yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


花たち

2014年4月26日。

桜も散って、梅も桜もすっかり若葉になった。
まだ、薄緑色をした見るからに柔らかそうな葉っぱがあっっという間に広がって、風景が一変した。

春から初夏へ。そんな日が続いてまだ4月だというのに、どんどん過ぎていく季節が少し心を騒がしくする。

それにしてもこの緑の木々の生命力。毎年膨大な枯葉を落とし、それ以上の新しい葉っぱが誕生し、樹はますます大きくなっていく。

我が家の、狭い庭にも春の花が咲き出して、風に揺れている。

b0158170_15532942.jpg
「風のささやき」
誰かが小川に投げ込む 小石の波紋のように 文字盤の上を針が進み

時を刻む時計のように 世界は宇宙で静かに回っている リンゴのようなもの

君の心が描く風車の 輪のように・・・・

いかん!まだメロディが頭の中で回っている!

花にらがほぼ終わりかけ、小手鞠が咲き出した。

b0158170_15530714.jpg
薔薇も蕾を付けている。数えると3本の木に20個くらいの蕾があるだろうか。
真紅と白いのとピンクだったと思う。
b0158170_15520369.jpg
b0158170_15521729.jpg
今年で3年目だから、だいぶ大きくなって、来年くらいは薔薇のアーチができるかもしれない。

エビネ蘭もいい具合。この黄色いのは山吹っぽいが少し違う。なんだっけ!?
ドウダンツツジも花がよく見ると綺麗。紫のはツルニチソウ。卯の花や藤の花も咲きだした。
b0158170_15523842.jpg
b0158170_15552419.jpg
b0158170_16005971.jpg
b0158170_16002499.jpg
♪ポケットの中でカチャカチャ鳴る鍵の束 頭の中で騒々しくめぐりまわる言葉

何で夏はこんなに早く過ぎてしまったのか? 僕が口にした言葉のせい?

恋人達は砂浜に足跡を残して 歩いてゆく 遠くで聞こえる太鼓の響は

君の指が鳴らす音のよう 廊下に掛けられた絵 そして 歌の断片

おぼろげな名前と顔 誰だろう 終わってしまったと分かった時に

急に気がつくのだろうか 秋彩に染まった葉の色は彼女の髪の色だったと 


重症だ!

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-26 16:04 | 日々 | Comments(0)

海難事故

2014年4月22日。

韓国の客船が沈没し悲惨な状況になっている。
事故からすでに5日経つから、きわめて絶望的だ。それにしても300名近い人たちが事故で亡くなるかもしれないというのは最近聞いたことがない。

多くが高校生など若い人たちというので親はたまらない気持だろう。
それにしても何とかならなかったのか。

若干、大型船に乗った経験があるわが身としては、状況がある程度推察つくので、どんな状況であったかを思うと、やるせない。

船は傾きだしたら乗っている人は動きが取れない。
傾くということは、かなりの部分が海に浸かっているということだから、浸水がすごいはずだ。

客船は船室が一つのカプセル状になっているので、まず、30度傾いたら脱出出来ない。壁は階段のようになってはいないので、足を引っ掛けて昇ることがまず出ない。
b0158170_11192812.jpg首尾よく、通路に出られたとしても、傾いた長い廊下をどうやって歩くのか。
しかも、真っ暗だったら、傾いた煙突の中を歩くようなものだ。

出口がどっちなのか、上がどっちなのかも良く分からないだろう。

映画、タイタニックのシーンよりはるかに悲惨だと思う。

救命ボートだって傾いた状況では海に下ろせない。ましてや反対側のボートは使い物にならない。
だから、避難はかなり早い段階で出さないと、逃げ遅れることになる。
b0158170_11120196.jpg
避難訓練。これが30度傾いたら脱出困難


その辺は船長が一番よく知っているはずだが、事故にならないようにぎりぎりまで判断を遅らしたとすると、これはとんでもないことだ。

2年?前のコスタコンコルディア事故も似たようなケースだった。
それにしても、ひどい海難事故。ひどさは歴史に残る。種類は違うが、フクシマも似たり寄ったり。

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-22 11:04 | 日々 | Comments(0)

何となくわかるが・・・

2014年4月19日。

センセーショナルなSTAP細胞のニュースが出て4か月近くたったが、果たして真実はどうなのかはっきりしない。
ネイチャーに掲載されたというので、あの時点ででは、これは世紀の大発見、ノーベル賞候補と思ったし、マスコミや関係者の論調もそんな感じであったが、ここにきて急激におかしな方向に進んでいる。

