yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


キューバのニュース

2014年12月18日。

娘のいる千葉に行く途中、キューバ大使館に寄った。
ツーリストカードを貰うためだ。

来年2月に地元の友人とキューバに行く予定にしているが、キューバに行くにはツーリストカードなるものが必要。
その申請に寄ったのだが、家を出る少し前、7時のNHKのニュースを見てたまげた。
アメリカがキューバと国交を回復するという。

そんな話があたっけと思いつつ、9時半ごろキューバ大使館についたが、なんと、担当職員がまだ来ていない。
先客が一人おり、彼に聞くと、今朝のニュースでバタバタしているとのこと。

そりゃそうかもしれない。
何せ、50年ぶりの出来事。おそらくマスコミ対応などで忙殺されているに違いない。
先客の彼は30代後半で、聞くと、仕事でよくキューバに行くらしい。

キューバはアメリカと国交を断絶して以来、経済的にはかなり厳しい状況で、ものもかなり不足している。雑貨品の乾電池などもデパートのショーケースに入っている位らしい。貴重品だ。

しかし、今回のことで展望は明るいと嬉しそうに話していた。
スペイン語がペラペラで大使館の人とも顔見知り。何やら今朝のニュースのことを話し込んでいた。

我々はキューバと言えば「キューバ危機」と「ゲバラ」くらいしか知らない。
「見砂直照と東京キューバンボーイズ」というのもある。(古い!!)
先客の彼が言った。
嬉しいことだけど、いままでの良きキューバが無くなっていくと思うと少し淋しい。
b0158170_18515862.jpg

来年2月までにどのくらい変わるかは不明だが、古き良きキューバの最後が見られるかもしれない。
首都ハバナには世界遺産が9?とあるという。楽しみ。

事情が変わって、「ツーリストカード」は不要です!ってことになるかも?
今朝、カード会社から付帯の海外旅行保険の証明書が届いた。
キューバ入国には海外旅行保険に加入が義務付けられているのだそうだ。



[PR]

by yahhosaito | 2014-12-20 18:52 | 日々 | Comments(0)

冬の花

2014年12月10日。

師走に入り、畑や片付けもの、地域の雑事などしているうちに、もう10日経ってしまった。あれもこれもと思いつつもなかなかはかどらず、気が付いてみると、時刻は3時を回り、日が傾いて勢いが弱弱しく、そうこうしているうちに山の端にお天道様が隠れる。
あとは急速に寒くなり、酒でも飲むかとお楽しみの時間が始まる。

冬薔薇(ふゆそうび)という季語があるが我が家の冬薔薇は蕾のままで中々開花しない。
この寒さではさもありなんか。
b0158170_15492272.jpg
それに引き替え山茶花は満開状態。
毎年綺麗な花をつけてくれて、我が家の小さな庭を演出してくれる。
時々、トイレの一輪挿しにもなって、重宝する。ありがとう。
b0158170_15504675.jpg
千両も毎年よく赤い実を付けるが、小鳥に狙われ正月用にと思っていると肝心の実がないということが何回かあった。
そこで、正月までは鳥よけにと100円ショップの網が役立つ。

午後から、某ホテルで行われた某代議士の応援演説会に行ってきた。
500?1000人?ほど集まっており、関係者が登壇し演説をする。
皆さん慣れているのかお話がうまい。

あと選挙まで4日。
さてどうなるのか。大義なき選挙といわれ、「減らす」と言っていたが、意外と「大勝」するかもしれない。
天気予報は晴れ。
寒いが晴れれば日中はほどほど暖か。
すると、いつも行く人は今回もいく。

株は大台に乗るかもしれないな!?

[PR]

by yahhosaito | 2014-12-10 15:53 | 日々 | Comments(0)

京都へ

2014年12月2日~3日。

先週の長野に続いて京都にサイクリングに出掛けた。
長野は思い付きだったが、京都は2か月ほど前からの計画。

新幹線で米原まで行き、そこから自転車で琵琶湖を半周しそのあと京都へ行くもの。
1日目は米原から長浜に行きそこから戻って彦根、近江八幡を通って琵琶湖大橋の近くにあるラフォーレ琵琶湖に泊まり、2日目は琵琶湖大橋を渡って京都に入り、大原、洛北、京都市内を自転車で散策する。

長浜は秀吉が城を作り、琵琶湖の北の地方として栄えたところ。
戦国時代の遺跡が沢山ある。
街並みもどこかおっとりした所があっていい雰囲気だ漂っている。
b0158170_11173190.jpg
城の目の前は琵琶湖。
やはり、戦の守りとしての築城と、船での交通の便を考えての場所だと思う。
琵琶湖は周囲が200kmを超え、対岸までは30km近くあるらしい。
大きい。

天気は抜群に良かったのだが、急に気温が下がり、日中も7~8度。おまけに風が強く、体感的には0度近くだっただろう。
寒いのはまだしも、向かい風は自転車乗りにはこたえる。

結局、宿まで自転車は日没を逆算して、4時前にギブアップ。
途中、草津線?に乗り換えて無事17:00過ぎにラフォーレ到着。ヤレヤレ!

ここは元弊H社が法人会員になっていて、会員?価格。
築30年とホテルの人が言っていたが、なかなか綺麗で素晴らしいホテル。
従業員の対応も完璧で気持ちいいホテルでした。

この時期、たぶん客は満室の50%以下と思われ、その1/3は中国や韓国からのツアー客のようだった。

翌日はバイキングで目いっぱい食べて、エネルギーを蓄積。
8:10、大原を目指して出発。20kmほどの行程。
但し、高さ300mほどの峠を登る必要あり。これが結構キツイ。

大原三千院は結婚して間もなく来たような気もするがそれでも40年ぶりかも知れない。
紅葉は盛りを過ぎていたが、聞くと11/22頃が見ごろで、最盛期は10,000人くらい一日にきて、それは大変、今日はその1/20~1/30ですと言われた。
そりゃすごいことだ。
b0158170_11351637.jpg

そのあと、詩仙堂、銀閣寺をめざし、下賀茂神社、南禅寺をみて、京都市内へ。
京都の神社仏閣は鎌倉と違って、大規模で派手。
鎌倉と京都とどちらがお好みかと言われると、難しいところ。
b0158170_11213967.jpg
京都は大きすぎて少し庶民の実感から離れたところのような感じもする。
自分は鎌倉のこじんまりした花の寺の方が親しみやすい。

京都駅18:33のひかりで「菊水」をたしなんでいるうち、あっという間に小田原に。
京都を出て、3時間後には我が家のお風呂に浸かっていたのでした。

[PR]

by yahhosaito | 2014-12-04 11:27 | 旅・サイクリング | Comments(0)