yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


スマホとガラケー

2015年2月20日。

先日、スマホを買った。
いままでのガラケーは使い始めて20年弱。本社勤務になったときに、必要上買った。
以来、4~5回ほど買い換え、ついにスマホとなったわけだ。

いままでのガラケーはそれなりに便利に使っていたが、2~3か月ほど前から画面の下の方が見えなくなり、不自由していた。可愛いツーさんが悪戯して壊した。
元来、いい大人がスマホに夢中?になっているのをあまり褒められた風景と見ていなかった自分としては、少し抵抗があったが、店で見ているうちにすっかりその気になって、ほぼ衝動買いといった感じではあった。
b0158170_07020223.jpg
まだ数日なので、使い方があまり良く分からないが、それでも電話とメールと簡単なwebくらいは見られるようになった。
確かに、便利ではあるようだ。

ただあくまで、通信機能に機械なので、PCにはかなわない。
word、エクセルなどはできない。
PCは知能マシンとして、書いたり、作ったり、考えたりするときに欠かせないが、スマホはそういうわけにはいかない。(と思う)

月、4000円強というランニングコストで、格安なのだそうだが、どうもこれも少しからくりがありそうで、2~3年後には7000円くらいになりそうだ。
それに、重い。大きい。

少し早まったか!という気も若干するが、便利に使えそうではある。
ほどほどに使おうと思っている。
のめりこまないように。まあ、1日、延べ30分以内だな!?

上手くいくか!?

[PR]

by yahhosaito | 2015-02-20 07:04 | 日々 | Comments(1)

大磯二宮方面

2015年2月13日。

妻が二宮に用事があり、送って行きながら、折角なので寄り道を。
小田原の辻村植物園が梅のシーズンかもしれない。

AQUAはガソリン代が気にならないので、どこでも気軽に行ける。
BORAは7kmしか走らないので、リッター160円もする時代は、つい、待てよ!と考えてしまう。
今はおかげでガソリン代を気にせず走れる幸せ。
若干、AQUAのおもちゃチックなところは我慢しよう。

辻村植物園は5年ぶり位か?
前回は確か、自転車で来て、アッチこっち走った。

総合公園と同じくらいにまだ1週間早かった。
平日なので見物客も少なく、のんびりと見て回った。
b0158170_08142851.jpg
梅林の奥に桜の玉切りを発見。
直径30㎝ほどの薪にするには手ごろなサイズ。しかし、我が家も薪はすでに飽和状態。諦めた。

遠くに相模湾が光っている。
2月の少し寒い日だったが、あと少しで春。

pm、妻とラディアンで合流し、吾妻山へ。
菜の花がきれいと聞いた。
裏から登り、30分ほどで山頂へ。
b0158170_08162155.jpg
見事!

帰りに、大磯の魚屋で「どんこ」とぶりの刺身を購入。
夕食はどんこの煮物を堪能。

旨い!



[PR]

by yahhosaito | 2015-02-13 18:29 | 日々 | Comments(0)

立春を過ぎて

2015年2月12日。

立春過ぎて早1週間。
昨日今日と暖かい。
天気もいいので近くの公園に出掛けてみた。

総合公園はちょっとした梅園があり、この時期にいい匂いがしてくる。
さて、どこまで蕾が膨らんだか!?
暇な前期高齢者はAQUAに乗って出かけることにした。

まあこんな感じ。
まだ、少し早いが、梅の香りはどこともなくしてくる。
あと10日もすれば急速に花開くだろう。
b0158170_21033151.jpg

サンシュや白モクレンも楽しみな花。
モクレンはまだ堅い蕾だが、3月に入ると他の草花に先行して咲き出し、心を和ませる。これも楽しみ。
b0158170_21063400.jpg
満天星やヒメシャラも枝の先に木の芽が膨らんでいる。
低い丘陵や森の中の木々が一斉に芽吹きぼーっつと薄緑色に覆われる日も近い。

[PR]

by yahhosaito | 2015-02-12 21:10 | 日々 | Comments(0)

