yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


アジサイ

2011年6月25日。

昨日今日と梅雨の中休みか、連続して猛暑になっている。
新聞は「梅雨の晴れ間が続く関東地方では24日、埼玉県熊谷市で39.8度を観測するなど、 内陸部を中心に記録的な猛暑となった・・」と告げている。

家にいても汗が噴き出す。ついこの前までは節電でクーラーは控え目になどと言っていたが、やはり、実際にチョウー暑いとそんなことは言ってもということになるのかもしれない。
我が家は多分相当先まで点けないと思う。
外は多分35度近いのではないか。

デッキにパラソルを出した。
少しグリーンの色がさめてしまったが、大分日差しを遮ってくれると思う。
大体、ウッドデッキに直射日光が当たると裸足では歩けないくらい表面がチンチンになっている。
これでは、デッキからの輻射熱も相当に違いない。

西側の台所のそばにある回転窓(ジャロッジ)にゴーヤを植え付けネットをセットした。
少し細すぎ狭すぎでイマイチ。まあいいか。

畑にアジサイが植わっている。
ガクアジサイにフツーの青いアジサイ、それにピンクのアジサイ。
むかし、「墨田の花火」というアジサイをもらって、植えたがウッドデッキ工事の時にどこかに行ってしまった。

玄関に良く生ける。畑の斑入りのレモングラスと一緒に。
涼やかで悪くはない。

b0158170_1830486.jpg
それぞれ統一のないスリッパも一緒に撮れてしまった。

きょうは19:30から盆踊りの実行委員会とか。そろそろ準備でもするか…
[PR]

by YAHHOSAITO | 2011-06-25 18:31 | 日々 | Comments(0)

ゴーヤカーテン

2011年6月22日。

今日は夏至。梅雨の中休みで朝からいい天気だった。
布団を干して家を掃除。
その後、懸案のゴーヤカーテンを作った。

昨年はパラソルと簾とゴーヤだったが結構暑かった。
それに、簾は暗くなる。竹の部分は全く光を通さないから、多分光の通過率は1/3くらい。
パラソルも見た目は涼やかなのだが意外と直下は暑い。
しかもグリーンのパラソルなのでどうも熱がこもる。不正解。失敗。

その点ゴーヤは見た目に涼やかで、光をある程度通し、葉っぱの蒸散作用で熱を逃がし、かつ実が美味しい。

今年は、ゴーヤカーテンを中心にやった。
昨年の種をまき、移植した。さてどうなるか。

b0158170_616292.jpg
b0158170_6171178.jpg
鉢がイマイチ。
小さいし周囲と調和していない。
そのうち、こげ茶にペンキを塗ろう。
台はクヌギの薪の細いやつを加工して作った。多少体裁はいいかも・・・
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-23 06:20 | 日々 | Comments(0)

研修

2011年6月18日。

18,19日とMJ協一泊研修に出かけた。
場所は熱海。研修で熱海とはいかに。
親睦研修会と思いきや結構真面目な研修で少々オツカレでした。
しかも、研修幹事だったので若干の気も使いました。

翌日は折角とのことで帰りに姫の沢公園に寄った。
雨上がりでつつじには遅く、あじさいには早く、タイミングはいまいち。
でも、梅雨の真っ最中にしては雨にも降られずまあまあでした。

雨上がりで緑が美しい。b0158170_8525659.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-20 08:53 | 地域 | Comments(2)

歌舞伎と絵

2011年6月16日。

ひょんなことから歌舞伎を見に行くことになり、ついでに絵も見てこようと昼過ぎに東京に出かけた。
歌舞伎は新橋演舞場で16:30からだったので先に六本木にある新西洋美術館へ。

ここで、ワシントンナショナルギャラリー展をやっている。印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクションというのがキャッチフレーズで80点ほどが来ていた。
何年か前にも来たことがあるので結構前に見たものがあった。

数年(10年?)前に時間にしてそれぞれ1~2分見ただけなのに意外と覚えているものだと感心した。
最近は何でもすぐ忘れるのに映像情報はよっぽど脳の奥にインプットされるのか・・・
モリゾやメアリカサット、シシレ、シャニャック、ルノアールにマネ・モネ、ゴッホにゴーギャン、セザンヌなどなど綺羅星のごとく。

ワシントンナショナルギャラリーはアンドリュー・メロンという20世紀初めに活躍したアメリカの大富豪が作った。
自国にふさわしい美術館を創る夢を抱き、自分が集めた150点にのぼるコレクションと、美術館設立のための資金を連邦政府に寄贈して、出来上がったとか。

その後も人々が作品の寄贈を続けて、現在の所蔵品約12万点はすべて一般市民による寄贈で成り立っているらしい。だから「アメリカ市民が創った奇跡のコレクション」と言われている。
とにかくアメリカは集めるのが好きだ。良いことではある。

