yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


花火と千葉へ

2015年8月28日。

平塚の馬入川河口で花火大会があった。
毎年開催されるが、今年はちょうどその時刻、雨が予想され、危ぶまれたが、何とか持ちこたえ、開催決定。出掛けてきた。

下の娘夫婦と、その夫のご両親。孫も入れて合計7名。

海岸近くに、大駐車場があり、そのそばの芝生に陣取って見学。
あたりも大勢の観客がつめている。
花火会場からは1km弱離れているが、まずまずと言ったロケーション。

久々の近くで見る花火で中々結構でした!
計画では、芝生の上で、「お花火弁当」を食べる予定のしていたが、雨天で微妙だったので、弁当予約を取り消し、花火終了後に、中華レストランで会食。
10時ごろに、広々した自宅に帰宅した。
b0158170_05213264.jpg
広々したのは訳がある。

今日、午前中。上の娘たちが、千葉に帰った。
奥の部屋と、居間横の和室、居間に鎮座していた種々小道具が、エンプティとなった。8月と言うのに25度にも満たない気温のせいか、一層、寒々と感じられた。

まる4か月居た。
次男が生まれる前が1か月、生まれてから3か月。
途中、ママが腰を痛め、帰るのが遅くなった。

それに、長男が2歳半ではすこぶる手がかかる。
まあ過保護とも言えなくもないが、現実はかなり大変で、しばらくはサポートが必要と判断した。

おかげで、4か月の間、2歳半の孫と生まれたばかりの次男坊と至福の時を過ごした。
結果的に、思えば至福であって、しかし、日々対峙しているときは結構大変なことはある。
24時間とは言わないが、8時間ぐらいは、孫夫婦(亭主は週末)とべったりの生活だ。泣く叫ぶから笑いとお休みタイムの「カルーセル喜怒哀楽号」。

さすがに、別れるときは、辛かった。
先日、キャンプファイアで貰ってきたヨーヨーを赤いのがジジの、オレンジがババの、緑がつーちゃんのと言って、階段の下にぶら下げてくれた。泣かせる!!
b0158170_05414243.jpg
また直ぐに会いに行くからね!!




[PR]

by yahhosaito | 2015-08-29 05:42 | 日々 | Comments(0)

キャンプファイア

2015年8月23日。

地域のちびっこ広場でキャンプファイアをやった。
今回が初めての企画。

70数人のちびっ子やパパママが集まってくれた。
たき火を囲んで「ポッキンアイス」「ヨーヨー釣り」「フランクフルト」「わたがし」「ポップコーン」「ラムネすくい」の6出し物。
最後に花火と言う設定。

6時からの開始だったが、運悪く、5時過ぎから黒い雲から雨が落ちてきて、出した椅子やテーブルはびしょ濡れ。
さて困ったと、スマホで雨雲レーダーを眺めると、30分もすると雨雲は去り、晴れる気配。
5:45、開催を決行した。

6:15にはすっかり雨も上がって、あたりは急にヒンヤリ。verygood!!

予定通り、良いキャンプファイアができた。
b0158170_10411450.jpg
そもそも、今回のキャンプファイアは子どもたちの夏休みの最後の思い出づくりにと、ジジたちが企画したものだ。

時代の変化とともに、「子供会」が急速になくなり、子供たちが地域の大人や学年の違う子供たちと触れ合う機会が少なくなった。
パパもママもお仕事で、子供会なんぞやっている時間も暇もない。
第一、子供会に入ったら、役員で忙殺され、会合に何回も出なくては!と言った背景がある。

それならば!と時間とノウハウをたくさん持った?ジジたちが企画運営しましょうとスタートした。
七夕飾り、田植えと稲刈りも同じ延長線。

強力な若いお母さんの協力も得て、1回目にしてはまずまず。
直前の雨も、結果オーライで、火の粉の心配もなくなったし、涼しくなったし、急遽持参したテントやパラソルも小道具として、翌年のいいリハーサルにもなった。

子ども会の現状や問題点を調べていくと、いろいろとあるようだ。
我が地域でも1/3位が今年無くなった。
地域との連携で、若干問題が出てきた。

この辺は一度きちんと総括しなければならない。


[PR]

by yahhosaito | 2015-08-24 10:42 | 地域 | Comments(0)

我が家のパソコン

2015年8月20日。

我が家のパソコンはもう何台目だろう。
始めてパソコンを買ったのは確か20年少し前。会社で社内販売があり15万円位で買ったと思う。
デスクトップ型の重さ20㎏ほどある代物だった。
OSはウインドウズの3.1?だったかと思う。
当時はかなり画期的なもので、これで色々と遊んだ。
インタネットにつないでwebやメールなども始めた。世界中のインタネットの接続者がまだ2000万人とか3000万人とかの時代だった。

おそらく今はその100倍以上だと思う。
誰もが実に簡単にパソコンを使える時代になった。
始めてインタネットの世界に踏み込んだ時、ネット上に飛び交っている内容がかなり「アダルト」だったことにかなりの衝撃を受けた。エッツ!という感じだった。

あれから20年。
パソコンやコンピュータ、インタネットの世界もかなり変化したと思う。
思えば、会社に入って初めてコンピュータに触れ、こんなに凄いものが世の中にあるのかとたまげた。
電子計算機と言われ、1セットが当時で数億円もした。
電子計算機室は24時間完全空調で室内は22~23℃にキープされ、長時間、計算機を使う時は夏でも防寒着を着た。
空調の騒音、ラインプリンターから繰り出される印字音、カードリーダーの読み取り音、そもそも計算機の内部熱を外に放出するファンの音もなかなかの大きさだった。
今は、電子回路は超小型化され、空調もあまり必要とせず、価格はべらぼうに安くなった。

