yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


原因が分かった

2010年4月29日。

トイレのタンクの水が止まらない。
もしかしたら夜中じゅう流れていたのかもしれない。
水を流した後、とまるのが普通だから、確認するわけはないのだが、朝、入ったら流れっぱなしになっていて誰か先に入ったかなあと思ったりしたが、家人はまだ夢の中だった。

水を流して、今度は止まるかと待ったが、3分たっても5分たっても止まらない。
さては・・・

タンクの中を覗いて見たがあまり変化なく、もう一度良く見るとなにやらが詰まっていた。b0158170_12371399.jpg
ブルーレット置くだけ・・とういう芳香剤の空き容器を発見。しかも4つもある。
これが何かの拍子に弁に引っかかって、給水のときに水を止めるスイッチを邪魔していたらしい。

まあありそうな出来事だ。
カミさんに話したら、あたしゃそんな妙なもの(芳香剤)をおいた記憶はございませんとバッサリ。
まあ確かに4個のうち2~3個は自分が置いたような気もする。
[PR]

by yahhosaito | 2010-04-30 12:38 | 日々 | Comments(0)

鎌倉流鏑馬大銀杏

2010年4月18日。

この一週間はひどい天候で41年ぶりに4月になってもっとも遅い雪を観測したり、
日中も6~7度という寒さで堪えた。
おかげで畑の作物も大きな打撃を受けたようで野菜が高騰している。

お茶の新芽が霜でやられ取れなくなったとか、梅の実がやられて成らなかったとか
あっちこっちで作物被害の話を聞く。
我々は高い野菜を買えば済むが農家は死活問題だろう。

ところで、今日、日曜日は久しぶりの春らしい天気となり、鎌倉にサイクリングに出かけた。
いつもはミニベロに乗っていくが今回は前に修理したGIANTの22インチロードレーサー
で行く事に・・・
細いレーサータイヤなのでスピードが出る。その分辺りの風景をぼんやり見る楽しみは
少なくなるがあのスピード感もなかなかよろしい。

江ノ島で海を見ながら昼食。
相模湾が春の光で眩しい。
サーファーや家族ずれ、若者達のBQ楽しむ姿、
ジョギングする人、犬の散歩、ビーチバレーをする仲間、釣り人・・
いつもの湘南海岸風景だが、春はなんとなくみんな生き生きと楽しそう。

県鎌前、稲村ガ崎あたりは車の渋滞、その横を自転車はスイスイ。
鶴岡八幡様はすごい人。
ちょうど春の神事、流鏑馬をやっていた。b0158170_1941483.jpg


ミス鎌倉、ルース駐米大使、松沢知事も来ていたらしい。
何せ、人垣で見えなかった。
馬の音と、スピーカからのアナウンスだけは良く聞こえる。
誰やらの挨拶で鎌倉のシンボルの銀杏が倒れたことを言っていた。
そこから芽を吹き出したことも・・

そうだ、それを見てこなくちゃあ・・と、行くと、
綺麗にあそこにあった大木の部分が大きな空間が間延びしたように
ぽっかりと開いている。
こりゃショックだろう。b0158170_19421742.jpg

その横に移植した銀杏の木があって確かに芽吹いている。すごいものだ。
元の倒れた木の株からも芽吹いている。

ルース大使は、流鏑馬が終わった後、宮司の案内で大銀杏を見学し、
残った根株だけでなく、隣に移植した幹からも枝に芽吹いた大銀杏を見て
「再生を願う日本人の思いはよく分かる。私も再生を願っている」と話したという。

普天間問題などで日米関係はギクシャクしており、ユキオ、本当に君はやる気あるのかね!?
とオバマ大統領に言われているようだが、そんな中、ルースのいう(深読みの)台詞が良く分る。
b0158170_19424546.jpg

銀杏は成長が早いから10年もすると結構大きくなるかもしれない。
また新しい歴史が始まると思えばそれはそれでいいことだろう。
[PR]

by YAHHOSAITO | 2010-04-18 22:07 | 旅・サイクリング | Comments(0)

春本番か?

