yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


夏深まる

2011年7月26日。

先週の猛暑からうって変わって涼しい日が続き気持ちがいい。
久々に畑の雑草取りをやって、若干の収穫をして家に戻ると狭い庭に百合やメドウセイジの花がきれい。

このまま涼しくなって秋に向かって一直線という事はないと思うが、またあの暑さも困る。
ここ何年かは35度36度が当たり前になって、内陸部は38度39度なんていうニュースが報道されている。
子どものころを考えると夏は暑くても32度33度くらいだったように思うが、やはり熱帯化が進んでいるせいかもしれない。

b0158170_5593451.jpg

b0158170_60488.jpg
本年6月から勤務が原則週一回となり暇になるかと思いきや、毎日忙しい。
9時過ぎに寝て、5時前から起き、一通り家の雑事をやり、新聞を丹念に読んで、7時になる。
周囲を片付けて、パソコンをいじり、家族が起きだし、一段落して、まあ9時。

地域の用事がある時は出席したり、作業をしたり。
それにカミサンの手伝い、畑、絵や歌や読書にサイクリング。

結構暇なようで、結構忙しい。

考えてみれば、40年間働きずめで、今になったが、時間が自由に使えるようになったのはここ数年。
体も多少痛いところはあるが、まあ、それなりに自由がきく。

あと何年この生活(今の健康体と精神力で)が維持できるか。

かねがね、70歳位が一つの区切りと思っている。
しかし、そのバランスが崩れるのが早ければマイナス5年、つまり65歳。
遅ければプラス5年の75歳。

今のこの自由で、有難い貴重な時間を無駄にしたくないと正に思うこのごろです。
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-27 06:05 | 日々 | Comments(0)

ハートマウンテン

ハートマウンテン。アメリカ合衆国日系人収容所があったところである。
第二次世界大戦の際、アメリカ在住の日系人が強制収容された。
その数は12万人を超えワイオミングにあるハートマウンテンをはじめ、全米の11のさまざまな地に約4年間収容された。冬はマイナス20度を超え、それは厳しい状況のなかで収容生活を過ごしたらしい。

その内容が7/19と7/20にNHKで「“9.11テロ”に立ち向かった日系人」として放映された。9.11と日系人強制収容とどういう関係があるのかと思ってみていたが、「人種差別」というところでつながっていた。

9.11のとき、航空機統制を指揮した合衆国運輸長官がノーマン・ミネタ氏。
彼は、子供の時に、このハートマウンティン収容所にいた。

その内容は、まさしく素晴らしものだったが、正直、ハートマウンテンとは初めて聞く地名だった。

「日系人強制収容」についてはちょっとした記憶がある。
今から50年も前の高校生だったころ、高校の講堂で珍しく講演会があり、その内容がまさしく日系人強制収容の話だった。
話の基本的スタンスは強制収容されたがその生活は決して苦しいものではなかった。アメリカ政府は収容者に対し最善の事をしてくれた。という内容だった。

なぜ、そんなことを鮮明に覚えているかというと、仲の良かった友人があれはアメリカの宣伝で信用してはいけない。というようなことを学校の帰り道自分にしみじみと語ってくれたからだ。
詳しいことは忘れたが、大人の今、あの録音があれば、もう一回聞いてみたいと思う。(もっとも、録音機もあまりなかった時代だが・・)

彼は高校生にしてはそういうことにかなり関心があり、学校の行きかえりよく政治の話をどちらかというと批判的に話した。M君といった。
卒業以来、全くの音信不通で、今どこで何をしているのかは全く分からない。

そんな思いもダブらせながら映像を見ていた。
内容はサスガNHK、こういう取材が出来るのかと思うほどの出来だったが、企画力の素晴らしさと映像の美しさ、ドキュメント力に素晴らしさに見入ってしまった。

