yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


何だかキナ臭くなってきて


2014年5月16日。

このところ何だか不穏だ。

尖閣列島問題や竹島問題は言うに及ばず、ここにきて西沙諸島や南沙諸島も不穏な動きだ。
時を同じくして昨日集団的自衛権が限定的に容認される協議に入った。

日本は平和ボケと言われて久しいが、戦後68年たってかなり現実的な事態に直面している。
 
b0158170_11415325.jpg
               バラが咲き出した


最近読んだ本に、「覇権循環理論」なるものが書いてあって、妙に納得した。
それはこうだ。

「近代以降、国際秩序に関して覇権の交代の多くは大戦争を経て行われている。」というもの。
つまり、16世紀には大航海時代の先陣を切ったポルトガルの覇権に対し、スペインが挑戦し、これを吸収。そのスペインから独立を果たしたオランダがそのあと台頭し、欧州大陸を制覇。
17世紀後半にはそのオランダに対し英国が挑戦。3度の英蘭戦争を経て、ついに大英帝国が覇権を握る。18世紀にはナポレオンのフランスが覇を唱えて英国に挑戦するが、結局ワーテルローの戦いに敗れ去る。
産業革命を主導しながら覇権を維持した英国はドイツの挑戦や2度の世界大戦を通じ国力・経済が疲弊、その英国に変わって米国が覇権交代を成し遂げた。というものだ。
そして、ここにきて、中国の台頭が米国の覇権を脅かす情勢となってきたのはマスコミが報道するところ。

もう少し、何とかならないものかと思うが、世界はそんなに甘くないらしい。
確かに、飢えや貧困と闘っている国と余った食品を廃棄している国とでは考え方が違うかもしれない。

この本「活米という流儀」にはもっと深刻な問題もたくさん書いてある。
書いてあることが何だかどんどん現実に起きてきたような気がする。

この道はいつか来た道。

そうならないように小市民は何ができるか。

[PR]

by yahhosaito | 2014-05-16 17:29 | 日々 | Comments(0)

相変わらずの「薪」

2014年5月13日。

しばらく保管場所の理由からそのままになっていた薪。
ついに手を付けだした。

そのままになっている薪はふたつ。
一つは神社の薪。もう一つは近くのお宅の薪。
今回、神社の薪に手を付けた。

神社の境内にある木が生い茂り、大幅に伐採するという情報を得て、頂くことにしたのが確か去年の暮。
長さ40cmほどに輪切りにしてもらい、自宅には置くところがないのでそのまま境内の隅に置かしてもらってはや半年。
時間が経つと木は乾燥して割りにくくなるので、何とかと思っていたが、今回近くに薪小屋が完成し、いよいよ玉割り開始。

神社からは7月の祭り前には引き取ってくれということだったから、そのつもりでいたが、境内から運んで自宅に置いてみると、これが結構な量。
車で5回に分けて運んだ。
残りの径が50cm以上あるものは持ちあがらないので重機で運んでくれるという。

b0158170_06365186.jpg
木の種類は松、イチョウ、ヒノキ、楠。
これがいずれもなかなか割れず、四苦八苦。
それでも、3回に分けて何とか7割がた片づけた。

重さが3kgほどもあるグレンスフォッシュの斧を振り上げること300回?。
その間、割った勢いで台から転げ落ちた丸太を再度台にセットすること数十回。
さすがにへとへとになって、回復に2~3日かかる。

そこで、今回思い切って、電動薪割り機を購入することにした。
ピンキリだが、エンジン付は強力だが音が大きい。
電動でもいいのは高いし重い。
そこで、手配したのは4tの力の値段も4万弱。重量は50kgほど。

ネット手配なので、到着までに数日かかるみたい。
どこまで割れてどのくらい使い物になるか楽しみ。

このあと、まだ、第2陣の薪の引き取りがある。
梅雨までに何とかしないといけない。





[PR]

by yahhosaito | 2014-05-13 06:53 | 日々 | Comments(0)

5月連休と地震

2014年5月6日。

5時18分ごろ地震があった。
いきなり下から突き上げるようなドンドンという動きのあと、1分くらいして、横揺れがあった。これが結構大きかった。

直ぐにテレビをつけると、東京都心で震度5弱。この辺は震度3~4だった。
地震の怖さは、先が読めないこと。
もしかしたら震度7の前兆かもしれないと、急激に不安が襲ってきて、あとは成行きに任せるしかないと覚悟を決める。

テレビがすぐに原発の被害状況を伝えるところを見ると、やはり、地震と原発は切っても切れない関係。
付近の原発はたまたま定期検査等で停止中なので問題ありませんと伝えているが、運転中だったら、万が一があるので、怖い怖い。
最近の安全神話はどうも心配。

フクイチで進めている燃料棒取り出し関係者は肝をつぶしただろうと思う。
今、4号機からの取り出しは約半分進んだ
b0158170_05584970.jpg
昨日はいつもの田んぼで、クリムソンクローバーBBQを行った。
10時半から始まって終わったのが18時半。
途中にクローバーにうずもれて寝て時間は約1時間。

よく寝て、よく飲んでよく食べました。




[PR]

by yahhosaito | 2014-05-05 05:59 | 日々 | Comments(0)

誰でもある失敗

2014年5月1日。

今日から5月。
ということは、2014年もはや1/3が過ぎて行ったということか。イヤハヤ・・!!