素人が勝手に言うのもなんだが、あのR研がそうそうたる共同執筆者をならべて世に問うたわけだから、そりゃないでしょ!と思うが、真実はどうなのか?・・・

iPS細胞もES細胞もそうだが、再生医療に貢献するのでぜひ何とか実現してほしいと思っている。
細胞レベルの話なので取り扱いには十分な注意を要するが、きちんとルールを作って役立ててほしい。これで救われる人がどれだけ多いことか。

今回の件で、第一級の科学者の将来がスポイルされたり頭脳流出して日本の科学の発展のブレーキになっても困ることだ。

R研副センター長の記者会見があったが、彼のポイントは
・検証する価値のある合理性の高い仮説
・論文は撤回するのが適切
・最後の段階で論文仕上げに協力しただけ   などというところか。

これに関して、新聞や週刊誌でいろいろと報道されている。
少し気になったのは、最後の「最後の段階で論文仕上げに協力しただけ」
というところだ。

b0158170_08591246.jpg
これは、もしかしたら本音(本当)かもしれない。
調べようもないので、いい加減な事は言えないが、一般論でいえばよくある話だ。
我々も会社時代に「研究論文」なるものをよく書かされ、これを書かないと上に上がれないのが暗黙の決まりだった。
その時、95%ほど書きあがったところで、共同執筆者に上司や関係者を入れた。
権威付と日ごろのお礼と今後のために。
もっと言えば、上司の講評・総評まで(下書きを)書いた。(これ、オフレコ)
今回のケースがそうだとは知る由もないが、某社の研報にはそんな時代があった。(今は知らない)

「最後の段階で論文仕上げに協力しただけ」・・・
という、彼の発言は、そういう意味だと仮にすると、そのヒドイ言い方にある程度納得がいく。

しかし、名前が列記された以上、ましてや組織の上位者としては公にはあれは知らない。個人でやったことでは済まされない。
某社の研報の共同執筆者もその記載内容には応分の責任を持つ。

TOYOTAが数年前、アメリカでブレーキ事故を起こした時、章男社長は対応の遅れを謝罪し、質管理体制の強化など誠実な対応を約束している。
そのあと、アメリカのTOYOTA支社で従業員に囲まれ男泣きした章男社長は印象深く、なんだか、TOYOTAはあれで結束したように個人的には思った。


今回のケースでも、冒頭謝罪はしているが、そのあとが組織としての責任の取り方がまずい。おそらく、いろいろなしがらみや、事情があってあのような言い方になったのだとは思うが、どうも一般常識からは乖離している。

それにしても、STAPが存在し、再生医療に貢献し、夢の治療が実現できることを大いに期待しております。



[PR]

by yahhosaito | 2014-04-19 09:00 | 日々 | Comments(0)

味噌にコンブ

2014年4月18日。

昨日、味噌にコンブを入れてみた。
去年作ったお味噌が評判良く、今年は3kgに挑戦。
去年は1kgだったので、子供たちにあげたりしたらすぐに空になった。

子供たちは上手いことを言う。
お父さんの作った味噌はシンプルでお味噌本来の味がする。
てなことを言って、家にあるものを根こそぎ?持っていく。
それを分かっていて、家内も私もせっせと準備をして待たせるものを用意しておく。
ギブ&テイクはなく、ギブだけだがそれが嬉しくて、野菜を作り味噌を作るようなもんだ。

3kgというと、大豆が3kg、塩麹が3kg、それに塩が1kg?と少し。
大豆は煮て柔らかくするからしめて合計の重量は10kgを超える。
投資費用はたぶん5000円を超える。

味噌は普通に買うと1kg、1000円もしないので手間暇考えるとそう徳にはならないが、まあこだわりというか、ジーさんの趣味というか・・・
b0158170_08404551.jpg

今年は昆布を入れてみた。
N氏が入れて美味かったという話だったので、入れてみた。
入れ方はこれでいいのかなあ・・・?
さて、どんな味になるか楽しみ。

お父さん、シンプルだけどなんだか微妙に海の香りがするね!
そうさ、礼文の昆布が入っているもん。
去年、礼文島で買ってきた昆布が日の目を見た。

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-18 08:41 | 日々 | Comments(0)

大島にサイクリング

2014年4月14日。

伊豆大島にサイクリングに出掛けた。
2日間の予定で島を一周する。

熱海から高速ジェット船に乗ると45分で岡田港に到着。早い。
何しろ最高80kmのスピードだそうだ。船でシートベルトを締めるのは初めての経験。
だが、片道5000円弱はチトお高いか!?そのほか自転車運搬代も1000円。アリャ!?