ちなみに、アメリカ屈指のカーネギーメロン大学は時の大富豪カーネギーとメロンが創設した。


見ているうちにまた絵が描きたくなってきた。
そうだ、家に帰ったら絵を描こう。9月にあるグループ展に3,4点出さなくてはならない。まだ、出せるのは1,2点ではないか!

b0158170_97489.jpgチケットに書かれている「鉄道」というこの絵は鉄道の柵の前に一人が前向きもう一人が後ろ向きに描かれ、黒い柵の向こうに蒸気機関車のモクモクとした白い煙が描かれている。
そう言われないと、汽車の煙と分からないが当時はやはり文明の象徴だったのかもしれない。

こういうモチーフを考えたマネは偉い。

1時間ほどで会場を出て新橋演舞場へ。
今日の夜の演目は「吹雪峠」「夏祭浪花鑑」「色彩間苅豆」
16:30に始まって終わるのが20:55。長い。

カミサンと二人だったが二人とも歌舞伎は初めて。4時間も持つか!
吉右衛門、染五郎、時蔵など草々たるメンバーが出た。
8列目とかなり前の方だったので、顔や表情も良く見えてなるほどなあと思った次第。
それにしても、良くあんな長いセリフを覚えられる。
吉右衛門(つまり、松たか子のおじさん)なんかは2時間強の舞台でほとんどしゃべりっぱなし。演技しながら良くできるものだと感心した。

少々今日はハードスケジュール。
家についたら12時近くに。夕刻から降った雨はまだ降り続いている。
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-17 09:07 | 日々 | Comments(2)

傘寿のお祝い

2011年6月10日。

会社の元上司であり仲人をしていただいたN氏の傘寿のお祝いがあった。
会場はF市の煌蘭。N氏夫妻と仲間10名が集まった。

傘寿というのは80歳。傘を分解すると八と十に見えるところから80を傘寿という。
喜寿、米寿、卒寿、白寿もそれぞれ字を分解しての年齢とのゴロ合わせなので、
面白いことを考えるものだ。

しかし、傘寿にしては元気そのもの。昔から頭の回転が速く、記憶力抜群の博学で元気そのものだったからその勢いが今になってもある。こうありたいと思う。

しかし、昔、奥様が難病で大変ご苦労をされた。その経験があっての今の元気さだとも思う。
それにしても、昔の上司は偉かった。
いろいろ参加者のスピーチを聞いているうちに、N氏がいかに仕事の合間をプラーベートに気を使っていたかがわかる。
結婚の世話をし、仲人を務め、家に呼んだり、相手の家に行ったり、来たり…
その他にも、ゴルフはやり麻雀はやり酒は飲むというという元気な方で、最後は関連会社の役員を永くやって退職をされた。

今の上司は多分こんなことはしない。
人間関係がクールになったのか、そういう風潮で無くなったのか、そんな気概がないのか・・

しかし、そういう関係が確実にコミュニケーションを深めていく。それが人間や人生にとって「厚み」になっていくことは間違いない事実だろう。こうありたいと思うが自分ではほとんどできていない。

昔、総務部長がある会合で、彼の破天荒な人生を紹介し、「振幅の多い人生を!」といって職場のみんなにエールを送っていたことを思い出した。
細く長く生きるより、太くできれば長く生きよとも。

311の大震災以来、「絆」が深まったという。
結婚をしたいという意識も高まったとか。何かあったとき、一人じゃ心細い。伴侶が欲しい。
やっぱり家族は大事だ。真に信頼できる人と人のコミュニケーションを深めたい。そんな意識の変化だという。

3時間の懇親会は瞬く間に終わってお開きとなった。
次は米寿か。あと8年。同じメンバで間違いなく開催されるだろう。楽しみです。
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-11 06:22 | 日々 | Comments(0)

芦ノ湖一周

2011年6月9日。

梅雨の晴れ間を狙って芦ノ湖を一周した。
金時山のふもと、金時神社前に車を置き、そこから自転車。仙石原の裏道を通ってゴルフ場の横を通る。
このコースは過去にも何回か通ったことがあり、中々気持ちの良いコース。
春は春でよいし、夏は夏、秋の紅葉時期もいい。

7~8kmで湖尻につく。
湖尻から深良水門へ。深良水門は江戸時代、干ばつに苦しむ三島地方の田んぼを潤すために箱根外輪山の真ん中に1280mのトンネルを貫通させ芦ノ湖の水を流した。
芦ノ湖からかなり大量の水が水路を流れていく。

深良水門の先からはかなりそれなりの山道になる。
左側は芦ノ湖、落車すれば湖に転落という場所もないではない。まあ、全体には安全なコースではあるが。
この道は一応県道だそうで県道にかかる最も狭い橋なんか言うのもある。