なんと、収容所の中で文芸誌が発刊されていた。「ハートマウンテン文藝」。
その中に「豆腐礼賛」という内容が載っている。

『ころころと豆に育って世に出たものの 
 水責め火責め 石に擦られてその上に 
 絞り上げられ 豆腐となって 
 四角にされても角立たず 
 暑さ寒さの季節に応じ 
 食味豊かで人に好かれ 
 軒の小桶に時たま浸かり 
 辛苦を忘れた月観と洒落る 
 言ふに優しい風雅あり 
 如是々々  豆腐礼賛』

なんというおおらかな内容か。


b0158170_10301788.jpg【画像はNHKBSから】

9.11は我が家でも記憶が生々しい。
あの時間、長女はオレゴン州ポートランドに向けて飛行中だった。

経由のバンクーバー(カナダ)まであと数時間の距離。アメリカ周辺を飛んでいた4,000機ともいわれる航空機は合衆国上の飛行が禁止された。
アメリカ国内の民間航空路の封鎖、アメリカ領空内への民間機の入域・通過が禁止され、領空内を飛行中の民間機は全て最寄の空港に強制的に着陸させられた。

その渦中にいた娘。

番組の中でのノーマン・ミネタ氏のコメントが感動的だ。
この前代未聞の航空機統制を指揮した合衆国運輸長官。
あの強い意志は政治を志す人はぜひ参考にしてもらいたい。
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-21 10:33 | 日々 | Comments(0)

収穫

2011年7月18日。

朝4時ごろから始まった女子ワールドカップ決勝、なでしこjapanの活躍はすごかった。
はじめはかなり苦戦していたが、同点に追いついて、また入れられて、終了間際また追いついて、延長戦。最終的にはPK戦となり、日本が決勝戦を制した。

なでしこジャパン。
実はなでしこはH市の市の花。
撫子が原なんていう町名もあるくらいで、子供のころからなでしこはなじみが深い。

そんな思いもあって今回の優勝はまたちょっと違った感じでとても嬉しい。
日本の大収穫。


夕方、カミサンが収穫をしてきた。
それがこれ。
少し、今年は収穫がイマイチだが、それでも天然の造形はすごい。

b0158170_1940389.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-18 19:41 | 日々 | Comments(0)

暑さ対策とケータイ

2011年7月15日。

あまりに暑いので、暑さ対策をした。
まず、玄関。
西に向いているので夕方の日差しが強烈。
特に日が傾いてくると、ガラスの部分にもろに陽が差し込み玄関の空気が車の中のように熱くなる。
北側の窓は開けてあるのだが、一か所開けてもあまり空気の流通はせず、気休めにしかならなかった。
そこで、玄関のそでにあるサイドドアー?を開け、そこに網戸を入れる事にした。
網戸は自作。材料費2000円位。仕上がりはイマイチ強だが、これで空気が流れる。

b0158170_18592775.jpg
また、強烈西日を遮るために、よしずを買ってきて玄関に立て掛けた。
少しやりすぎの感があるが節電時代なのでこのくらいはいいでしょう。
確かに効果抜群。

b0158170_190350.jpg
その効果測定に家のいたるところ10数箇所に風見糸?を付けた。
ビニールの荷造り紐を0.5㎜幅くらいに裂いて、風に流れを見るところにセロテープで張り付ける。会社時代に空調吹き出しのコントロールによく紐を張り付けたもんだ。
風がどっちから、どのくらいの風力で流れているかがすぐ判る。言ってみればよくいう「見える化」。確かに流れが見えるとなんとなく涼しく感じる。

部屋の風の流れが良くわかった。トイレからの風の流れと風呂場からの流れが結構大きい。
やはり入り口を作ったからには出口がないと風はよく流れない。何か、人生にも似ているか。大正解。トイレのドアーは開けとくことにした。(家に家族いないときだけ・・)

ベランダのゴーヤがまだ緑陰を作らないので仕方なく古いテーブルクロスをロープにくくりつけ、テント(オーニング)代わりとした。
オーニング、パラソル、すだれ、ゴーヤの発育途中と統一感にはハナハダ欠けるがこの暑さでは仕方ない。
部屋では大きい布も外に出すと小さく日よけにはイマイチだがそれなりの効果はある。

b0158170_19133522.jpg

まだ、7月も半ば。この先2か月ほどが思いやられる。

ところで、ケータイを水没させた。
すぐ拾って乾かしたがどうやら駄目らしい。アイヤー。
3年前に買って超薄型で軽くてよかったのに…

携帯にしようか流行のスマホにしようか迷っている

b0158170_1903747.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-15 19:05 | 日々 | Comments(0)

