yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


もうすぐ第九

2012年11月29日。

今年9月から始まった第九の練習、本番が近づいた。
12/2(日)14:00~平塚市民センターで開催する。

第九は初めての参加で、前から一回やってみたいと思っていた。
なぜなら、いつも年末に聞いていていつかは歌ってみたいなあと思っていたし、あのオーケストラと合唱団の中で聞けば素晴らしく、感動的なのではと思っていた。

練習は15回ほどあり、100人くらいが参加する。本番はたぶん200名以上の合唱団になる。
パートはバリトン。1回2時間半の練習。
実はやって思ったのは、いつも第九を聞いて耳に残っているのはソプラノのメロディ。バリトンはだいぶ第九のメロディと曲が違う。したがって、メロディを覚えるのに一苦労。

b0158170_771859.jpg

テープにとって何回も何回も聞いているが、ドイツ語もなかなか覚えられない。
ただ、ドイツ語といっても実際は似た歌詞の繰り返しが多いので覚える言葉はA4の半分程度のボリューム。

練習でも100名くらいの大合唱に中で第九を聞いていると、素晴らしい。感動的だ。
第九を作曲したベートーベンはまさに天才だと思う。楽譜を見てよくあんなものが書けたと思う。

第九は日本で年末に多く演奏されるが、その背景は、戦後まもない頃、オーケストラの収入が少なく、楽団員が年末年始の生活に困る状況を改善するため、合唱団も含めて演奏に参加するメンバーが多く、しかも当時(クラシックの演奏の中では)「必ず(客が)入る曲目」であった『第九』を現在のNHK交響楽団が年末に演奏するようになり、それが定例となったということだ。

墨田川の向島の芸者さんたちが第九を歌うということで昔有名になったことがある。
歌詞を覚えるのに語呂合わせで、フロイデ!という部分を「風呂出て・・」といった感じでストーリを繋ぐとかだったが、芸者さんは歌のプロ。きっと素晴らしいソプラノを歌ったのではないかと推測する。

合唱のなかでソプラノのパートには感心する。よくあんなに高い声が出るものだ。

メンバーの中には10年以上歌っている人も多いらしい。1年目は半分クチパクでいいのよ!という言葉に気持ちを取り直し、本番を迎えたい。
さて、どうなることやら…トホホホホ、、、、
[PR]

by yahhosaito | 2012-11-29 07:08 | 日々 | Comments(0)

ゆうゆう展はじまる

2012年11月20日。

藤沢でやっている油絵のサークル「ゆうゆう展」が今日から始まった。25日の日曜日が最終日。

出した作品はF10号、F20号とP20号。
Pサイズは初めて。たまたまキャンバスを買いに行ったらF15がなかったので今日は「人物」なので試にPサイズをやってみるかと買ったもの。
しかし、「額」のことは念頭になかった。

b0158170_851050.jpg

ところが、割合とうまくいったので、展示会に出すことになり、さて額をどうするかで、N氏に聞いたところ、P12の額があるという。それでは借用させてと依頼し、展示会で飾ろうとしたところ、なんとP12のつもりでいたが、額にはめてみると合わない!

すっかりP12と信じ込んでいたが、実はP20だった。

藤沢の世界堂に行ったらPは無いという。平塚のユニディに電話したら、3点在庫がありますという。
さっそく、平塚まで買いに走った。

何とか無事にセットしたが、またアクシデント。
未解決!!

展示の当番が11/22と24の14:00から。

お暇なら見に来てください。


PS:
F20はNude。
b0158170_883154.jpg組んだ足が描けていなかったので、自分の足をデジカメ自動タイマーで撮影。それを基に描いたがうまくいかなかった。妻にさんざんコケにされた。
[PR]

by yahhosaito | 2012-11-20 08:11 | 日曜油絵 | Comments(0)

湘南ベルマーレ

2012年11月4日。

16時から湘南ベルマールのホームでの試合があった。相手はガイナーレ鳥取。 

妻も見に行くという。先に行って、最上段に席を確保した。
湘南ベルマーレは現在J2で3位に位置している。今日勝って上位が負ければめでたくJ1リーグに昇格することになる。昇格すれば5年ぶりだ。
ヴァンフォーレ甲府が1位、2位に京都サンガF.C.がいる。

前半は0-0で折り返した。
なかなか点が入らない。シュートも少ないようだ。やがて、日が落ちてあたりは闇に包まれ、競技場だけが明るいライトで浮き上がっている。

b0158170_17404819.jpg

後半、わが地区に居住する古橋選手が出てきた。応援にも一層の熱が入る。
立ち席のサポータ席はまさに大合唱。歌いっぱなしでサポーターが波打っている。
こちらは自由席で座席があり、比較的おとなしく応援しているのだが、すぐお隣の4人組は10代と思われる女性軍だが、応援歌の大合唱。

