yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


久々の「大脱走」

2013年5月30日。

はやり昨日から関東地方も梅雨に入った。
折角?の雨なので、そうだビデオを見ようと探していると「大脱走」が目に留まった。
大脱走か、、、もう5回は見ているなと思いながらも、これをセレクトした。

ビデオのいいところは気になるところやセリフが分からなかったところを何回も戻してみて、ああそうか、そういう意味だったんだと反復できるところ。
一回見ただけでは何のためのシーンだったのか、何のためのセリフだのかが分からないことが結構ある。

大脱走は1963年に公開したとあるので、もう50年も前の映画。しかし、今見てもなかなかいい映画だ。
実話に元ずく映画だそうで、スティーブマクイーンのオートバイに乗ってアルプスのふもとを駆け抜けるシーンが印象的だ。

b0158170_15403614.jpg
ビデオ「大脱走」からのワンシーン


しかし、改めてビデオをよく見ると随所に思わずgoodと思わせるところが出てくる。
成程このシーンはそういうことだったのか!あのセリフはこのための伏線だったのかと・・・

マクイーンはじめデビットマッカラム、ジェームスコバーン、チャールズブロンソンなどなど、有名スターがゾロリ。
デビットマッカラムは現在79歳とか!ジェームスコバーン、チャールズブロンソンは共に亡くなっている。スティーブマクイーンも30年以上も前に亡くなった。享年50歳。
スティーブマクイーンは大脱走のほか、華麗なる賭け、ブリット、タワーリングインフェルノなどが超有名。存命ならば今82、3歳でいい味出しているかもしれない。
パピヨンのマックイーンも良かった。音楽「風のささやき」「パピヨンのテーマ」も更に良かった。

何だか昔の映画は映画も音楽もとても良かったような気がする。年のせいか!?とほほほ

そうだ、近々、映画に行こう。1000円映画に。
[PR]

by yahhosaito | 2013-05-30 15:44 | 日々 | Comments(0)

株の乱高下

2013年5月28日。

九州、中国地方はもう梅雨に入ったという。例年よりも10日くらい早いらしい。
関東地方の平均梅雨入りは6/9と昔聞いたことがある。10日早いと明日にでも梅雨に入っておかしくない。
天気予報は今週後半雨模様なので、たぶん金曜日位に宣言するの違いない!

最近株の乱高下が続いている。1日に1000円も上がったり下がったり。
もっとも乱高下と言ってもここ数日のことだが・・

去年の今頃8300円くらいだった株価は昨年暮れに安倍内閣が発足して、以来、急速に上昇。あっという間に10,000円を回復し、5月には15,000円を超えてしまった。5年4か月ぶりの高水準という。
あの東京電力も一時はかつての1/10~1/20位に落ち込み、1000万円の資産価値を持っていた人は何と100万円以下になってしまったが、このところの株価上昇で東電も700円くらいまで回復。友人の東電株主を何人も知っているが、やれやれと言っていると思う。
一方で、200円くらいの時に200万円買っておけば、今頃500万円くらい儲かっていた。残念!

と言ってみたものの、マネーゲームは怖くて、ある意味問題が多い。
自分の責任範囲で、すべてを理解してやっていればそれはそれでいいという意見が大半と思うが、それにしても元手さえあれば、そして、上手く予想が当たれば、500万円くらい儲けるのはあっという間だ。

先の東電の例で行けば、半年で500万の儲け。
一方で、普通のサラリーマンは汗水流して働いて、高給取りでも年間500万、非正規労働者として過酷な労働をしている人は2、300万くらいの人もいると思う。

それでいいのか!
いいのだよ。損するときもあるのだから。
確かに。自分も似たようなものだ。

でも、少しひっかかるなあ・・・

先日テレビで株の高速取引なるものを紹介していた。
1/1,000秒単位で株の売り買いを繰り返すことで、株価の下落が予想されると大量の売りをだし、いい材料があると大量の買を出す。株の全取引の4割くらいがこれだそうだ。
しかも、この注文をコンピュータが自動的に行うというのだから怖い。