アナログ機械式時計

2011年7月14日。

先日、物置で何か探していたら古い時計が出てきた。
ジーバが若かった頃使っていた(中学生くらいまであった)古い時計が出てきた。

大きな古時計とはいかないが懐かしい時計。そのうち何かの役に立つかもしれないと思い取っておいた。
薪ストーブの横にでも掛けておけば飾りにでもなるかとやってみたがすぐ止まってしまう。暇に任せて修理してみるかと、分解した。

どうもゼンマイが上手く開かない(ほどけない)ようだ。
種々試みたがどうも上手くいかない。結局あきらめた。

b0158170_14533613.jpg

しかし、本当に機械そのもの。歯車が回ると次の歯車に伝わり、さらにその次の歯車に伝わっていく。

だれが考えたか知らないが、なかなかよくできている。
チャイムはハンマーが渦巻きの金属を叩き良い音がする。

まさしく、ボーンボーンという音。あれは誰かが特許を取っているに違いない。
丁度、ハーレーダビットソンのイグゾースト音のように。

左の歯車は時報を知らせるチャイム用のもの。右が運針用。この運針用の歯車を動かすゼンマイがほどけないようだ。

涼しくなったら、専門家に修理に出そう。
昭和も少し遠くなったかもしれない。
b0158170_14542559.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-14 15:02 | Comments(0)

ゴーヤはまだか

2011年7月11日。

一昨日、関東地方の梅雨が明け、連日暑い。
梅雨入りもかなり早かったが梅雨明けも相当早い。
ということは、連日の猛暑ということ。

今日も朝から快晴。風もなく、この分だと日中は35度位になるか?
ウッドデッキの上は暑くて裸足では歩けない。多分この照り返しも相当あるに違いない。
このことは、実施する前は想定していなかった。意外な伏兵といえば伏兵だ。

b0158170_10125212.jpg
b0158170_10131583.jpg

ただ、このウッドデッキの暑さも日陰になれば話は変わる。
そう思って、ゴーヤを植えているがなかなか育たない。
こんなに早く暑くなるとは思わなかったので、計算違い。

それにしてもまだこんなものだ。
ゴーヤが日陰を作ってくれるのは、7月下旬か。
肥料と水をたくさんやって祈るように生育を見守っている。

暇といえば暇な自分をすこし恨めしく思う。
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-11 10:14 | 日々 | Comments(0)

平塚七夕清掃

2011年7月10日。

朝5時から七夕清掃があって参加した。
今年で参加したのは2回目。ボーイスカウトや各種の団体から約200名くらいが参加した。

駅前を中心に約1時間半ごみを拾った。
今年の七夕はやるのやらないのでゴタゴタして、結局、新市長がやると宣言した。
しかし、節電等の影響や実施決定が遅れた関係で準備も遅れ、19:00まででライトアップはしないという。夜店(屋台)は例年通り。

イマイチ、盛り上げに欠けた。
道路のあちこちに食い散らかした食べ物の残りや、紙パック、プラゴミ、カン・ビンなどが散乱している。
朝からの熱風に蒸されて臭いがきつい。

朝からフラついていた少し乱れた若者(少年・少女?)が大きい声で、臭せーぞxxx市、臭せーぞxxx市と大声で騒いでいる。
こっちはその臭いごみを拾っているのに・・・

b0158170_12401889.jpg

しかし、確かに臭い。臭いのを前提に拾っているこっちだってかなり臭いと思っているのに、七夕を見に来ただけの若者にとってはかなり臭いと感じても当然だ。
大声で叫びながら練り歩いているのもどうかと思うが、この臭いのはだれが悪いのか。

