yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


稲の刈り取り

2012年9月30日。

台風17号が本土直撃で、午後から雨の天気予報だが、今のところ太陽も出ていて、「やるか」ということになった。
すでに、町内回覧でアナウンス済みということもあって決行することになった。

何とか午前中もってくれれば、100坪足らずの田んぼなので終わるはず。
結局44名が集まってくれて、稲刈りが始まった。

約1時間で刈り取りが終わり、掛け干しの作業も1時間ほどで終わった。
「掛け干し」。いまこんなことは殆んどやらないという。電気で乾燥するのだそうだ。
しかし、自然乾燥はお米にとってはいいのだそうだ。

今回の栽培は自然農法、有機肥料、無農薬にこだわってお米作りをした。
だから干すのも自然乾燥にこだわった。
今こんな、風景はあまり見ない。

収穫祭を10月下旬に行う。自然乾燥して、脱穀して、精米する。
稲の耕作は縄文時代からだという。すると2000年以上前から稲作をやっていることになる。すばらしい人間の知恵の結晶ということが少し分かった。

b0158170_19341731.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2012-09-30 19:33 | 地域 | Comments(0)

六本木ヒルズ

2012年9月29日。

妻と二人で六本木ヒルズにある森美術館に行ってきた。
1年ぶりかもしれない。

55階?に展望台があってかなり眺めがいい。特に今日は空気が澄んでいて結構遠くまで見える。
スカイツリーはもちろんのこと、眼下には東京タワー、ヒルズのマンション群、新西洋美術館、増上寺、上の界隈、そして遠くには海ほたる、千葉の対岸、横浜方面など。

b0158170_20483932.jpg

見ていて思ったのは、結構緑が多いことだ。
皇居を筆頭に、新宿御苑、赤坂御用地、浜離宮などなど・・・
点在して小さな公園の緑も結構多い。

地方都市やいなかに比べればそれは圧倒的に少ない緑だが、大都会の潤いの緑地としてはそれなりの数があるように思えた。

かつて、お茶の水の10階にいたころ、そこから見える景色多ほかなり違うように感じた。
確かに、お茶の水の本社ビルの近くにはニコライ堂があり、小さな公園や銀杏の街路樹もたくさん植わっていたが、その風景とは明らかに違う。
あすこから見た風景は、たまにビルの隙間から富士山が見え利したが、基本的にはビルの林立するコンクリートジャングルだったような気がする。

ここ六本木ヒルズの展望台から見える風景はかなり自然の気配が感じられる。
遠くに海も見えるのがそうさせているのか。
根本的に違うのは高さからの角度だろう。
この高さから見るとかなり鳥瞰図的に俯瞰できて全体が見えてその中にビルや公園や海が点在する。
こういう眺めはいつまで見ていても飽きない。

夜景は特にいいという。

美術館では「アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る」というのをやっていた。
通常の絵画展とは少し違って、アラブに住む人々の日常と社会の現実を、いろいろな形の表現を通して表現していた。

かなり考えさせられる映像もあった。
日本はまだ安全で安心な国だと…

1時間少々の見学だったが、1日じっくり見るといい勉強になるかもしれない。
[PR]

by yahhosaito | 2012-09-29 20:42 | 日々 | Comments(0)

夕焼け

2012年9月24日。

朝から涼しかったので、そうだ、今日は午後から薪割りをしよう。
1か月ほど前に近所の大先輩から頂いた丸太の玉切りだが、雨ざらしになっていて何とかしようと思ったいたが、今まで余りにも暑すぎた。
一部にキノコが生えてきた。これはきっとまずい。

切り出してから3年以上もたっているので、木の繊維が固く締まって斧ではなかなか割れない。
チエンソーを持ち出して、強引に薪を作った。
途中までチエンソーで切っておいて、斧で一撃を加える。これが一番いい効率かも。

わが斧は頭が2㎏以上もあるので、多分100回以上振り下ろした。
2時間もやるとくたくた。風呂に入った後、体重を測ったら2㎏も減っていた。
しかし、2時間ではまだ半分。今日はこれであきらめ、残りは明日の仕事としよう。

終わった後のビールはやっぱり美味い。

夕方、ぶらぶらと30分ほどサイクリングに出た。
夕焼けが綺麗だった。1分ごとに空の色が変わっていく。
これからは秋の空。ますます綺麗になって行くだろう。

b0158170_18294042.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2012-09-25 18:33 | 日々 | Comments(0)

湘南国際マラソンボランティア

2012年9月23日。

今日は今までの暑さから打って変って肌寒いくらい。21度とかいう。10度も低ければ寒いのは当然。雨も朝から降って、なんだか涼しいのはいいが嫌な気分。

げんきんなもので暑さが恋しい気分なのでした。

この寒い雨の中、9:25分集合で茅ヶ崎の市民センタに湘南国際マラソンボランティアの説明会に行くという。
マラソンが最前線で見られるよという決め台詞に乗っていとも簡単にボランティア参加を決めたが、説明会でいろいろ聞いていると結構大変そうだ。少し早まったか!

