yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


畑の収穫

2015年7月29日。

先ほど、クソ暑い中、先ほど畑に行ってきた。
今年は、どういう訳か、大豊作。

今まで借りていたところから、別の場所に引っ越したが、多分、輪作障害が全くなかったせいかと思う。

枝豆、インゲン、カボチャ、ナス、キュウリ、トマト、スイカ、オクラ、トウモロコシ、里芋、ピーマン、サツマイモ、生姜、あたりがメイン作物。

枝豆は合計で豆にしてバケツ3~4杯ほどとれた。spec通りに4%の塩水できっちり茹でると、さすがに美味かった。子ども達に配ったり、冷凍にしてビールのお供にしたり・・・

今は、インゲンとトウモロコシ、枝豆が盛りを過ぎて、引っこ抜いてきた。
感謝。美味しく戴きました!!

b0158170_13163436.jpg
それにしても電線が気になる。
因みに、取ってみた。
ああスッキリ。
b0158170_19435643.jpg

b0158170_13195170.jpg


[PR]

by yahhosaito | 2015-07-29 13:20 | 日々 | Comments(0)

100年カレンダ

2015年7月28日。

今日も暑くなりそう。
昨日は暑かった。
一昨日もとても暑かった。
先一昨日は我慢できなかった。

こうして、一日一日が過ぎていく。

100年カレンダーなるものを知ったのはまだ現役のころ。
100年の時間長さを視覚的にみるとこんな感じだという一覧表?のカレンダーだが、見様によっては感慨深いものがある。

b0158170_07361170.jpg
100年=36500日を1日毎に*印でドットを書いて並べる。そうするとこうなる。
1年ごとにマークを入れて、区切りをつけると見やすい。
自分の人生が時系列化されて見える。

ドット1個が1日。わが人生の最小限に濃縮?した形。

ただこれだけのことだが、結婚したのはこの辺かとか、40歳のころはいろいろ仕事で悩んだなあとか・・・、あれはこの辺だったかとか・・・
もっとも、A4の1頁の限界でドットは80才までしかふって(書けない)いない。

ある種の、鳥瞰図ともいえないこともない。

♪(オレの人生)分かるかなあア・・・
   分かんねえだろうなア・・・・・・

残りの人生の目安!?  オッツットット!!

俯瞰して全体の位置付を知る。
まあ、大事なことかもしれない。



[PR]

by yahhosaito | 2015-07-28 07:39 | 日々 | Comments(0)

戦後70年と神社

2015年7月21日。

20日は海の記念日。
当地区ではこの日に戦没者の慰霊を行う。「平和を感謝する集い」だ。

この日、参加してきた。ちょうど梅雨が明け、猛烈な暑さの中、行われた。
いつも、毎年、酷暑の中でやることが多い。今年も同じだった。
参加者は200名ほど。遺族をはじめ、地域の役員や関係者、それに、行政や政治家など場集まる。

一連のセレモニーに続いて、今回は戦後70年という節目でもあり、「戦争の体験談」の話があった。
始めざわついていた会場も話の核心に入ると、ギラギラと照りつける中、あたりはシーンと静まり返って、82歳のおじいさんの話に聞き入った。
今から70年前。中学生の時の体験だった。

b0158170_15073800.jpg
海岸の近くにあった彼の家にナパーム弾が直撃。一家7人中、姉と妹、弟の3人が亡くなった。猛烈な火傷で地獄絵の様な最期だったという。
本人も両足の腿に火傷を負い、野球のボールほどの火ぶくれがいくつも出来た。逃げるとき、内またでそれが擦れて、歩くのもままにならなかった。その後、厚木の親戚を頼ってそこからリアカーに載せられて行った。
途中、朦朧状態の中、頑張れがんばれと言う大人の声が聞こえた。途中の沿道沿いで、炊き出しが行なわれていた。H市は大変だったらしい・・・。そんな会話がリアカーで運ばれている自分の耳に届いた。
インタネットもローカルネット局もない時代の情報網は口伝えが主力だったらしい。
空襲は7月17日だったから、運ばれたのは7/20前後。おそらく、今日のように暑い日だったに違いない。

今は、平和の時代になり、中々戦争の体験を聞く機会も、語る人も少なくなった。

そして、今日。また、猛烈な暑さの中、神社社殿移築等の奉告祭があった。
小さな小さな神社だが、伝統と格式ある神社。
あることでお手伝いが出来、その関係で出席させてもらった。
b0158170_15072496.jpg
神社や寺院のしきたりや付き合いは今一つ分からないが、こういう機会を通じて、地域の関係が深まっていくことは大いに意義があることだと思う。