売っている業者か、食べ散らかしてたマナー違反の人々か、実施母体か・・

世の中ずいぶん変わって七夕の使命も一区切りという意見もある。
大変なだけで地元は潤わないという話もある。
折角50年以上も続いた行事なので止めるのも残念という人も多い。

自分といえば、無くなったら当市の目玉はなくなる。
継続がベターと思うが、確かにやるほうは大変だよなあとも思う。
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-10 12:40 | コーラス | Comments(0)

昼風呂

2011年7月8日。

今年は梅雨入りも例年より10日ほど早かったが、6月の後半に入ってカラ梅雨の感じの日が多くなった。

連日真夏のような猛暑が続き、家にいると汗が止まらない。
特に、最近、会社への出勤を極力減らしたので、家にいることが多い。よって、暑さが身に染みる。
まだ、7月のはじめだというのに、33,34度の日々。これで真夏に突入したらさぞかし辛い日々が続くに違いない。節電でクーラーもあまり点けない。今までもあまりクーラーは好きではなかったが。

そこで、最近は午前中からお風呂に入る日が多い。
幸い、我が家は夜間電力のヒートポンプで24時間いつでもお風呂に入れる。
昼間から去年青荷温泉で買ってきた石油ランプをつけて、ゆっくりと入る。つもりが、まあ10分も持たないが・・・。そして、1日に3回くらい入る。

b0158170_125501.jpg

そのあとビールを飲み、昼寝と行きたいところだが、癖になるので、そこは我慢。
そもそも、昼寝をした後の寝起きがイマイチ悪い。
なんだか、すごく暗ーい気持ちになって、頭がぼんやりして、気分が優れない。あの感じは好きでない。
従って、昼寝はしても15分程度と決めている。このくらいならまあまあの気分。

今年は畑の生育がかなり悪い。
輪作の影響というが、ついにスイカの2本の苗は消滅。カボチャも風前のともしび。
ピーマン、イマイチ。なす、なんとか。トマトだけがまあまあだが・・・
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-08 12:56 | 日々 | Comments(0)

津軽半島 最終日

2011年7月2日。

実は、乳頭温泉は今年の春、妻と来る予定をしており、旅館も予約済みだった。
それが妻の入院や大震災の影響でキャンセル、その乳頭温泉にサイクリングという形で来るとは思わなかった。

折角、青森まで来たのだから、少し寄り道をしようということになり、実現した。
ということで、今日の目玉は「乳頭温泉」「田沢湖」「角館」・・・
なんだか吉永小百合と逢えそうな風情。

乳頭温泉K旅館から田沢湖までは20kmほど。しかも、昨日はバスで高度を稼いでおいたから、今日は下る一方のダウンヒルが待っている。ここは海抜780m、田沢湖は250mほどだから一気に500m強を下る。単純平均すると高さ500m÷距離20000mで傾斜率は2.5%ということになる。
空は梅雨だというのに抜けるように青い。おまけに車も少ない。

b0158170_6383627.jpg
途中、ブナ林が広がる。ところどころに砂防用のミニダムがあったりして、丁度、新緑から深い緑へと切り替わる夏山のすがすがしさが辺りに充満していてすこぶる快適なダウンヒルとなった。
ほっとけばあっという間に30㎞から40㎞のスピードになってしまうが、そこはうまくブレーキを使い分け、コンスタントに30㎞ほどを維持。しかし、田沢湖までは30分ほどで着いてしまった。

田沢湖は周知のとおり深さが423mもあり日本でいちばん深い。確かに、岸から一気に深さが切れ込んでおり、なんだか怖い。
田沢湖で有名なのは深さと透明度とたつ子像、それに最近ではクニマスだろう。

b0158170_6393398.jpg金色に輝くたつ子像とはどんなものかと興味があった。
美術を愛する?ボクとしてはその造形がどんなものかをこの目で確かめたかった。
昨年の十和田湖の乙女像と比べてどんな感じなんだろうか…
たつ子像とは解説によるとこうだ。