今回は7回目だそうで、20,000人以上の参加が予定されている。
規模の大きさから言うと①東京マラソン②nahaマラソン③かすみがうらマラソンに次いで国内4番目の規模なんだそうだ。

ボランティアの内容はコースの監視。20,000人ものランナーが狭い道路を走るのですごい迫力とか。
我が家の娘も過去2~3回選手として走ったことがあるがこれが結構いい感じなんだとか。

どんな具合なのか写真を見てみた。こんな感じ。確かにすごい人!!
b0158170_21354768.jpg

 タウンニュース社のHPから

[PR]

by yahhosaito | 2012-09-23 21:39 | 地域 | Comments(0)

進まぬ薪割り

2012年9月14日。

相変わらず暑い日が続き、かなりウンザリだが、お蔭で作業が停滞している。
先日頂いてきた古い倒木の薪の材料がそのままの状態だ。
置く場所がなく、ついに門のすぐ裏の僅かなスペースに仮置きして、もう一カ月。

この木は、知人の家の庭木で、3年ほど前に大きくなりすぎたので切り倒し、庭に転がしてあったが、道路の拡幅で庭が削られることになり、いよいよ処分せざるを得無くなたとのこと。
貰ったはいいが、なにせ3年もたって乾燥しきっているので、斧で叩き割ってもびくともしない。仕方なく、チエンソーでぶった切ろうとしているが、なにせこう暑くてはファイトが湧かない。

それにしても、樹は切り立ては水分でたいそう重いし、枯れてくれば、斧がなかなか歯が立たない。どうもここ2年の僅かな経験によると、やはり重くても早めに割るのが正しいようだ。
そうはいっても、節でもあるとこれまたなかなか割れないので、最近は電動薪割り機を物色中。高いのは勿体ないので、安くて頑丈なものを探している。量はそんなに多くないので多少割る時間がかかっても我慢しよう。

問題は庭が狭いので薪割り機を置く場所と、割った薪を積み上げておく薪置場。
わが家もあと20坪広いと嬉しいのだが・・・。
とにかくこんな状態でもう一か月。

b0158170_16493084.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2012-09-14 16:52 | 薪ストーブ | Comments(0)

あれから1年半

2012年9月11日。

911と言えば2001年に起こった同時多発テロ。あれから11年が経つ。早いものだと言ってしまえばそれまでだが、確かに以来色々なことがあった。わが家でも、両親の介護と葬儀、自分の定年退職、子供たちの就職があり、結婚があり、大小の病気や手術もあった。

来るぞ来るぞと身構えた2000年問題もずっと過去の話になって、やがて、昭和は遠い過去の物になて行くのか…

今日は東日本大震災からちょうど1年半に当たる節目の日でもあって、新聞で特集が組まれていた。
「進まぬ復興」「原発汚染水1年で3倍」「人口流出に拍車」などなど

一度、現地に行ってお手伝いは出来なくとも、自分の目で現状を確認しておきたいと思っているが、いまだに実現していない。たぶん、自分の目で見ておけば、色々な点で認識が違てくるに違いないと思う。

津波も悲惨的な状況だが、あの映像を見てしまうと、どう対処しても限界があるなと思ってしまう。この辺は仮に10mの津波が来たら、市街地のかなりの部分がやられる。まずは命が最優先というつもりでやらないと、あれもこれもという訳にはいかないと思う。

一方、収まりつつあると思っていた原発は報道によるといろいろと問題があるらしい。
原子炉を冷却するための汚染水は総量で80万㎥という。循環して再利用しているがそれでも80万㎥。
ざっくりいうと、50mのプールに約200杯分だ。メルトダウンした3基の原発から相変わらずすざまじい放射線が出ている。
格納容器内では73sv、建屋内の1.6~10svというから、すごい線量だ。

だいたい、我々の地域では0.04μsv/毎時だから、1年間に受ける線量は、仮に計算すると、0.04/μsv×8h×365日=116.8μsv、およそ0.1msv位。
その他、色々な所から放射線の影響を受けるから、年間1msvが最大許容値という事になっている。例外的にCTスキャンを受けたり、飛行機に乗ったりすると10msv位の事もあるらしい。

データによると1svで嘔吐、7svで死亡とある。1svは1msvの1000倍。
この辺の人はまず心配ないと思うが、現在、原発の中で働く作業員は3000人以上というからこの人たちは、放射線の被ばくと戦いながら作業をしている。防護服は毎日使い捨てだという。あと何年したら落ち着いてくるのだろう。遠くから祈るばかりに作業を見つめるだけで何もできないが、原発がなくても済むように、電気を使わないという事だけなのだろうか。

