yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


暑い日々その2

2013年8月21日。

相変わらず猛暑が続いて、いい加減にうんざり。
こういう日は図書館が一番と、近くの北図書館に出かけた。
ここは郊外なので程よく空いている。そして静か。
お気軽な雑誌をくくる。記事を見ながらいろいろと行動のヒントをランダムに探すのも楽しみの一つ。

「もう二度と 帰らぬ今を 雑に生き」
誰かの川柳らしいが、妙に納得してしまった。

最近の自分の行動を見ていると何だかそんな気がして少し焦る。
この暑いのにかまけて、大した行動もせずに時間だけが過ぎていく。(様な気がする)

続いてこんな記事もあった。
『〝♪村の渡しの船頭さんは今年60のおじいさん・・・〟村の船頭さんという唱歌だ。前期高齢者は65才~74才までだが、およそ50%の人は老人と思っていない。残りの50%の人も自分は老人と思うはずがない・・・』

確かに。
それにしても、60歳にしておじいさんか。

自分だって、美味しいおのを食べたいし、海外にも行きたい、勉強もほどほどしたいし、サイクリングの行場所を考えるのは楽しい。
あまり50年前と考えることは変わらない。
前期高齢者? とんでもない。認知症気味を除けば。

涼しい日を持ち望みながら、もっと〝丁寧に生きたい〟と思うが、暑さのせいにした「雑で怠慢な日々」が過ぎていく。

b0158170_845028.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2013-08-21 08:46 | 日々 | Comments(0)

クソ暑い日々

2013年8月11日。

数日前から異常に暑い日が続いている。
10日は甲府と高知県四万十市で40.7度を記録した。気象庁の観測史上4番目の暑さという。40度を超えたところは館林市、甲州市。とにかく猛烈な暑さで日本中がうだっている。

我が家の家の中で、33度。台所のレンジの近くは34度。たまらない。
第一、窓を開けていると熱風が吹き込むから、閉めていた方がまだ涼しい。これ、異常!!

昨日の夕方から毎年恒例のナイトハイクの下見に江の島方面に出かけたが、帰り、20時ごろの馬入川の川岸でもおそらく30度を超える気温で、地面のコンクリートに触るとかなりの熱が籠っている。これじゃ夜も暑いわけだ。

夕涼みの川岸もこんなだからどこもかしこもムンムンの状態。まだ、1か月以上も続くかと思うと気が滅入る。冷房もいいがあまりこれに慣れてしまうと外に出るのが億劫になってしまい、又、出たときの温度の落差に体がついていけない。
とにかく、あと1か月はじっと我慢の子で過ごそう。

b0158170_934114.jpg

この暑さで日本中が冷房をしているはずなのに、電力ピークの話はこのところさっぱり出てこない。
電力は足りないはずではなかったか!?それとも火力など代替エネルギーが頑張ってピークを乗り切っているのか・・・
本当のところはどうも分からない。専門家だけが知っているのか、そうでもないのか…

数日前の新聞によると原発廃炉の費用は電力料金に上乗せするとか。
こまったもんだ。

畑はカラカラ。植木鉢の植物は朝晩水をやらないと葉っぱがクタンとなってしおれる。
夏の平均気温は我々子供のころからと比べると3度以上上がったような気がする。
昔、32~33℃が、今や35~36℃。

10年ほど前に桂林に行ったがその時も異常に暑かった。
因みに桂林や中国内部の都市の気温を調べてみた。
やはりこっちも暑い。35度から39度だった。しかも湿度が70~80%。
堪らないだろうなあ・・・
[PR]

by yahhosaito | 2013-08-11 09:36 | 日々 | Comments(0)

ダダ茶豆とアトリエ?

2013年8月7日。

鶴岡に住む従弟の健ちゃんからダダ茶豆が送られてきた。
従弟と言っても父の一番上の兄の子供だから歳は10ほど離れている。とても面倒見のいい従弟で父方の従弟をまとめるマトメ?頭。従弟会ではいつもリーダシップを発揮する。
我が家の畑の枝豆とは格段の美味さ!

鶴岡にもう数十年。たしか建材関係の仕事をしている。まだ現役のはずだ。民謡が上手い。鶴岡には健ちゃんのほか父の妹も住んでいて昔から鶴岡の語感には慣れ親しんできた。
ところが、この鶴岡は10数年ほど前からいろいろと話題が多く、藤沢周平の小説に登場したり、映画の舞台になったり、つい先日はNHKの「家族に乾杯」でも登場した。

城下町の雰囲気を残すなかなかしっとりとした街並みのようだ。
自分も昔行ったことが確かあるが、記憶は薄れた。近々行ってみたいところの一つ。

昨日は8月6日。
広島原爆投下の日。気になってwikiを読んだり、他のwebサイトを見たりしていると、いろいろ出ている。投下の判断をした関係者、実行部隊はどのような思いで投下したのだろうか。
戦争という異常な状況下とはいえ、投下した後に起きる地獄絵のような悲惨な状況は当然理解できていたはずだ。命令とはいえ、どう、心の中で理由づけをし、決断したのだろうか。
あれから68年。

我が家の2階は娘たちが嫁ぎ、すっかり閑散としてしまった。
かつて8人が暮らした我が家も、今は2人。ときどき、次男が帰ってきたり、娘たちが家に寄る以外は多くの部屋はからっぽ。

b0158170_63281.jpgそんな訳で、娘の部屋は「アトリエ」?になった。
10/1から始まる絵の展覧会に出す絵を仕上げている。今回は4枚を出すつもりだが、なかなか仕上がらない。あと1か月少々。
去年は塗りたての絵を出品し、会場にセティングする際に、赤い絵の具を白い壁紙につけてしまい、カモフラージュしたもののバレてしまいはしないかとヒヤヒヤした。
何のお咎めもなかったところを見ると、ばれなかったか!?

今年は、そんなことの無いように少し早めにと思っているが・・・
[PR]

by yahhosaito | 2013-08-07 06:07 | 日々 | Comments(0)