まあ、多少の出費は老後の充実?には仕方ない。なにせ、お金は生きているうち使わないと死んでからではただの紙切れか数字¥遊び。

1日目はなんと雨。日本のここだけがどうやら雨らしい。
昨年の十和田湖も雨で散々だった。
しかし、旅はこういうハプニングがあるから結構こういうのが後で思い出となるので皮肉なもんだ。

宿泊場所の大島観光ホテルは三原山の中腹にあり、7kmほどの坂道が何ともつらb0158170_07300193.jpgかった。しかし、やがて雨も上がり、ホテルの温泉から見るのは絶景。
ちょうど新緑と大島桜が見事で絵のような景色を堪能した。
ホテルはさすがに年季が経っていてイマイチ感はぬぐえなかったのだが、料理がなかなかよく、おいしいりょりと美味しいお酒を堪能。verygood!

椿油のオイルフォンデューは誰の発案か。ふつう、オイルフォンデューは油で揚げ、たれを付けて食べると思ったが、ここでは天ぷらの衣をつけ、油で揚げる。だから、串刺し天ぷらのようなもの。
これまた結構。ボリューム、お味ともデリィシャス!朝も喰い過ぎた。

翌日は快晴。
昨日、坂道で辛い思いをした分、今日はダウンヒル中心で快走。
b0158170_07460738.jpg

途中、昨年の土砂崩れの大災害で多くの方々が亡くなったが、この土石流や木々を運ぶ大型ダンプがかなりの数すれ違う。大島は自然災害でいろいろ苦労されている。

オタイネの碑はかつて40年以上も前にサイクリング?で訪れたことがある。
少し高揚感を持って再訪した。
b0158170_07462810.jpg
朝鮮の貴族の娘だったオタア・ジュリアは、キリシタン大名だった小西行長の養女となって洗礼を受け、キリシタンとなったが、キリシタン禁止令にふれ、大島に流されたという伝説があるという。b0158170_07461972.jpgその間、オタア・ジュリアが改宗することを目論んでいたが、その固い信仰心は最後まで変わらなかったと書いてあった。

島の荒涼とした一角に筆島があり、その手前に十字架がある。
すこし場所とそぐわない風景だが、何とも言えない雰囲気がある。

有名な波浮の港。
ここも何年振りだろう。小さな漁港だが歌に歌われ小説になっている。
やはり島はある種の雰囲気があるのだろう。
そうえいば、「シマダス」なる本もある。もちろん語源は「アメダス」にちなんでいる。

帰りは少し荒れていたが、ジェット船もなんとか熱海に到着。
2日間で75kmの走行。
大したことはないか!?まあ、ゴールド手前のシルバーだからね。
ご苦労さんでした。


[PR]

by yahhosaito | 2014-04-16 08:13 | 旅・サイクリング | Comments(0)

例大祭

2014年4月12日。

4月の第2土曜日は地元神社の例大祭。
昨日は朝6時からしめ縄飾り。b0158170_21093381.jpg去年は天気が最悪だったが今年はいい天気。きっと素晴らしい例大祭になる。

自治会長は4月から変わるが言ってみれば自治会長の登竜門のようなもの。
右も左もわからないうちに、さくら祭りに続いて例大祭があり、さらにその2週間あとに公園祭りが来る。
通称、新人自治会長の怒涛の4月という。

この3つの一大(三大)行事が終わると自治会長は組長や地域の顔役、古参と顔つなぎがほぼ完了して、順調に自治会活動が滑り出していく。
それにしても、今年はいい天気でよかった。

b0158170_21092297.jpg
久々に、宮入の時間に出掛けてみた。
渡御の最終を飾る宮入祭りが最高潮に達し、神輿の担ぎ手も、氏子もみんなが昂揚感で満たされる。
神輿が上下に振られ、左右に行きつ戻りつでムードも満点。
b0158170_21090972.jpg
餅もまかれていよいよフィナーレ。
トウモロコシの香ばしい匂い、林檎飴の甘酸っぱい香り、夜空は13夜か。

与謝野晶子の短歌に、清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 今宵逢ふ人 みなうつくしきという歌があるが、今宵は少しそんな感じがした。

隣には妻がいたのだった。

多くの知り合いにあって、これもまた、よかった。

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-12 21:12 | 地域 | Comments(0)

伊勢原サイク

2014年4月8日。

今朝、友人から畑の梨が満開なのでいつでもどうぞとメールを頂いた。
ここの梨は有機肥料で完熟梨なのでとても甘く素晴らしい梨だ。
その梨の花を見るのも悪くないと、朝一番で見に行った。
b0158170_16251078.jpg
ナルホド、梨の花はこういう花か。