原発是非論はいろいろ立場や考え方によって有ると思うが、こういう事故を目の当たりにすると、国策の問題、原子力技術者の問題、co2の問題、対アメリカとの問題、メーカーや雇用の問題等々、色々あると思うが、それを封じても無くすべきだと思う。
今すぐという訳にはいかないので、少なくとも2030年にはずべて廃炉にするというのが正解だと思う。世論も8割以上がその様だ。

官民学、一体となって、多分あと20年あれば、かなりの代替策が出来ると思う。
自然エネルギー、ソフト的な工夫、単なる節約、ハード的な工夫、新しい設備の開発・・・、

一歩間違えば、10倍以上の被害が出たかもしれない。福島第二原発だって、女川原発だって紙一重だったというし、あの日、風向きや気象が少し変化していれば、更にすざまじい大災害になっていたとも限らない。

責任の取れない、修復の方法が分からない技術は人類にとって致命的な結果をもたらすことがある。
[PR]

by yahhosaito | 2012-09-11 12:20 | 日々 | Comments(0)

ランドセルとダレス鞄

2012年9月3日。

今朝の新聞に、これから小学校に入る準備のためのランドセル特集が載っていた。
なかなか見ていても思い入れのある懐かしいランドセルだが、値段が恐ろしく高い。2万円以下のものはなかなか少なく、ちょっとしたものは5万以上もする。

まあ6年間、ほぼ毎日使うのだからいいかという思いと、買うのはじーちゃんばーちゃんが多いだろうから孫のためにいいものをという気持ちがあるかもしれない。自分もその時期になったら金に糸目をかけずにというパターンに陥ることも予想される。

考えてみると現役時代、かばんには少し思い入れがあって何個か所有した。
浅草で買った少しいわくのありそうなフランス製のアタッシュケース、これは鍵のところが少し凝っていて、開けるときのバシャという音がなんとも気持ち良かった。
鍵が2か所にあるが、それぞれ3ケタの数字を合わせるのに3つのダイアルがあった。従って開けるには6箇所のダイアルをセットする。ロックを外すとフックが勢いよくいい音を立てて跳ね上がった。右のダイアルは双子の娘の誕生日。左も娘の誕生日。24時を境に生まれたので日にちがい日違っていた。118と119。

他はほとんど日本製だが、結局長く使ったのは、サムソナイトのアタッシュケースとダレス鞄。

それぞれ、とっかえひっかえで20年以上は使ったと思う。

サムソナイトのアタッシュケースは堅牢だから、とにかく押し込めるだけ押し込んで上から踏んづけると蓋が閉まった。
だから結構収納できて、一泊の出張はこれだけで済ませることもできた。固いので混んでいるときは立てた状態にして椅子代わりに座ることもできたし、机代わりにメモを書くのに都合がよかった。
もっとも本社で大事な発表会の時に蓋が開かなくなり、青くなってお茶の水の駅前にあるかばん屋に飛び込んで、こじ開けてもらった記憶もある。

ダレス鞄はこれも長く使った。途中で持つところが壊れ、修理に出したがあとは丈夫で長持ちで、便利に使った。これも収納力は凄く、何でも入った。特に、蓋を開くと中が丸見えになり、探すのがとても簡単だった。こすれて革が擦れてくると補修用の黒いクリームを塗って綺麗にした。
b0158170_11151116.jpg
ダレス鞄は最近は若い人も持っていることが多くなったが、本来中高年以上向きかもしれない。
言うまでもなくアメリカのダレス国務長官が使って有名になたものだが、なかなか雰囲気があっていいものだと思う。

20年以上前なので40歳前だったと思うが、本社から来た幹部を接待するために宴席を持ち、その帰りに幹部見送りのため、2階から車寄せのところまで下りてきた。
時のA総務部長は2階に置き去りにされているダレス鞄を見つけ、これはてっきり幹部が忘れたのだと気を利かしダレス鞄を大事そうに抱えて下に降りてきたものだ。
A総務部長;かばんをお忘れに・・・、
本社の幹部;いや、私のはここに、、、
私;部長、そ、そ、それは私の、、、
総務部長;・・・・ (紛らわしいの持っているな!!!)

そのあと、私とA総務部長はどういう訳かなかなかいい関係になってかわいがってもらった。

鞄もスーツも靴もビジネスマンにとっては大事な小道具だ。場合によっては大道具かも。
だから、いいものを持ちたい。
買うときは高くても、おそらく安いものの3倍以上は長持ちする。だから、3万円のものは10万円のものを買って3倍以上長く使う。

そうはいっても使えるお金は僅かなので、これはというところに特化して使うのがいいかもしれない。やはり良いものは使い勝手がよく、堅牢で、美しい。

鞄も最近は持つことがほとんどなくなった。アタッシュケースもダレス鞄も出番はないが捨てる気には今のところはなれない。まあそのうち完全なお払い箱と思うが、、、
[PR]

by yahhosaito | 2012-09-03 10:52 | 日々 | Comments(0)