倉の大銀杏が昨晩の風で倒れたという。鎌倉時代に3代目将軍源実朝がおいの公暁に暗殺されたとき、の舞台だ。
鎌倉といえば八幡様、八幡様といえばこの大銀杏で大仏と並んで鎌倉のシンボル。

神職は倒れた大銀杏を見て絶句したと書いてあるが、こっちだって絶句した。
そんなことはあっていいのか、想定外の極みだ。
昔クリープを入れないコーヒーなんて・・といったコマーシャルがあったが、それどころの比じゃない。
鎌倉の住民はわれわれ以上の落胆だろう。

1年ほど前に大磯の吉田茂邸が火事で焼けたときもそんな落胆を味わった。
人生、長いといろいろなことがある。

しかし、樹齢1000年というから考えてみればそろそろ寿命だったのかもしれない。
長い風雪と歴史を耐え抜いて今まで永らえてきたことに感謝しなければならない。

なにか、ポッカリ心のそこに穴が開いたような気もするが、忘れっぽい私(人間)は少しずつ落胆も薄れていくのか・・・
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-11 20:28 | 日々 | Comments(2)

ベーキングパウダーとドライイースト

2010年3月8日。

昨晩、ホームベーカリーをセットし、朝の5:30分の仕上がりを待った。
昨日から寒かったから朝の食事は手作りパンでおいしいコーヒーを淹れ、暖かくして朝のひと時をというイメージではあった。

あさ6時。
台所からいい匂いがする。
昨晩は久々のパン作りなので、パンにレーズンと余ったグリーンピースを入れみた。
グリーンピースはイマイチ評判が悪かったが昨日シュウマイを作ったときの残りがたくさんあったので彩りもきれいなので入れることにした。
朝起きると、レーズンの甘い食感とグリーンピースの彩が綺麗なはずであった。

5:30仕上がりなので6:30分くらいの食べるには丁度いい。
出来立ての暖かいパンの匂いがなんともいえない。

しかし、機械の蓋を開けてビックリ。膨らんでいない。機械の奥にふっくらとは程遠い何か硬そうな「固体」が鎮座している。
匂いはいつもと代わらずいい匂いなのだが・・・
why?・・・b0158170_835941.jpg
b0158170_853369.jpg

昨晩仕掛けたときにベーキングパウダーを専用ケースにセットし、スイッチも確認したはずなのだが・・・
しかし、匂いもいいし、硬いものの出来立てのお餅と思えばいいかと食べてみた。
硬いことは硬いが何とか食える。

ベーキングパウダーは3ヶ月ほど前にスーパーで買ってきた。
缶入りのお徳用だった。
いつも買ってくるのは顆粒状で、すぐ無くなってしまうので今回はお徳用とした。
安かった。

失敗した後、ベーキングパウダーの専用ケースを見てみると、パウダー状の白い粉がパン生地に落下していない。これでは膨らまない。
さては、パウダー状なので落下時にすべりが悪く落下しなかったのかと思ってマニュアルを読んでみると「顆粒状」とある。

さらによく読んでいくと膨らし粉はドライイーストと書いてある。
ベーキングパウダーとドライイーストと違うのか?

どうも、ベーキングパウダーとドライイーストを間違ったらしい。早速、ドライイーストを買ってきた。
今度はたぶんうまくいくはずだ。
確かにベーキングパウダーはパウダー状でドライイーストは顆粒状です。紛らわしい。

1/3ほどは何とか食べたが、残りはますます硬くなっていよいよ畑のコンポスト行きが近づいてきた。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-08 19:47 | 日々 | Comments(4)

スーザンボイルさん

2010年3月3日。

今日はひな祭り。我が家の遅い梅が今満開中。
やがて、啓蟄。少しずつ暖かくなる。

昨日、地域の某会合で少し飲みすぎ、朝からイマイチ冴えなかったが、新聞を見て少しいい気分になった。

「読響ゲストにボイルさん」。

『時間はかかってしまったけど、自分には何かがある、と感じていました。私の夢がかなったのだから、あなたの夢もかなうはずです。誰も夢を見る権利を持っています。夢には終わりや締め切りはありません。』

ボイル氏は昨年その美声で一躍時の人になったが、さすがにいいことを言う。
日本人にはなかなかこういうことはいえない。
なんでだろう!?・・・

たぶんこういうことを普段から考えていないからかもしれない。
いきなり言える人は天才。凡人は用意しておかないとなかなか言えるものではない。

最近の珠玉の常套句。
「お母さんのためなら何でもやるからね!2,3の例外を除いて・・」

ただ、イマイチ評判が悪い。
[PR]

by yahhosaito | 2010-03-03 07:22 | 日々 | Comments(0)