田沢湖のほとりに辰子という名の娘が暮らしていた。辰子は類い希な美しい娘であったが、その美貌に自ら気付いた日を境に、いつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。
辰子はその願いを胸に、村の背後の院内岳は大蔵観音に、百夜の願掛けをした。必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。狂奔する辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。
自分の身に起こった報いを悟った辰子は、田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。
辰子の母は、山に入ったまま帰らない辰子の身を案じ、やがて湖の畔で辰子と対面を果たした。辰子は変わらぬ姿で母を迎えたが、その実体は既に人ではなかった。
悲しむ母が、別れを告げる辰子を想って投げた松明が、水に入ると魚の姿をとった。これが田沢湖のクニマスの始まりという。

また、更にこういう話もある。
北方の海沿いにある八郎潟。ここは、やはり人間から龍へと姿を変えられた八郎太郎という龍が、終の棲家と定めた湖であった。しかし八郎は、いつしか山の田沢湖の主・辰子に惹かれ、辰子もその想いを受け容れた。それ以来八郎は辰子と共に田沢湖に暮らすようになり、主のいなくなった八郎潟は年を追うごとに浅くなり、主の増えた田沢湖は逆に冬も凍ることなくますます深くなったのだという。

湖の北岸にある御座石神社には、辰子が竜になるきっかけとなった水を飲んだと言われる泉がある。ここも拝んできた。
たつ子像は湖の中に建っており、あたりの自然の色と似つかわしくないまさに金色だった。しかし、さすがに美しい。
左足を少し折って少し首をあげ遠くを見ているたつ子、たつ子伝説のイメージとは少し違った現代的な風情ではあるがフォルムとしての立像は感動ものだ。特異な存在感と造形美は群を抜いている。

田沢湖から角館まではこれも多くが坂道で快適なツーリング、乳頭温泉から角館の武家屋敷街に入るまでおよそ45kmほど。ほとんど坂道で快適ではあったがなにしろ暑くて参った。
天気が良すぎた。

角館は昨年冬に来て以来の2度目。
雪の角館とは一味違う夏の角館を堪能できた。
結構、中国・韓国からの外国からの観光客も多く、震災の影響もいくらか落ち着いてきたのかとも思う。
しかし、角館もこの武家屋敷があるから観光地として成り立ているが、もしなかったらフツーの町だ。似たようなことは日本中どこでもある。
やはり、ある思いを持って財産(歴史や産業、風俗風習)を活用し活性化することの大事さを強くした。

b0158170_640135.jpg角館15:49発こまち132号東京行に無事乗車し、東京に着いたのは20:04分。

久々に我が家の風呂に入り、家族と合流。家の中は思った以上に変わってなく、わずかにゴーヤの苗が30㎝ほど伸びていたのでありました。
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-07 06:30 | 旅・サイクリング | Comments(0)

津軽半島3日目

2011年7月1日。

早いもので今日で3日目。少し疲れてきたような、しかし、旅にも慣れてきたような。
今日の行程は十三湖から金木まで行って、その後は電車を乗り継いで、疲れを考慮したお手軽コースを考えた。

つまり、7時にK旅館を出て、金木を目指す。金木までは26㎞。従って9時半ごろには金木の斜陽館に着くはずだ。1時間ほど見学し、10:30に斜陽館を出て10:55金木発津軽鉄道五所川原行に乗る。五所川原11:20着、さらに五能線11:28発に乗り換え、川辺で12:05下車、奥羽本線に乗り換え川辺13:05発で新青森まで行く。新青森ではやて130号東京行14:28に乗り込む。盛岡で秋田新幹線に乗り換え田沢湖からバスで乳頭温泉を目指す。これが本日の基本コースとなった。結構、長旅。
川辺で1時間ほどの待ち時間がある。昼食といきたいが、さてどれほどの大きさの町か。

天気はまずまず、本来なら進行方向に岩木山が見えるはずだが、残念ながら遠望は望めなかった。昨年、界隈を車で走ったとき、遠望する岩木山は素晴らしかったのに。

K旅館からはずっと快適な道で車も少なく自転車のスピードメータは常時25㎞ほどをさしていた。快調に飛ばす。背中の10㎏ほどの荷物は少々厄介だがそれ以外は快適そのもの、国道339号線を金木を目指す。