2010年4月13日。

このところ寒かったり暑かったりで変な天気が続いているが、今日は春らしい素晴らしい天気になった。

我が家の2階からは富士山が良く見える。
昨日降った雨が山では雪だったようで朝2階から見る景色はそれは素晴らしかった。
富士山の3合目くらいまで雪で真っ白で手前にはなごり桜が見える。
(注:5合目から下は樹林帯のため雪があっても少し黒っぽく見えます)
我が家のすぐ前のちびっ子広場の桜と500mほど離れら川岸の桜並木がほんのりとピンク色で素晴らしい。

富士山はくっきり見えるのだが雪の白さが真っ白というより少しアイボリーがかった感じでなんだか妙に神々しい妙な感じがする。
何はなくとも富士山が見えるととてもうれしい気持ちになり、我が家の自慢の景色です。
b0158170_5572721.jpg


今日は横浜で某企業の新入社員教育の講師で出かけた。
10:00少し過ぎのゆっくりの出勤だった。
途中、渋田川の川岸があまりにも綺麗なので一枚パチリ。(モトイ、デジカメのため無音でした!)

b0158170_558737.jpg


桜の薄いピンク色と菜の花の黄色、青い空、土手の緑・・・
なんて素晴らしいのだろうか!!
サスティナビリティ・・・アセスメント・・・コジェネレーション・・・ビオトープ・・・
むつかしい言葉いろいろあるけれど、やっぱり自然は綺麗でほっとする。

それにしても、富士山の手前にあるS某社の携帯電話用の無線アンテナ。ムムッツ!70mもある。
オレの景観が台無しだぞ!
[PR]

by yahhosaito | 2010-04-16 06:02 | 日々 | Comments(0)

お祭り準備

2010年4月9日。

朝6時からしめ縄飾りを行う。
年に一回のことだがもう何回もみんなやっているので要領がいい。
1時間少々で完了。
明日はいよいよ例大祭の本番。b0158170_5141484.jpg


しかい、準備で細かいところは長老に聞かないと中々分からない所も多い。
例えば、神酒所での三方の並べ方、神饌ものの中身、神輿置き場の設置方法などなど・・b0158170_5144683.jpg

やはり、マニアル化が必要かもね。

夜、宵宮で山車が回ってきた。
町内の裏道まで練り歩いて回ってくる。
やはり、華やかでいいものだ。

b0158170_5162130.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2010-04-10 05:17 | 日々 | Comments(0)

さくら祭り

2010年4月3日。

4月1日から恒例のライトアップが始まった。
昼の桜ももちろん綺麗だが、夜桜はことのほか綺麗ですばらしいの一言。
この時期、少し寒いがそれ以上にすばらしい。

特に夜は風が収まり、闇の中に桜がピタッと静止したように静まり返って動かず暗闇の中にライトで浮かび出てそれは見事。
「牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置の確かさ」というのがあるが(ずっと写生派である子規の歌かと思っていたがに調べたら木下利玄の作だった。)
まさに、闇夜に「咲き定まりて」という風情だ。

個々渋田川の堤は平成6年に桜を植え、10数年たった今、それは素晴らしい桜並木になった。植えた当時は10cm足らずの苗木だたが今や直径40~50cmはある。
それにしても桜の成長は素晴らしく早い。
春になると川の両側数百mにわたってピンクに染まる。b0158170_68475.jpg

実はこのために組織がある。「桜堤協力会」のメンバ約100人が年数回土手の草刈や枝の剪定をやっている。
会のキーマン数人はそれ以外にほとんど毎日のように手入れを怠らない。
そういう活動があって桜並木は維持されている。(小生もメンバだが年数回のクチ)

いまや、近隣でも有名になって花見の時期には多くの人が訪れる。
b0158170_691537.jpg

夕方、末娘と二人でライトアップ最後の夜桜を見に行った。
自治会活動をやったおかげで、桜の関係者は知り合いばかり。
おでんを売っている元自治会長のH・Sさん、パトロールをしている現、元防犯支部長のY・S/S・Kさん、現役警部補Sさん、Oさんの奥さん、Aさん・・・
よかったよかった。
[PR]

by yahhosaito | 2010-04-05 06:13 | 旅・サイクリング | Comments(0)