yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


長野へ

2014年11月28日。

27日の午前、あまりの天気の良さに長野の出掛けた。
本来は27日28日と先月転勤した次男の残り荷物を届けに兼、紅葉見物に行くはずだったが、長野の地震で急きょ取りやめ。

では、道了尊の紅葉見物に行こうと思っていたことろ、あまりの天気の良さに、長野地震は何とかなるだろうと、当初の予定通り、一路長野へ。
長野へは先月買ったAQUAの遠距離試運転の意味もある。

長野へは圏央道を通って4時間足らず。早い。
圏央道は意外と混んでいる。
この車の量が今まで首都高速などを走っていたと思うと、圏央道の意味は大きい。

AQUAは快調。リッターは25km位。結構結構。
ガソリンはなかなか減らない。verygood!

ホテルは予約していなかったので、駅前のメトロポリタンホテルで泊まることに。
ジパング会員は3割引きだと!儲かった。

善光寺、小布施、須坂と観光地を堪能。
善光寺は20年ぶり位かも。
この前の地震で境内の灯篭がかなり崩れている。すごい!!

小布施は2年ぶり位か!?サイクリングで行った。
その時見かけた、平塚運一美術館。
今度来たときはぜひと思っていたのが実現した。

しかし、見たいと思っていた裸体像の版画はなく、風景がほとんどだった。
版画の画風は力強く、シンプルで素晴らしい。
棟方志功も素晴らしいが、個人的にはその次ぐらいにいいと思う。

日本も美術館・博物館が増えた。
それだけ芸術品や工芸品が多いということ。文化度が高いというべきか。
b0158170_07430723.jpg
 
(ワイナリーの中の小さな教会)
     

知らない街で見つけた小さな美術館。いい発見をした時のうれしい気持は嬉しい。

[PR]

by yahhosaito | 2014-11-30 07:48 | 日々 | Comments(0)

第3回コンサート

2014年11月24日。

カンツオーネクラブのコンサートがあった。
今回は駅の近くにある教会。
この教会中々しゃれた教会で音響も素晴らしくよく、歌っていても気持ちがいい。

曲目はいつもの7曲。
「ボラーレ」「オソレミオ」「海の男」「サンタルチア」「フニクリフニクラ」「忘れな草」アンコールに「帰れソレントヘ」おまけで又「オソレミオ」
b0158170_07215819.jpg
  
(お客さん来る前のリハーサル)


お客さんも100人を超え盛況だった。

早いもので歌はもう7年にもなる。
普通だったらとっくにやめているが、仲間が辞めさせてくれない。
歌っていればそれはそれで楽しいので、まだ続いているというわけだ。

歌の才能は全くないが、強いて言うと小学校の時、先生から学年の中で選抜され、何人かが集められた。君は上手いからとか言われて一時的なコーラスをやったくらいだ。
たぶん別にうまいわけでなく、勉強はほどほどで来たから、まあ、歌もいいだろうという先生の判断だったに違いない。

そのことをまだ覚えているから、タイミングよく褒めるということは、その後の人生を変える可能性もある。

油絵だってそうだ。
もう20年以上朝日カルチャーに通っていると思う。
普通ならこちらもとっくにやめているが、こっちも仲間がいる。
止めるにやめられない。
描いていれば楽しい。
その繰り返しでここまで来た。

アサカルにはいくら払っただろう。
20年×12か月×7000とすると、168万円。
うひゃ!

絵の展覧会も年明けにある。
今回は5枚出展せよとのお達し。
あと、1か月強。

嬉しいような悲しいような・・・


[PR]

by yahhosaito | 2014-11-25 07:25 | コーラス | Comments(0)

11月22日土曜日

2014年11月22日。

辺りはすっか秋となり、紅葉も少し盛りを過ぎたかという風情だ。
今年の秋は少し早いかもしれない。

また選挙が始まる。
何のための選挙か?
『現政権の2年間を問う』と新聞の見出しに書いてあるが、問うために600億も700億もかけるのはすこしばかげている。
もっと別の問い方があるはずだ。

統計の手法からいえば、母数は1000もあれば1億の傾向を知ることができる。
層別にみるのしても1万もあればそんなには変わらない。
それだったら1千万もあればお釣りがくるだろう。

とすると、意味は別のところにある!?

今、選挙に出て勝っておけば、今後の運営が楽になる?
勝って、その後の4年間!?安定政権で法案を通す。
それが日本のため。
たぶんそう思っている。

600億あれば、かなりのことができる。
全国に市は800弱あるから、ほぼ、ふるさと創生?資金に1億円配れる。
町や村は1000くらい。
市町村には大中小あるから、大きさ勘案して1800市町村に分配すると、わが市は1億円近く貰えそうだ。
いいなあ・・

もっとも最近はすこし麻痺している。
福島原発の廃炉や保証費、除染に11兆という試算もある。
医療費が年間40兆円。生活保護費が3兆円、リニア新幹線が9兆円・・・
何年か前、高速道路が1000円になったとき、国が道路公団に肩代わりして払ったお金が5000億円くらいだったと思う。

もう麻痺だな!
ささやかなお小遣いと比べる方がおかしいね!?
b0158170_11190961.jpg
近くの公園はすっかり秋。
見な休日を楽しんでいた。


[PR]

by yahhosaito | 2014-11-22 11:22 | 日々 | Comments(0)

丹沢札掛ドライブ

2014年11月14日。

秋が深まってきて、付近の落葉樹もだいぶ色付いてきた。
今日は素晴らしくいい天気。
富士山も8合目以上は真っ白で、青空に孤高として立っている。
丹沢も澄んだ空気に堂々と存在感を見せる。

紅葉の綺麗なうちにと、丹沢に出掛けてみた。
AQUAの試運転も兼ねて。

AQUAはそろそろ1っ月。
500kmほど走った。
今のところ、燃費はリッター22~23kmと言ったところか。
あまりそろそろとした走りでもなく、急加速するわけでもなく、ごく普通に走ってこれだけ走るのだから、さすがハイブリッドだ。

満タンは36ℓということなので、満タンで800km位は走りそうだ。
月に1回ほどの給油で済む。しかも36ℓなら、5000円足らずだろう。verygood!