歌の間は大きな声で怒鳴っている。
何してんだよー!走れ!そらー!行けっつ!!高山!!大野!中村~~!といった感じ。
ルールもよく知っている。

こちらはあまり良く分からない。

後半戦の終了3分ほど前にキリノがシュートを決めた。1-0。
そのまま、3分のロスタイムをクリアーし、勝利を収めた。
これで、J1昇格がさらに近づいてきた。

次は町田でFC町田ゼルビアと対戦する。
時間があれば行きたいが、、、少し無理か、、、、
[PR]

by yahhosaito | 2012-11-05 17:12 | 日々 | Comments(0)

湘南国際マラソン

2012年11月3日。

湘南国際マラソン。第7回とか。
このサポートスタッフのボランティアに参加した。
仕事は沿道で選手の誘導や案内。応援者の整理、傷病者の早期発見や通報といったところ。

まあほとんどは応援だ。
選手に沿道でがんばれと声を掛ける。初めての経験でいい勉強になった。

なにせ、選手は23,000名というからすごい。
最初に車いすの選手が現れる、続いて、ハーフマラソンの選手、そのあと、10kmの選手、最後に42.195kmのフルマラソンの選手が走ってくる。
コースで混戦しないように時間差を持ってくるのだが、最終的には混戦して各種目並走の状態が続く。

このコースは箱根駅伝でおなじみのコースだが、大磯から江の島までの42.195kmが設定されている。
我々は平塚のB2という地区で、ちょうど平塚の海岸プールから少し大磯に寄ったところ。
10kmコースのちょうど折り返しの地点でもある。

行楽の土曜日の8時というと通常は行楽車でごった返す時間だが、交通規制がかかって、車は皆無。
少し異常な光景だった。車が全く来ない。規制しているので当たり前だが、いつも見慣れた光景と明らかに違う。

50年ほど前の光景を思い出した。
小学生のころ。ここR134は昔、遊歩道路といった。今の景色とあまり変わらないのだが、どういうわけか遊歩道路。実は今とほとんど変わらない実に整備された自動車専用道路が50年前からあった。
素晴らしい道なのに車がほとんど来ない。
今日の規制されたR134と同じ光景。

理由は聞いた話によると、この道はある種の軍用道路で、戦車が通れる道だったのだそうだ。その前提で道が作られたらしい。両側を松林で囲まれたコンクリートの幅広い道がどこまでも伸びていた。
そうだったのか。中学生のころ聞かされてそう思った。
時々走ってくる乗用車の車種の名前をを当てるのが当時の中学生のかっこよい?遊びでもあった。
トヨペット、日産、ルノー・・、乗用車はそんなところだった。クラウンはあったが、まだブルーバードはなかったと思う。

そんな、景色が今日の舞台だ。

b0158170_18264877.jpg

やがて、選手の大群が地響きとともにやってきて、江の島方向に向けて走っていく。
スタート時点から、5㎞程の所なので、多くは元気いっぱいだが、すでに疲労困憊の選手もいないわけではない。それにしても、白いゼッケンの選手はフルマラソンの選手、さっそうと走っていく。
市民ランナーなので、仕事を持った人たちがだが、いつの間にトレーニングをして、こういう体力をつけているのか。42.195㎞を走り切ろうというのだから、並大抵ではない。歩くだけでも相当なものだ。
尊敬してしまう。

かくして、6時間を過ぎる頃、そろそろ、時間切れとなる。関門という。ここを既定の時間に通過しないと、失格ということになる。
つれない制度だが、交通規制もあるから仕方ないか。

フタッフの最大の仕事は、選手に対する最大の笑顔と声援という。
それに応えるべく、勤めたつもり。

中学時代、陸上部に所蔵していた。
ショートマラソンや駅伝に出たことがあるが、確かにうれしかったのは沿道の声援だった。
走っているとき、聞こえないようだが、実は選手にはすごくよく声援が耳に届いている。そして、それはうれしい。

そんな声援が少しは選手の励みになったのだろうか。
笑顔で応えてくれる人もいるが、多くは無表情で通過する。聞こえているわけではなく、余裕がないだけ。
顔には出していないが、すごく嬉しい。自分の経験ではそんな気持ちだった。

約8時間の立ちっぱなしの活動は結構疲れた。
[PR]

by yahhosaito | 2012-11-03 18:27 | 日々 | Comments(0)