晴天というわけにはいかなかったが、かえって暑さしのぎにはいいのかもしれない。
芦ノ湖は一周22km、結局36km少々を6時間かけて回った。
久々のサイクリングでいい運動になった。

b0158170_8545723.jpg
b0158170_856178.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-10 08:56 | 旅・サイクリング | Comments(0)

初夏の花

2011年6月5日。

昨夜はだいぶ雨が降ったが、今朝はすっかり雨が上がって朝日がさしていた。
早出の次男の出勤を見送り、庭に出ると夏の花が咲きだしていた。

よく見るユリだがなんという百合か?毎年よく咲く。
駐車場に植えたイワダレ草も花をつけだした。あと少しすると蔓が伸びだし、少しぼうぼうとなる。

この赤と白の小さな花は妻が先日買ってきた。
今まで赤だけのは畑にあったが赤白のがいいのだという。

b0158170_651284.jpg
b0158170_652457.jpg
b0158170_6523066.jpg


午後から、あまりいい天気なので久々に海岸に出てみた。
浜須賀あたりで浜昼顔が咲いていた。
その先の波打ち際では親子が波と遊んでいる。

すっかり夏の雰囲気だった。*

b0158170_20492645.jpg

b0158170_20495096.jpg

【母と子が波に遊ぶ江ノ島か】
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-06 06:52 | 日々 | Comments(0)

風のささやき

2011年6月4日。
夜に録画してあった「華麗なる賭け」を見た。
この映画は日本では1968年というから44年前。主題歌「風のささやき」がなかなかいい。
作曲はご存じミッシェル・ルグラン。

妻と二人娘はつるんで箱根に出かけたので、本日は家におひとり様。
誰もいない中でじっくり2時間、とてもよかった。
マックイーンとフェイダナウエイがかっこよく、最近こういうゾクゾクときめく映画がなかなか少ない。日本語の歌詞もまたいい。

原題;The windmills of Your Mind 心の中の風車とは泣かせる
歌詞の内容は映画を見ると大変よく伝わってくる。
 
「風のささやき」


初めも終わりもなく永遠に回る輪
回転木馬のようにいつまでも回る

時計の針も回る地球も虚空の中で回る
心の中の風車のように回っている

なぜ夏の日々はそう早く過ぎ去るのか
恋人たちの足跡が砂浜に点々と続く
出会った人の名や顔も忘却の彼方へ

別れを悟ってふと気づく
彼女の髪が秋の葉の色と同じだと・・


心の中の風車のように思いが巡る

b0158170_2241220.jpg
b0158170_22412269.jpg
          ビデオからの画面*
【最近みた映画:「英国王のスピーチ」はなかなか良かった。映画館は2時間それのみに集中できる。】
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-04 22:51 | 日々 | Comments(0)

囲碁サークル発足会

2011年6月4日。

地元の公民館で囲碁サークルを発足させることになり、その発足会と総会を兼ねた会合に出かけた。

元自治会長が囲碁サークルの会長で、素人にわかりやすく教えるから発足メンバーの一員に入れといわれ、そういうことになった。
こっちは五目並べなら多少の自信はあるが、囲碁となるとさっぱりわからない。
総会の後、会長に教えてもらったがさっぱりわからない。

もともと、先を読むのがあまりできない自分は囲碁には向いていないのではと少々自信を落とした。みんな良く3手も5手も先のことがわかるなあと感心する。
こっちは、2手先も紙に書いて考えてやっと何とかそうかなあとわかる。かなり、重症かもしれない。

超初心者向けのパンフをもらったが、少しは分かるようになるのか・・・
かなり、不安だ。
しかし、囲碁にはなんとなく伝統が持つ奥深さや雅さ、知的ゲームといった憧れみたいのようなものがあって、昔からできるといいなあとは思っていた。

会社の先輩で、リタイア後マレーシア?のキャメロンハイランドに長期移住し、海外から全世界の仲間とインタネットを通じた対局をやっているという。
なんか憧れるなあ・・
そうなるのはいつの日か。また、例によって挫折するのか・・・

3か月もすると先(顛末)が見えてくるのかもしれない。
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-04 16:25 | 地域 | Comments(0)

誕生日とピザ

2011年6月1日。

今日は妻の誕生日。
また、今日もピザを作ってしまった。
6月にしては寒かったし、本年最後の、と言いながらまさか6月まで火を点けるとは思わなかったがバースデイにはちょうどいいのでまたまた挑戦。

妻の好きなロゼも添えて・・・

一年が早い。
むかし、先輩に20になったら1年が早いぞ!と言われたことがある。
確かに早かった。30になったらもっと早くなり、40、50はもっと。
この感覚をジャネーの法則というらしい。

健康が一番。これを何より大事にして、気を付けて日々過ごしたい。

ところで、今年は梅雨が早い。
平年より2週間以上も早いという。なかなかいい天気にならない。
昨日も今日も雨。

b0158170_6335337.jpg
b0158170_634177.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-06-02 06:35 | 日々 | Comments(0)