でもいっぱい咲いているが、結局は実を付けるには必要なものだけを残し、あとは摘花するのだろうなといっぱいの花を見て少し勿体ないような気がした。





これだけの花を実を付けるまで持っていくのは、おそらく大変なことだろうと、素人でも想像がつく。お金さえ出せば買えるというのはある意味、ありがたいこと。
これから、梨を食べるときは、花のことを思って食べよう。
b0158170_16253667.jpg
家に帰り、朝からあまりに天気がいいので、そうだ、伊勢原に行こうと決めた。

伊勢原の大山の裾野近くにある伊勢原カントリー。ここの桜はまだ綺麗と思う。これを愛でに行こう。

家からは自転車で1時間強。
2~3回行ったはずが、数年ぶりなので道に迷った。
みかん畑の横をすり抜けていくのだが、これがうまく見つからない。
2,3回行ったり来たりしてやっといつもの道に出た。
みかん畑の道は結構急だから行ったり来たりするのは相当大変。
b0158170_16255626.jpg
ゴルフ場近くの道端で休んでいると、下からハイカーが登ってきた。
70過ぎている男性だったが、病み上がりで来たという。
以前はよく山に行き、100名山をほぼ達成したとか。
いろいろな話を30分ほどした。岡崎に在住とか。

12:50帰宅。
そこからが大変。
13:00から一昨日の桜祭りの後かたづけ。100名近く動員されたが結構な重労働。
鉛筆かパソコンいじっている方が楽だ。

いや、鉛筆いじっても、物は動かないし、片付かない。
ましてや、農作物はパソコン上育てたものは食べられない。やっぱり、土に植えて育てないとダメ。

当たり前。

時々勘違いする人がいる。

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-08 16:41 | 旅・サイクリング | Comments(0)

2014年さくらまつり

2014年4月6日。

2014年のさくらまつりが終わった。
天気は良かったはずが、前日になって寒冷前線とかで怪しいモードに。

心配通り、朝はぱらぱらと。
しかし、10時少し前には上がって、日差しも出て一見いい天気に。
しかし、晴れも2時間足らずでまた雨となった。

まあ、天気のことだから仕方ないか。
自分は、ほとんど関係ないのでいいのだが、妻と地元関係者は大いに気をもんだ。
妻は、毎年、「出し物」を出している。この準備で、毎年忙殺される。

夫としてもオットット!
黙って見ているわけにはいかない。それなりに手伝った。
b0158170_17332325.jpg

今年は、自分の提灯ができた。
毎年、何人かの関係者が亡くなるのでその補充という感じで「募集」がくる。
それに乗った。桜まつりと盆踊り、公園祭りに掲示される。

まんざら悪くはない。
自分も子供たちもオトーサンの提灯の写真を撮ってきた。
提灯ごときで、親が親なら子も子だ。
電気の入った提灯もいいぞ!
b0158170_17322651.jpg

夕刻からまた陽が出てきた。
今年最後の提灯見納め、もとい、さくら見納めに出掛けよう。
家から、歩いて行ける。good!



[PR]

by yahhosaito | 2014-04-06 17:37 | 地域 | Comments(0)

4月1日。晴れ。

2014年4月1日。

桜が咲いた。
もうほとんど満開。去年はだいぶ早かったが今年は標準か。

一昨日はこの地区のお花見大会だったが、この時だけ天気が悪く、中止となった。
だいぶ準備したのに、まさしくビンゴ!
狙ったようにちょうど雨。

まあ一日、大忙しの日を暇をもらったと思えばそれはそれでいい。
でも、夕刻から関係者で「残念会」をやった。
5時間も飲んで、テーブルには桜をセットした。
いいお花見。

川の土手はまさに満開。
桜はどうしてこう毎年あれだけの花をつけるのだろう。
b0158170_17135435.jpg
谷崎潤一郎の「少将滋幹の母」の中に、一本の桜が出てくる。(と思った。)
山の上に立っている一本の桜。少し怖い桜だったような気がする。
確か高校時代の現代国語の本に出ていた。

桜を見ると、この話を思い出す。
でも桜は怖いイメージよりも明るい春のイメージ。
少し、センチメンタルなイメージもするが、4月は入学や卒業、就職や別離(転勤等の)から来るものか。

畑の雑草も一斉に元気になり、いよいよシーズン到来!

オツとオコが来た。
1.5歳と0.5歳。
じじばばたして132歳。じじばばオツオコで133歳強。あまり変わらない!?
b0158170_17174485.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2014-04-01 17:00 | 日々 | Comments(0)