yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


飛行機雲

2013年1月30日。

昨日からカンツォーネ仲間の4人で塔ノ沢一の湯に行ってきた。
お酒をたくさん飲んで、温泉に3回も入っていつもながらに満足満足。

何だか、現役組の若い人たちに悪いくらい。
厳冬期のはずが、今日は風もなくなんだか春のよう。

4人のうちの一人が現役時代、富山と金沢に転勤で住んだことがあったという。
いろいろ話しているうちに、富山の神通川の話になり、「じんずうがわ」云々と話していると、Sさん(つまり私)はよくじんずうがわと訛りましたね、という。

そう、昨年、富山のイタイイタイ病資料館でいろいろと見ているうちに、じんつう川でなく、じんづう川と訛るのだと知り、以来、じんずうがわと言ってその仲間に話した。

彼は、富山時代に、会社の関係で、葬儀の司会のようなものをやり、じんつう川といったら、地元の方ではないですね!と言われて、地元ではなまるのですと教えられたそうだ。だから、それ以来、じんずう川。

鉱毒に苦しんだ地域の歴史。

箱根からお昼前には家に戻って、自転車を修理にだし、その後に、夕方あまり天気がいいので郊外に出た。
ちょうど夕日が沈みかけて、日没となって、空が染まり出した。

b0158170_21414630.jpgすると、気が付かなかった、飛行機が飛行機雲を残して富士山方面に向かっている。
しかも次から次へと飛んでくる飛行機。なかなかいい眺めだなあ。

だれが運転して、だれが乗っているのだろうか?
そもそも旅客機か軍用機か?

上からもきっと素晴らしい眺めに違いない!
[PR]

by YAHHOSAITO | 2013-01-30 21:45 | 日々 | Comments(0)

カンツォーネの発表会

2013年1月26日。

今年も中央公民館の「ちゅうおうfesuta」に参加し、歌を歌った。4曲。
「サンタルチア」「帰れソレントヘ」「オソレミオ」「フニクリフイクラ」、いつもの定番の曲ばかり。

今までは楽譜を見ながらの本番が多かったが、楽譜があるとついつい見てしまうが、昨年の暮れにやった「第九」は暗譜だったので、その癖でカンツォーネの方も暗譜でやることが多くなった。
結構、できるものだと思う。その方が顔が正面に向くから、大きな声が出せる。

本番にも慣れた。かれこれステージに立つのは10回ほどになったかもしれない。
緊張の後の達成感もなかなかいいものだ。

それにしても、こういうステージにフラダンスが多い。

b0158170_8452892.jpgステージの袖からの順番待ちで見ているのだが、比較的年の行ったご婦人が踊っている姿はなかなかいいものだ。
若い人のフラもそれ以上にいいと思うが、年寄りも悪くはない。

ステージが終わった後、カンツォーネクラブの新年会があった。
先生を囲んで2時間ほどおしゃべり。

それにしても、今日は寒かった。外は7度ほど。
外で16:00から約1時間駐車場係をしたKJさん、KDさんは凍えていた。

家の2階は日当たりがいいから天気のいい日は温室となる。
半袖でもいいくらい。
娘が嫁いだので、空き部屋になっている。
半年くらいほったらかしになっていたが、思い切って片づけた。
机と化粧台はまだ残っているが、箪笥や本箱を片付けたら結構広くなって、遊ぶにはちょうどいいスペースができた。

次回のアサカルに持っていくキャンバスの地塗りをした。
ここはアトリエになるかもしれない。
いや、カミさんの裁縫室か!?

b0158170_8455394.jpgベランダに災害時要援護者のための車いすが並んだ。
近くのケアハウスから頂いたもの。回覧を回したら即反応があって譲ってもらった。
富士山の噴火も近い?近々地球のそばを小惑星が通過するらしい。平和の陰にリスクあり!
[PR]

by yahhosaito | 2013-01-27 08:49 | コーラス | Comments(0)

多摩川に沿って羽田空港

2013年1月17日。

娘の出産、引っ越し等で、暫く、遠乗りをしていなかったが、少し時間も出来てきたので、多摩川に出かけた。

登戸まで輪行し、そこから自転車で羽田まで約25kmほど。
登戸に10:00に待ち合わせ、改札を出た駅のコンコースの隅で自転車を組み立て。
今回は昨年秋に買った輪行袋を初めて試す。5000円強だったと思うが、薄手なので丸めると牛乳瓶大になる。便利。