コンピュータの進化を測る尺度はいろいろあるが、計算スピードでみれば1万倍とか10万倍とかになるだろう。
メモリーの記憶容量もかつては20,000キャラクタが今では1,000,000,000バイトは当たり前の世界だから10万倍以上だ。
洋服ダンス位の記憶装置が今や500円玉サイズで、しかも、容量は2~3ケタ違う。凄い。

今や2歳半の孫は器用にスマホを操り、youtubeを見ている。
テレビがどういう仕掛けで映るのかを知らなくていいように、スマホやパソコンがどうして動くのかをあまり必要としない時代になった。

しかし、言いたい。
コンピュータの進化と共に歩んできた(ちとオーバーか!?)自分はやはりパソコンは二進法で動いていることをいくらかは知って欲しい。
つまり、そうした先人たちの努力があって今があることを。

コンピュータの歴史は古い。そもそも二進法の原点は「狼煙(のろし)」だと言われている。大昔、情報伝達の手段であった狼煙は、狼の糞を燃やして、意思を伝えた。
狼の糞の煙は黒い煙。わらを燃やすと白い煙が出た。それを組み合わせて、白白黒は「逃げろ」とか、白黒白は「攻めろ」とか、白黒の組み合わせで情報を伝えた。
つまり二進法だ。

白白黒は001、白黒白は010。狼煙の情報伝達スピードは時速150kmだったという説もある。コンピュータの基本は電子回路なので、電気信号のスイッチング、つまりon/offだ。
ついていればオン(1)、消えていればオフ(0)。
この組み合わせ。狼煙から始まり、パスカルやライプニッツ、バベッジなどのアナログコンピュータを経てチューリングやノイマンなどによってデジタルのコンピュータ基礎が確立された。

そんなことは露知らず、孫はタッチパネルを押す。
この後、どう進化するのだろう。
量子コンピュータなるものが実現すると、処理スピードは飛躍的に早くなって、パスワードさえも解析されかねない時代になったりすると、ちと問題だ。
ありとあらゆるものが解析され、記録され、分析される時代なんて来てほしくない気もする。

話しは変わるが、最近、「味噌」「ケチャップ」「ピザソース」などを作ってみた。
スーパーの味に慣らされた自分にとって、手作りの味は穏やかな優しい味がした。物足りない感じの中に、本来持っている自然な味が懐かしい気さえした。

コンピュータの進化もし続けると思うが、本来持っている感性や行動が、利便性や簡易性によって、淘汰されないように気を付けていきたいと思うが・・・

今の我が家のPCはこれ!
かつてのスパコンより強力!!第一小さい!!!
b0158170_10391855.jpg



[PR]

by yahhosaito | 2015-08-20 07:33 | 日々 | Comments(0)

2015年盆踊り

2015年8月8日。

今年の盆踊りは8日と9日。

櫓は前々日に、テントなどは前日の設営となった。
櫓の組み立てに動員がかかり、炎天下、2時間弱ほど手伝ってきた。
地元の自治会関係者、体育振興会、防犯、民生など役員が30人ほど集まって組み立て。

この櫓、数年前までは3間四方あり、かなり大きかったが、設営にあまりにも大変な作業がかかるというので、2間四方に小さくした。

2間と言うと、2×2で4坪、つまり8畳サイズで今までと比べ、かなり、こじんまりしている。
3間だと3×3で9坪の18畳。つまり、3間から2間にするということは、2/3だから従来の18畳の2/3で12畳と勘違いしたのか、実は8畳となって、従来の45%くらいのサイズになってしまった。

まあ、設営にはこの位が丁度いいが、櫓で踊るには正直、少々小さい。
大きくするような話もあるが、数年前に大きすぎるので、小さくしたのじゃないかよ~と言った話があり、暗礁乗揚げ中。
b0158170_13360837.jpg
そんな話とは別に、今年も多くの人が集まった。
天気も良すぎるくらい。verygood!


[PR]

by yahhosaito | 2015-08-10 13:36 | 地域 | Comments(0)

採れ過ぎトマトの「ピューレ?」

2015年8月5日。

畑の農作物は連日の豊作で毎日収穫しないと大変なことになる。
今はトマトが最盛期から終盤戦に入って、連日、大収穫だが、いよいよ消費できなくなって、トマトケチャップかピューレのようなものを作ってみようと初挑戦した。
b0158170_06484827.jpg
海のものか山のものかわからないので、とりあえずミニトマトを50~60個ほど試してみた。

レシピによると、湯煎する前に包丁で切れ目を入れておくと皮がむきやすいとか。
折角なのでこの際、庖丁を研ぐ。トマトの皮は包丁が切れないと上手くいかない。

熱湯で2~3分湯煎し、取り出して皮をむく。
1個5秒ほどなので数分で完了。
これをひたすら潰す。まあ5分もやれば粉々になる。

粉々になったところで、再度火にかけ、塩コショウ、コンソメ(見合当たらなかったので鶏がらスープの素で代用)オリーブオイル少々いれて煮詰める。
b0158170_06485854.jpg
出来たのがこれ。
味はまあまあ。

そのうち、パスタでも作るか!・・・


[PR]

by yahhosaito | 2015-08-06 06:51 | 日々 | Comments(2)