バブルで懲りたはずのマネーゲームものど元過ぎて世の中の風潮がイケイケどんどんになってくるとまたぞろ投資投機の話が脚光を浴びて、煽り立て、世の中のムードがバブルになっていく。

似たような話が、原発だってそうだ。
原発はあれほど危険だ止めようという風潮だったのが、今多くのマスコミが原発は必要という論調にシフトしている。
危険は何にだってある。自動車だって便利さと危険のリスクの総和の上で成り立ち、受容されている。と何かに書いてあった。

自動車のリスクと原発のリスクと違うと思うけどなあ・・
自動車は人類滅亡にはどう考えてもならないが、原発は滅亡になる可能性あるもんなあ・・・

「風潮は」作られ、なびき、常識になっていく。
庭のメドウセイジが咲き出した。

b0158170_9303556.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-05-28 09:31 | 日々 | Comments(0)

五月の茅ヶ崎付近

2013年5月18日。

あまり天気がいいので、そうだ、久々、湘南海岸のサイクリングロードに行ってみようと思い立ち、昼少し前から出かけた。

ジャイアントのロードにしようかラバネロのポタリングにしようか迷ったが、結局いつものラバネロになった。
湘南海岸は久々。もしかしたら5か月ぶりくらいかもしれない。

今日は土曜日なので、いつものように海岸は若い人たちで一杯だった。
多いのは30代くらいの若い子育て世代で、家族ずれの団体がバーベキュウパーティらしきものをやっている。
その風景を見ていると、無縁社会だ核家族だ個人主義だといったキーワードが嘘のよう。

みんな楽しそうに語らい、手料理を突っついている。ビールも美味そう。
風に乗っていい匂いが飛んでくる。
こちらは一人のポタリング。羨ましそうに横目で見ながら、ひとり海を見ながら、先ほどコンビニで買ったサンドイッチを500ccの牛乳で飲み込む。はた目にはわびしいと言えばわびしいが、まあ、それも結構いいものだな。
気を付けないと上からトンビにやられるからね。ボーッツと物思いにふけるのもいいけど上空にも注意ね。
b0158170_19181696.jpg
少し風が強く、ウインドサーフィンがいきよい波間を滑走する。ヨットでいうプレーニング状態。
多分スピードは時速30kmを超していると思う。
ボードが行きかうと60kmで離れていくからすごいスピード感だ。
あっという間にお互いが遠ざかっていく。いいなあ…

浜に浜昼顔が咲いている。
平塚の海岸でかつての勢いを取り戻すために、何万本かの浜昼顔の苗を植えるのだとこの前新聞に出ていた。かつて一面に浜昼顔で覆い尽くされていた時分に戻るといい。
防砂にも役立つはずだ。

b0158170_1918449.jpg

今日の夕方から、連合自治会の総会がある。
案内が来ているが、おサボりしようか?!
各種団体の総会もいいが、いつも思うのは、異議なし!のこと。
何のための総会かわからない。

みんな貴重な時間を割いてきているのだから、事業結果と計画、予実算の報告、質問は?異議なし!では、何のための総会か?

やっぱり、意見を言わないと意味がない。
総会だからあまり細かなことを意見を言うつもりはないが、それなりの立場の人が来ているいい機会なので、方向をしめす建設的な意見は言った方がいい。各団体はそれを大事にして、改善してほしいと思う。

昨年言った意見は採用されているようだから。
[PR]

by yahhosaito | 2013-05-18 16:22 | 旅・サイクリング | Comments(0)