永遠のゼロとコマーシャル

2015年2月11日。

小説を読んだり「遊就館」に行ったり、永遠のゼロにどっぷりつかっていたが、たまたまテレビ番組を見ていたら、3日間シリーズでたっぷり放送があるらしい。

1時間番組だと、簡単にストーリーを飛ばして放送するので、小説を読んだ後にテレビを見ると、相当物足りない感じがするが、3日間の2時間番組、計6時間なので、これはかなり忠実に番組制作されると期待した。
b0158170_10383071.jpgテレビの番組はまあまあだったが、気になったのはコマーシャル。
オンタイムで観たのだが、録画もしておいたので早送りでコマーシャルの時間を調べてみた。
あまりに多くて頭に来たから!!

録画機能の表示によると、2時間20分の総放送時間内に32回のコマーシャルが入ると表示されている。
試しにエイヤーで測ってみた。
すると、合わせて40分強。
2時間20分は140分だからそのうち40分は28%となる。

うふゃ!本当か!?

民放はCMが収入源でこれで番組制作がされる資金になるので文句は言えないが、それにしても3割近くもあると少しヤニなる。
始めの30分くらいはCMなし。後半は10分おきくらいにCMが入る。
これも最初は番組に浸かって離(せ)さない民放側の作戦!?

これからは録画してみよう。
2時間番組は1.5時間で済む。
早見再生すれば、1時間も掛からないだろう。
あまり早見すると、味も素っ気もなくなるキライあるが、残りの人生も少ない!?

時間は大切に使おう!



[PR]

by yahhosaito | 2015-02-12 10:39 | 日々 | Comments(0)

遊就館 part2

2015年2月2日。

所用で東京の九段に行った。
用事が終わって、折角なのですぐ近くの靖国神社に寄ってみた。
遊就館をもう一回行ってみたかったから。
b0158170_20224328.jpg
今、「永遠の0」を読んでいる。
600p近くあるから、かなりのボリュームだ。しかし、一気に読める。
ほとんど読み終えたが、本を読みながら涙腺が潤んでくるのは久しぶりか。
永遠の0は特攻隊の話。
だから遊就館に行ってみたくなった。

今年は奇しくも終戦70年年目の年。
その節目に、永遠の0を読んで、靖国神社の遊就館に行くチャンスがあったのは、何かの縁かもしれない。

永遠の0は百田尚樹氏の本だが、10年ほど前に発行され、300万部も売れたという本。
彼が執筆に際し、参考にした本はいろいろあるが、なんと、「戦艦ミズーリに突入した零戦」というのが上位に書かれている。

この本は、私が某H社に入ったときに、Jk係に配属されそこの上司(係長:H社では主任という)であったk氏が定年後に書いた本。
その本も感動したが、今ここに、百田氏が大ベストセラーになった本を書くに際して、参考にした本とは少し感動する。
b0158170_20213439.jpg

そこに書かれている内容と遊就館の事実とが重なって、何ともやりきれない気持ちになる。
遊就館には「桜花」という特攻ロケットも展示されている。
桜花は「永遠の0」にも出てくる。

「桜花」はH市の某会社で作っていたという。
何たる・・・!

戦争は通常の感覚では想像と論理を超える。
何とひどいことをと思うが、その時代と今の時代で同じメジャーでは測りきれないところがあるとは思う。
それにしても・・・

「永遠の0」が書かれた時代背景から10年経っている。
当時でも特攻のことを知る人(生存者)は少なかったのだから、今はほとんどいないだろう。
70年ということは当時20の人が90ということだ。
では、段々記憶から無くなってしまうのか。

たぶん、7月8月になると、マスコミは70周年の特集を組むと思う。
ぜひ、いい番組を作って、語り繋いてほしい。
まだ、永遠の0を読んでいない人は読んでほしいと思う。
感動する。
間違いない。

[PR]

by yahhosaito | 2015-02-02 20:24 | 日々 | Comments(0)