直会で少し飲んでしまった。昼間から。



[PR]

by yahhosaito | 2015-07-21 15:08 | 地域 | Comments(0)

お寺の葬儀

2015年7月15日。

先日、我が家の菩提寺の葬儀があった。
先代の住職が亡くなった。

先代の住職さんのことを「東堂さん」と呼ぶ。(らしい)
総代の幹事から、家に電話があり、何時いつ東堂さんが亡くなったので、葬儀の手伝いに来てほしいとのこと。家内が受けた。

お父さん東堂さんって誰?
えっ!?知らないなあ・・?
かくいう、自分も総代の一人と言うことになっているので、檀家名簿を見てみると、いない?
寺の日々の案内書類を見てみると、「東堂」という文字を見つけた。
そうか、先代の住職の名前だ・・

中々偉いお坊さんであったらしく、葬儀には近隣の多くのお坊さんが集まった。
2日間にわたった葬儀も無事に終えて、何とか「総代」の役目も果たした。
それにしても、初めて聞くことも多かった。
東堂さんはじめ、「方丈さん」とは北条さんと言う人かと思ったが、現住職の呼称らしい。
「檀信徒」。檀家のことだ。通夜を大夜(たいや)、法類(ほうるい)は同宗の寺や僧侶のことを言う。
ナルホド・・

ところで、今回の葬儀は当然のことながら東堂さんの寺で行ったが、最近の葬儀はほぼ100%自宅でやることはない。葬儀所だ。
簡単と言えば簡単。
かつては自宅でやったがご近所で自宅葬儀があったのはもう20年近く前かも知れない。

最近はもっと簡単になって、家族葬が多いようだ。
新聞の死亡記事をみても、『葬儀は家族で執り行いました』と言うのが圧倒的に多い。
確かに、葬儀は多くの人が貴重な時間を割いて、あるいは何をさておいて来てくれるので、大変と言えば大変。

『迷惑を掛けたくない』というのが施主や亡くなった本人の意思らしいが、家族葬ってどんな感じなんだろうかとも思う。
どうせ死んじゃったんだから、盛大にやろうがささやかにやろうが、あまり関係ないと言えばそうだが、ジジババを普通の葬式で送った側からの経験からすると、せめて葬式くらいは盛大にやりたいという感じもする。

昔から「村八分」と言う中で、「火事」と「葬式」は別物、と言う考えがある。まあ、その位、葬式は別格として扱われてきた儀式だ。
それが、最近、人間関係も希薄になり、葬式すら会社や近所も関わらなくなり、急速に葬儀が小規模化しているという。

なんだか、チト、淋しい。
自分の場合もそろそろ考えておかねばならないか・・・

「・・迷惑掛かる・・」(葬儀は別物、弔問外交ではないが、コミュニケーションの場でもあるもんね!?)
「葬式代タイヘン・・」(まあ、香典で何とかなるか・・)
「第一、人来る!?」(徳、積んでないので、来てくれる人ある!?あまり淋しくてもなァァ・・)
b0158170_07214106.jpg
アジサイがほぼ終わって、メドウセイジが咲き出した。
今年は塀に金連花をぶら下げてみた。
綺麗にに咲いているときはいいが、ずぼらな向きには大変かも。すぐぼさぼさになり、花ガラや葉っぱが黄色くなって、イマイチ見苦しい。
b0158170_07275712.jpg

[PR]

by yahhosaito | 2015-07-15 07:13 | 日々 | Comments(0)

2015年七夕

2015年7月5日。

一昨年より始めた七夕かざり。
昨年に引き続き3等に入った。良かった。

何年か前まであった地域の子供たちの竹飾り。
子供も親も多忙になり、地域子ども会行事の恒例竹飾りも、いつしか無くなってしまった。
じゃあ、おじさんたちが作ろうと言って初めて3年目。
折角なので、自治会回覧で、地域のちびっ子たちにも声をかけ、近くのバス停横に飾った。
b0158170_07304914.jpg
今年も、たくさんの短冊の応募もあり、賑やかになった。
鶴は600羽を新作。
昨年植えたミニひょうたん60個ほどに絵付けもした。
b0158170_07380157.jpg
それにしても、今年の飾りつけは雨で大変。合羽を来ても濡れるほどの大雨。
何とか審査までに間に合わせた。

「あったかいんだからあ・・♪」
知ってる!?クマムシよ!
これ、今年のテーマ。

夜はライトアップもありです。

本日、17時から入賞記念祝賀会。
また飲める!

[PR]

by yahhosaito | 2015-07-05 07:24 | 地域 | Comments(0)