爽やかな5月

2013年5月17日。

このところいい天気が続いている。
風は少しヒンヤリとしているが、日なたは暑いくらいで正に爽快そのもの。
さすが5月だ。

昔、親友のお父さんが某香料会社に勤めていて、彼の家に行くとよく社内報の「薫風」という小冊子が置いてあった。
小学生の自分にとってはこれを薫風(くんぷう)と呼ぶというとは知る由もなく、読めるようになって意味が解るようになったのは中学生か高校生か。

まさしく5月の爽やかや風を風薫る「薫風」というというのは納得だ。
新緑の薄緑色の空気と香りがどこからともなく右から左へと渡っていく。

余談だが、この社内報「薫風」は彼の家で、きれいにファイルに綴じてあった。
そうか、社内報のような小冊子もこうして綴じておけば、いい情報源として活用できる・・
と大人になって思い出し、自分の会社の社内報をしばらくきちんとファイルしておいたものだ。
その社内報もいつしかデジタル社内報になり、ファイルをする必要が無くなった。

b0158170_7314155.jpg
畑で「さやえんどう」と「すなっぷえんどう」が最盛期。
毎日採っても次から次へと出来る。
娘たちに配り、ご近所におすそ分けし、自分達も食べても夫婦では大した消費量ではない。

春に牛糞をたくさんもらい、この肥料が効いたのか、それとも、最近、時間が出来るようになったので畑に手を掛ける様になったせいか・・・
昨日は里いもを植えた。落花生も植えた。
キャベツは初めて丸くなってきてキャベツらしくなってきた。

b0158170_7322199.jpg


畑も手を掛けると生育が楽しみになってくる。
昨年はサボった「ふれあい農園」に今年は時々出かけている。
そこで、農作業の「実践?」を学習してくる。

ナルホド・・・

本を読んでもどうも頭に入らぬ「手順」が実践すると、なかなか微妙なところもわかるようになる。
最近、農家の人はつくずくエライと思うのでした。
[PR]

by yahhosaito | 2013-05-17 17:33 | 日々 | Comments(0)

やはり道具か!?

2013年5月13日。

毎年、春秋にやっているテニスの合宿に出掛けた。
最近の傾向は春はあしがらいこいの村。秋は箱根ハーベスト明神平と場所が固定して来たようだ。

箱根もいいがここもなかなか落ち着いていて存分にプレーができる。
カラオケもあるので、夜は歌える。

今回は日月での合宿だったので、日曜日は大勢いたが月曜は我々だけ。少々淋しい。
しかし、これでよくいこいの村の運営が成り立っていくものだと感心するが、経営的には結構厳しいものがあるのだろうと推察する。

だって、思うに、客が平均30人としても、一日30万円。よって、一か月では1000万円行くがどうかだ。
収容能力は2階と3階だからたぶん200人くらいあると思われる。だから、平均集客率30%、そんなにないか!?

専従従業員5人?パート20人で人件費が月400万!?、設備費100万、固定資産100万、食材費100万、光熱費100万とすると、利益は200万。そんなにないだろうなあ・・もしかしたら、それぜれ倍くらいかかっているかもしれないし・・・

人の財布を心配しても仕方ないか・・・とほほ、、、

ところで、年に2回しかやらないテニスの割には、我ながら上手い。
b0158170_7395348.jpgどうもこれは道具によるところが多いかもしれない。

1年ほど前に知り合いから娘さんの使っていたラケットが不要になっているので、使うなら差し上げるという話を頂いた。
自分のはもう20年も使っているので、しかもガットを張り替えたのは何年も前のこと。

さっそくもらって使ったらこれが結構いい。
娘さんはどうもセミプロ?に近いらしく、ついでに古くなったテニスボールも沢山いただいた。古いといってもちゃんと缶に入って未使用のボール。全然新品同様のボール。
セミプロはやはり、そこまで品質にこだわるのかも・・・

このラケットは反発もよく、安定感がある。グリップが少し女性用としては太いがこの方が安定する。
やはり、道具は大事。

b0158170_740296.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-05-15 07:42 | 日々 | Comments(0)