途中ヒヤッとした。339号の広い路肩を20㎞ほどで走行中、細い路地から黒いランクルが出てきた。相手もびっくりして急ブレーキで止まった。当方はブレークで止まる距離で無くハンドルでかわすしかなかった。
多分、1/10秒タイミングがずれていたら軽く接触したかもしれない。1/2秒のずれだったら
飛ばされていたかも。まあ、怪我なく良かった。気を付けなくては。

b0158170_1547816.jpg

ランクルのお兄さん?もしかして半井小絵似の美人ドライバも肝をつぶしていたかも。だって、向こうだってこんな田舎道の路肩を自転車が時速20㎞ですっ飛ばしているなんて夢にも思わなたっかだろう。上から見たら当方の後輪とランクルのバンパーが15㎝の間隙で回避していたか!?クワバラクワバラ。

道が良かったせいで9:30着の予定が8:35頃には斜陽館に着いてしまった。
8:30に開館した斜陽館にほぼ一番乗り。早速見学する。
実は昨年の6月に妻と斜陽館に来た。まさか、丁度1年後に再訪するとは思わなかったがお蔭でゆっくりと見ることが出来た。

太宰とその作品、太宰をめぐるいろいろな出来事は語り尽くされている。
鎌倉小動での田部シメ子、内縁の妻小山初代、石原美知子との結婚、太田静子との生活、山崎富栄との玉川上水入水など女性を巡る話には事欠かない。
一方で作家としての才能をいかんなく発揮し流行作家としての確固たる地位を確立した。
才能のあった人なのだろう。
ちなみに、今回のツアーで小生は「津軽」を、N氏は「斜陽」を図らずも持参していた。

予定より1時間ほど早い行程になったので、作戦変更し、とりあえず五所川原まで自転車で行ってみるかということになり、10時少し前に金木を出発。五所川原までは12㎞ほど、1時間もかからないだろう。そこから先はコンディションで決める。

途中、油川へ27㎞の表示が。油川は来るときここから津軽線に乗って三厩に行った駅だ。
時間は少々予定より早い。結局、油川に行こうということになり、電車利用のお手軽コースを変更し、当初計画に近い自転車コースを取ることになった。

しかし、山越えがある。さて、どのくらいの山越えか。
パソコンで調べれば「ルートナビ」をいう便利なソフトで距離と標高差等が一目でわかる。
しかし、今あるのはチャリナビだけ。高さまでは分からない。途中おじいさんに聞くと500mはあるからとても無理だという。 「んだ!すげえ山さあるだ。」 今一つ、信頼性に乏しい。
もう一人に聞く。大丈夫ですよ。行けますよ。いとも簡単に言った。
では、油川を目指すかと、山道に入る。

確かにきつかった。峠ではチャリナビが標高280mをさしていた。途中、ソロの若者が簡単に我々を抜いていく。峠は先ですか!?そうですねまだありますよ!確かに。峠まではしばらく急坂を上ることになった。
あれが峠かと思うこと3回余り。やっと峠に出た。海が見える。素晴らし光景が広がる。
峠からのダウンヒルは快適そのもの。登り1時間強を、下り30分たらずで降りる。
油川13:00到着目標が12:00過ぎには着いてしまったように思う。

今日の走行距離は約60㎞。おまけに峠越え。結構きつかったが、サイクリング実感の充実したコースとなった。
予定通り、14:28のはやて130号に乗り、盛岡を経由し、秋田新幹線の田沢湖駅へ。
そこからバスに乗り、秘湯で有名な乳頭温泉に。
久々、大きな露天風呂で3日間の疲れを癒すことが出来た。
乳頭温泉。いい名前だなあ・・、長い間の憧れの温泉でもあった。

b0158170_15475710.jpg
b0158170_15503298.jpg
[PR]

by yahhosaito | 2011-07-04 15:50 | 旅・サイクリング | Comments(0)