丹沢は平日なので静かだった。
時々サイクリストと車に出会うくらい。ハイカーは少ない。
b0158170_05152779.jpg

札掛や諸戸は懐かしい響きだ。
高校生の頃初めてこのルートを行った。
いまから50年以上も前はこの辺も実に鄙びていて、山奥の風情だったが、最近は道もよくなって、いい山岳ドライブコースになっている。

同じコースを1年前自転車で走ったが、車は楽だ。
車の難点は、楽すぎて降りるのが面倒になり、景色のいいところも素通りしてしまうことだ。
その点自転車だと、いいところは迷わず停車して景色を堪能できる。

名古木から入って宮が瀬を抜けるまで1時間強。
丹沢は300~700mあたりが紅葉の真っ盛りと言った感じだった。
b0158170_05161269.jpg

帰りに厚木の黄金井酒造で新酒搾りたて原酒を買う。
明日は地元仲間の飲み会。楽しみ!

[PR]

by yahhosaito | 2014-11-15 05:16 | 日々 | Comments(0)

横山大観展

2014年11月11日。

11月は十一月。11日は十一日。
プラスマイナスで今日は電池の日らしい。
昔、新宿に出掛けたのが11/11で駅のコンコースにそんなPRが出ていた。
いろいろなことを考える人がいるのだと思うが、結構こういうダジャレやありえないシュチエーションが好きだ。

テレビもコマーシャルもばかばかしいのが好き。犬がしゃべるCMもだれが考えついたのか・・・エライ!

10/11から平塚の美術館で横山大観展をやっている。11/24日が最終日なので見損なわないうちに出掛けた。
「横山大観の富士」という題目。

実は大観はあまり好みでないと思っていたのだが、実物を見るとさすがにすごい。
近代日本画壇の文字通り長老というか巨匠だが、晩年の作など80を過ぎて製作の意欲というかエネルギーはすごいものがある。
b0158170_19445629.jpgこの絵は「《砂丘に聳ゆ》1941年/メナード美術館蔵」とのことで、平塚市美術館のHPより借用した。

平日というのにかなり混んでいて(と言っても東京の混雑とは違うが)もう一度、早い時間にゆっくりと見てみたい。
今度は解説のレシーバを借りて丹念に見てみよう。

併設の松尾敏男展も素晴らしい。
文化勲章受章者の作品となれば超一流。そのはず。
一つ一つの絵のわきにある解説も含蓄があっていい。

ところで、絵の種類だが日本画はかなり世界でも独自の技法ではないか!?

油絵、アクリル絵、南画、パステル画、水彩画など思いつくが、その中でも日本画はかなり独自性が高いような気がする。
色の付いた石を細かく擦って膠で溶いたものだが、おそらく世界中でも稀な日本独自の絵の材料だと思う。

モチーフを描くという気持ち(意識)は油絵も日本画も変わらないが、描くときのフィーリングというか思い込みというか感触というか・・
例えて言うと、同じ新潟に行くのでもセダンで行くのとワゴンで行くのとスポーツカーで行くのとの違いのような感じか・・・?(ちょっと違うか!?)

何かそんな感じがして、日本画もいいかも!という気がしてきた。

[PR]

by yahhosaito | 2014-11-11 19:48 | 日々 | Comments(0)

秋の花菜ガーデン

2014年11月3日。

今日は親父の命日。
もうあれから9年が経った。

昔は自分と親の時間差はすごく大きかったような気がするが、30歳の時生まれたとすると、30年の時間差だ。
あっという間に10年が過ぎ去るこの時期、30年の時間差はなんと短いことか。

急速な勢いで、親父の年に近づいていく。
つまり、親父は長生きした方だが、その死んだ年にだんだん近づいていくのが嬉しいような怖いような…
(まあできれば、健康で長生きしたいというのが本音ではありますが・・・)

上の娘が我が家に来ているので、カミさんと娘家族の5人で出かけてみようということになり、小田原のざる菊園か花菜ガーデンに行きたいと娘が言った。

3日は晴れの得意日で、きっとざる菊は混んでいるということになり、近くの花菜ガーデンに行くことになった。(ゴメン、CZさん)
近いのだが、出来てもう5年くらい経つというのに初めて行った。
いま、秋バラの真っ盛りだという。

意外と空いていて、駐車場もスムーズ。
辺りはフラットなはずなのに、近くの家々が木立に囲まれて見えない。
遠くに大山山塊が澄んだ空気の向こうに見える。
中々いいとこ。

薔薇も最盛期でいい香りを漂わせている。
芝生に弁当を広げて食べる。
孫がはしゃいで食べる。娘と旦那とわが古女房。
幸せは中ぐらいよりすこぶる上の感じがしたのでした。
b0158170_14441058.jpg

折角なので花菜の写真をパチリ。
まあ(おお)綺麗!
b0158170_14450092.jpgb0158170_14471587.jpg園内にある施設の中で、チェコのカレル・チャペック氏の名前を初めて知った。




[PR]

by yahhosaito | 2014-11-04 14:47 | 日々 | Comments(0)