第一回の現役を退いてからもはや7年を過ぎた。イヤ早い!
生まれてものころごついてから60年というか70年というか・・・
50年前のことはついこの前のような感じだから、逆算すると、更に50年前(今から100年前)は明治30年位?
さらにその50年前は150年前として江戸時代末期。大政奉還が行われ、江戸幕府が滅びる十五将軍徳川慶喜のころだ。

50年という体験の感覚(物差し)からすると、150年前はそんなに古い昔じゃない。
そう思うと、鎌倉時代だって800年ちょっと前だからそんなに古い話でもないと思えてくる。50年の記憶の15,6回分だ。

今朝の新聞に、某旅行会社の「失敗」の話が出ていた。
隠さずにいれば、長い歳月が笑い話に変えてくれたものを・・という内容だ。

自分も会社時代に数々の失敗をした。
退職して、遠い昔になった今、いまじゃ、思い出話か笑い話だ。

記憶しているベスト5はこれだな。
①手配ミス:
コンピュータのプログラムが間違って、違った仕様の電線を買ってしまった。
しかも5000m(7000mだったか?)も。当時のお金で170万ちょっとだと思う。今のお金にするとたぶん1000万を超えるかも。
特殊仕様の51芯の太いケーブルで返品もリサイクルもできず、捨てるしかなかった。
上司に話たら、始末書(顛末書?)だけであんまり怒られなかった!?

②払い出し単価の計算ミス:
在庫管理システムでは払い出し単価は移動平均法という計算式で行う。これを、どういうわけか間違えた。1年強あとにミスが発覚し、その間の製品の原価計算を間違ったままやっていた。
結果、赤黒訂正というのをやるために10日ほど伝票を書きまくった。1週間くらいはどういうわけか課長も朝から晩まで手伝ってくれた。書いた伝票は1000枚を超えていたのかもしれない。
その課長は何年かして別の事業所に部長として赴任し、40歳代で急逝された。いい課長だった。

③本社社長表彰時のミス:
某社は毎年社長表彰なるものがあって、本社で社長から賞が手渡される。表彰される事業所や個人は大変な名誉とされる。
たまたま、本社で事務局をやっていたときに、表彰式の司会をやった。その際に「社長技術賞」を読むのを忘れた。すぐ横に技術部門のトップ(専務)がいて、それに気づき、横で囁く!
「ギジュツッ!」「ギジュツッ!」・・・
なんかざわついているなと思った瞬間、気づいた。
大変失礼しました、、、それでは技術賞の・・・

社長の前の大失敗だったが、特段お叱りは受けなかった。
が、別件で専務にえらく怒られた。機密漏えいに関する件だった。
その件以来、専務にはどういうわけか目をかけてもらった。

④同じく本社時代のメールミス:
その頃まだメールは今ほど一般的ではなかったが、某社はメールが活躍していた。
本社からの通達メールはそれなりに権威?があり、各事業所や支店への配信はその部門のトップに配信することが多い。そこから、組織内に展開される。
だから、メールを配信する前には何回かチェックを行う。間違えたらタイヘン!
ある日、メールの一斉送受信?のボタンを何の気なしに押した。
すると、なんだかどうもPCが送信を一生懸命にやっている様子。変だなあと思っているうちに、電話がじゃんじゃんかかってきた。
「昔のメールが一斉再送信されているぞ!」
あわてて、電源ケーブルを引っこ抜いた。
全社の事業部長クラスに今までのメールが何100件も一斉に再送信されてしまった。
まいった!!

⑤弁当ミス:
課の夏のキャンプに行った。定時後、船に乗り、千葉県の富津に。
夜食の弁当(パン)を会社で手配し、30~40人分持っていく当番が私だったが、それを会社に忘れてきた。さて、夜食のサンドイッチを作ろうという段になって、先輩の女性に、「S君、パンはどこにあるの?」
エッツ!会社だ。スイマセン!!
その晩の夕飯は野菜だけ食べたのかなあ・・・当時、コンビニはなかった。

まあ実害は、①位だな。
命以外のことは、大概何とかなる。多くは20歳代の失敗。

某旅行会社の手配ミス。ありうる話だ。
しかし、やり方がとても上手くなかったね。

懸案の薪小屋がほぼ完成した。
5月中には来年分を積み上げよう。1年分は入るはずだ。
b0158170_09081067.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2014-05-01 08:14 | 日々 | Comments(0)