自転車が組みあがる寸前に構内パトルール?のおじさんに叱られた。
「こんなところに自転車を置かないでください!」少し、険のある言い方だった。
中学生に言うのではないのだから、もう少し言い方があると思ったが、そこはにっこり笑って「すいませんすぐ動かします。」と言って、内心はコノヤローと思った。
こんなところといっても、そこはコンコースの隅の人の混雑とは無縁のところ。
場の状況をみれば、こんなところに自転車を置くのか、組み立てのために一時的に作業しているのか分かりそうなものだが、まあルールにシビアなおじさんなのだろう。

最近は、怒られてもカッとせず、にっこり笑って対応ができるように少しなってきた。
年を取ったせいか、人間が出来てきたせいか!?

登戸から多摩川まではほんの1~2分。すぐに土手に出た。
ところが、小田急の中でも感じたが、雪が多い。14日の成人の日に降った雪がこの辺は10cm近く積もったのだろう。3日たってもかなりの雪が残っている。
幸い土手の舗装してあるところは何とか走行できる。

成程、話には聞いていたが、多摩川沿いのサイクリング道路は気持ちがいい。
今日は平日なので少ないが、休日はさぞかしと思った。

b0158170_8475682.jpgあっという間に川崎の駅を過ぎ、羽田に。飛行機の離着陸がよく見えるようになった。
昔から飛行場が好きだった。確か小学生の卒業文集に将来の夢はパイロットになって世界中行ってみたいと書いた。
もちろん実現はしなかったが、飛行機には何度か乗れた。当時は、生涯乗れるとは思っていなかった時代だ。

クラスにWさんという勉強ができる女の子がいて、彼女は新聞記者になると書いた。彼女はその後、東大に行って「主婦のxx」社で記者になり最後は編集長になって夢を実現した。

羽田空港の周りは自転車で結構奥まで入れる。フェンスのすぐ向こうは滑走路だった。
近くで見る飛行機はいい。
いま、話題のBoing787が3機ほど駐機している。飛行指止めで駐機中か!?
それにしてもここ数日で事故が立て続けに起こるのは少し変ではないか・・・!?

空港のターミナルで遅い昼食。あたりの風景からすると変な格好のおっさん二人が食事しているのは何と思ったか。
b0158170_8481230.jpg

帰りは、丁度、厚木行のバスが出ており、それに乗車。1時間で厚木着。
今回のサイクリングは30km足らずでお手軽サイクでした。
Verygood!
[PR]

by yahhosaito | 2013-01-18 08:56 | 旅・サイクリング | Comments(0)

どんど焼き

2013年1月16日。

昨日、どんど焼きがあった。団子焼きともいう。
この辺は1/14がどんど焼きの日と決まっているが、何せ14日は雨と雪で大変だった。
雪といってもみぞれに近いものだったが、風が強くとても火をつける状態ではなかった。

それでも、近所の地区は14日にこだわり、決行したらしい。
わが地区もその情報が入り、やるかやらないかで神社役員と自治会役員が雁首揃えてケンケンガクガク(少しオーバーだが)。
結局、15日にやることで決着した。正解。

b0158170_7442544.jpg

翌日はすっかいいい天気で風もなく、ドンド焼き日和。

休日ではなかったので、若いお父さんたちは会社で仕事だったが、
15:00~だったので児童たちも来て例年ににぎやかさで開催できた。

「どんど焼き」で調べてみると、いろいろなことが載っている。
基本的には「無病息災・五穀豊穣を祈り、良い年を迎えましょう!」という、小正月の行事だそうで、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事とある。
正月飾り、書き初めで飾り付けをしたのちそれを燃やし、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子、あるいは餅を焼いて食べるという内容で、最北端が秋田県、最南端が鹿児島県で実施されているらしい。
 この辺は大磯の海岸で行われる「左義長」が有名。
火祭りは富士吉田の火祭り、秩父の火祭りなどが有名だが、日本全国あちこちに火祭りがある。
やはり、「火」は古くから人間の暮らしに欠かせないもので、ある種の畏敬の念を抱かせるものなのか。