5月の薪割り

2013年5月10日。

昨日でやっと薪割りが終わった。
運び込みも含めるとなんだかんだで5日くらいかかったかな?
でも、これでたぶん2か月分はないと思う。

ご近所で、ブロック塀をアルミ塀に直すとかで、周囲の木を伐採するという。
古い農家で敷地は300坪以上あると思う。その周りの樹齢20~50年ほどの木を10本ほど切った。

全部もらうと、とても我が家の狭い敷地には入りきらないので、とりあえず、1/3ほど貰ってきた。
残り2/3はそのうち取りに行くと農家の敷地の中に置いておいて貰ってある。

庭木なので中々節のない玉切りの海苔巻き(鉄火巻?)のような形の玉ではないので、割るのに結構苦労した。
薪割り斧で何回たたいても、びくともしない節の木がある。
そういう気はあきらめてチェーンソーで強引に切る。
ひたすら割ってひたすら運ぶ。おかげで、腰が痛い。

木を頂いた農家の奥さんは、燃す手間が省けてありがたい。薪割りは大変といたく恐縮しているが、割っている本人は結構レジャーと思ってやっている。
木の割れ筋を読んで、2kg以上ある斧を振り下ろす。
ジャストミートするといい音と手ごたえ感があってしてやったりという気持ちになる。

そして薪を積み上げ、しみじみ眺めて、満足感に浸る。
これで今年の冬は大丈夫!とひとりニンマリする。

とりあえず、家の周りは薪だらけ。
これで、来シーズンは大丈夫。
目下、薪小屋を物色中。家から、10分程度で5坪くらいの場所を年1万円くらいで貸してくれるところはないものか!?
農地は農地法?で農作物以外の建物や使用は制限されているようでなかなか難しいのかなあ…

b0158170_559337.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-05-11 06:06 | 薪ストーブ | Comments(0)

HEREKE絨毯

2013年5月9日。

先日、トルコで買った絨毯が到着した。
本来は玄関マットを買うつもりが、ついつい一緒に居間用の絨毯も買うことになった。

絨毯は結構好きと言っては変だが昔から興味があって、デパートや東京の絨毯屋の前を通るとついつい足がそっちに向いて覗いてしまう。
先日もカンボジアに行ったとき、ホテルの絨毯屋で眺めていたら一緒に行った仲間に冷やかされた。
b0158170_14133670.jpg


今までの絨毯は平成2,3年に買ったのでもう20年以上も使っている。結構気に入っていた。
今回買ったのはHEREKEの絨毯。

いろいろ迷った末に決めたので、到着を楽しみにしていた。
b0158170_1463732.jpg

ところで、「清潔?度指数」なるのを考えてみた。
いかに綺麗に清潔に保って置くかだ。

庭の土のところを最下位の1とする。
きょう午前中ここで薪を割った。土と葉っぱと木くずと泥が混在している。作業場にもなるところ。

清潔度2はウッドデッキ。
ここは、時々土足で歩いたり、時には居間からスリッパでウッドデッキに上がる。
土足と上履きが混在しているところ。

清潔度3は居間のフローリングのところ。
ここはスリッパや裸足が原則。まあ、ここにパンを落としても拾って食べる。それなりに綺麗になっている。

その次の4は今回の絨毯だな。
パンやお酒、コーヒーなどをこぼさないようにするところ。特に今回は新品絨毯が入ったので気を付ける。

清潔度5は居間の食卓。ご飯を食べたり、書類を作ったり、手紙を書いたりするところ。場合によっては舐めても大丈夫。

そうすると一番綺麗なのはまな板かな。清潔度6。

その上はなんだろう。まあどうでもいいや。

これは、20年強使った絨毯。
昔、これで空飛ぶジュウタンごっこをやったぞ。今度はツバとやるか!!
b0158170_14171787.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-05-09 14:18 | 日々 | Comments(0)