我が家の薪ストーブも一種の火祭りのようなもの。
成程ですね。神事はお酒がつきものですね!
[PR]

by yahhosaito | 2013-01-16 07:42 | 地域 | Comments(0)

西の会

2013年1月9日。

昨年暮れに西の会を地域の仲間と立ち上げた。

狙いは地域貢献と仲間作り。
一昨年の暮れに何か地域のためになるボランティアができるといいねという話になり、仲間5人と準備を始め、何とか形ができてきた。

昨年はお花見とお米作りが中心。
地域の方々も多く参加してくれ、大いに盛り上がった。

イベントの本番も楽しいがもっと楽しいのは企画や準備。
何かと理由をつけすぐに集まる。幸い、メンバーの一人の敷地内に大きな集会所がある。
ここで企画会議と飲み会を始める。

現在、会員は15名ほどになった。
今年は花見やお米作りに加え何をやろうか。

先日、西の会のHPを作成した。
まだ、お試し版で内容は乏しいが徐々にいいものにしていきたい。
背景は湘南ベルマーレカラーの黄緑色。わが地域の地区レク鉢巻カラーでもある。

b0158170_17415127.jpg
J1昇格を決めた前のホームでの試合

[PR]

by yahhosaito | 2013-01-09 17:35 | 地域 | Comments(0)

新年始まる

2013年1月3日。

今日の新聞によると、米国の「財政の壁」が回避され、景気も何とか持ち直すようだ。
財政の壁とは2013年から、減税が切れ「実質的増税」と「強制的な歳出削減」のダブルパンチで崖から落下するような急激な財政の引き締めが起こってしまう可能性があること。

ただ、抜本的な財政再建策は棚上げしているので、また問題は浮上してくる。
それにしても、今回合意したのは年収3900万円以上の所得世帯が所得税減税を終了ということらしいが、それにしてもそんなに収入のある世帯はどれだけいるのか?

経験上からいうと、普通のサラリーマンしかも大企業のサラリーマンでもそんなにもらう人は極極まれだ。

課長クラスで1000万、部長クラスで1200万、役員クラスでも2000万貰える人は少ない。
2000万貰える人は、月給が100万、ボーナスが年800万といったところか。
業種によっていくらかのプラマイはあったとしても、おおよそこんなところが日本の実態だと思う。
3900万はその約倍だから、大企業でも社長もしくは副社長相当だ。すると、日本に何人いるというのか?

多くのサラリーマンは年収5~600万くらいでささやかに暮らしているのではないだろうか?

とはいっても、3900万収入があったらいいだろうなあと思わずにはいられない。
税金を取られて残り、仮に2500万残ったとする。
月の生活費はまあ相当使っても100万だろうから、年間1200万。そうすると1300万くらいが貯蓄だ。
老い先短いので貯金は3000万くらいあれば上等の介護付き老人ホームに入れる。
すると、年間1000万くらいを遊びに回せる。

さて何して遊ぶか。
海外旅行やクルージング。年4回行って夫婦で年400万といったところか。まだ、600万余る。
車は外車の高級車、1000万円で購入。高級旅館に高級酒場、1回10万で月数回行って年600万ほど。
うまいもの食って美味しいお酒飲んでカラオケで騒いで遊んだとしてもたかが知れてる。

あと何使うか思い当たらない。
思い当たるのは、そんなに行っても10回も行けばそのうち面倒くさくなりそうということ。
そう考えると、今の生活が一番だな。
ほどほどだもんな。

その昔、経団連の会長だった土光さんは、家でめざしをオカズに白米食っているのが健康に一番といったが確かにその通りかも。

高校時代の友人に医者がいて、彼が言うには毎日忙しくて遊んでいる暇がない。入院患者を抱えているので、あまり留守するわけにもいかない。海外なんてトンデモナイ。たまの休みにカメラもって山歩きするのがせめてもの趣味らしい。
金はありそうだが、思うようにいかないというのがどうも実態のようだ。

正月早々、つまらぬことを考えてしまった。

師走初めには3棟あった社員寮はついに1棟だけになってしまった。

b0158170_8382051.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-01-03 08:43 | 日々 | Comments(0)