yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


方丈記を聞いて思った

2015年10月28日。

ある公民館の講座に出掛けた。
たまたま講師が妻の知り合いで、案内のパンフを頂いたが、面白しそうなので、その気になった。

内容は『鴨長明「方丈記」の世界 -天災地変の中で人はどう生きるか-』と言うもの。

方丈記は高校時代に「ゆく川の流れは絶えずして・・・」と覚えさせられた。
当時は、こうして「暗記」させられ、この暗記が結構今になって役に立っている。

枕草子、平家物語、徒然草、伊勢物語・・・
このほか、短歌、俳句、詩など数限りなく。
五箇条のご誓文やその昔は教育勅語なんかもあったようだ。

講師の話によると、方丈記は随筆ではなく、説教文学や評論に近いのではないかと言うこと。
自分の体験や実際に行ってみて感じたことを忠実に書いた。しかも、数字を使ってより具体的に示しているところが、秀逸と言うことだった。

万物は流転し、人間の営みは久しからず。つまり、いつもいつまでも同じでない。
久しいのは(同じなのは)自然のみ。
想定外のことはいつでも起こりうるということを知る。人生、望み通りいかない。人の世とはそういうもの・・・ 無常感。
と述べている。

長明が無常観に達するまでの背景として、彼が体験した五大災厄と言うものがある。
長明が23才から31歳までに体験したもので、

  「安元の大火;都の1/3が焼失」
  「治承の竜巻;京都を襲った巨大つむじ風」
  「福原への遷都;突然の意味不明の遷都による大混乱」
  「養和の飢饉;大飢饉と疫病、累々の屍」
  「元歴の地震;山は崩れて海傾き・・」

とあった。
彼が生きた、今から900年ほど前。ちょうど平安末期から鎌倉時代に入ろうとするころ。
当時、人口は500万人くらいと言われている。
そんな中での災害は今とまた違った感じ方だろう。

そんな中で彼は無常観を深めていく。
「生死流転、三界は心一なり」

何か、先日読んだ、「人にはどれだけのものが必要か」に通じるところがある…

しからば、平成orここ50年くらいに、どのくらいの災厄があったか!?

昔と今では「尺度」が違うが、列記してみるとこんな感じだ。

1958年:狩野川台風    死者 888名
1959年:伊勢湾台風    死者 4697名
1983年:日本海大地震   死者 104名
1986年:伊豆大島噴火   全島避難
1991年:雲仙大噴火    死者 43名
1995年:兵庫淡路大震災  死者 6434名
2004年:新潟中越地震   死者 68名
2011年:東関東大震災   死者 15893名
2014年:御岳山噴火    死者 58名

ほか、行方不明者、家屋の被災等、甚大な被害がある。
また、この記載以外にも大きい災害は実にたくさんある。

鴨長明の生きていた時代と比較するのは難しいが、基本的には大差はなく、我々の生活は、こうした災害と隣り合わせ。

もう少し、「方丈記」を詳しく読んでみたい気持ちがした。
b0158170_08123089.jpg
デッキの東側にある木を伐った。
夏中は枝葉で日陰を作ってくれたが、冬に向かって陽が欲しくなった。
さっぱりした。





[PR]

by yahhosaito | 2015-10-29 08:00 | 日々 | Comments(0)

人にはどれだけの物が必要か

2015年10月25日。

妻が静脈瘤の手術で入院。少しまとまった時間が出来そうなので、本を2冊ほど調達した。
一冊は「日本再発見ー芸術風土記ー」。もう一冊は「人にはどれだけの物が必要か」と言うもの。

日本再発見の方はあの岡本太郎氏の著書。画家としての圧倒的な存在感とは別に著作の才能もあったかと、少々びっくり。
もっとも、岡本かの子氏長男となれば、納得。

秋田や京都、出雲や長崎など、各地での感動を写真とともに、また、鋭い観察眼と感性で人や風土を紹介している。感動的挿話も多い。

もう一つは、鈴木孝夫氏の本で20年ほど前に書かれた。
本文も面白いが、「はじめに」と終わりの書評、浜矩子氏の文がユニークで面白い。
b0158170_14120376.jpg
「はじめに」では「イワンの馬鹿」の挿話の話が出てくる。
「人にはどれだけの土地が必要か」というトルストイが書いた民話から、このタイトル、「人にはどれだけの物が必要か」はきている。

あらすじはこうだ。

『ロシアの田舎にパホームと言う百姓がいた。貧しい小作人だったが、苦労してお金を貯め、土地を手に入れた。ごく小さな土地だったが、これをせっせと耕し、暮らしがだいぶ楽になった。
しかし、段々欲が出て、もっと大きい土地が欲しくなる。
彼は、ボルガ川の先に、大きな土地を手に入れた。暮らしぶりは益々良くなって、幸せだったのは束の間、この広い土地もまだ狭苦しいように思えてきた。

ある時、旅の商人から、とっておきの話を聞いた。
バシキールと言う土地では、あなたの好きなところから、日の出に出発し、日没までに同じ場所に戻ってくれば、それだけの土地があなたのものになります。
但し、万一、日没までに戻ってこられないと、すべてのものが没収されます。
パホームは日の出とともに丘を出発し、必死に歩いた。見るもの行くところすべてが欲しくなり、奥に進んでいった。
気が付くと、陽は傾き始め、心配になってきた道を引き返した。
段々陽は落ちる。
彼は必死になって駆け、半狂乱になって出発した丘を目指す。
やがて、遥か彼方に出発地が見えはじめ、丘の上で大勢が手を振っている。
彼は渾身の力を振り絞り、丘を駆け上った。
村長は「やあ偉い。あなたは望んでいただけの土地を手に入れましたぞ。」と叫んだと同時にパホームは口から血を吐き、息途絶えた。

それは、西の地平線に太陽が沈むと同時だった。
彼の下男はシャベルで穴を掘り、この男を土に埋めた。
きっかりその穴の大きさだけが、彼に必要な土地のすべてだった』とさ。

実際の内容はこれより遥かに多いが、あらましはまあこんな感じだ。

なんだか、最近だんだんそんな心境になってきた。

美味しいものも、海外旅行も、豪華マンションも別荘も、どうでもよくなってきた。
それよりも、シンプルライフ。
たまにはいいかなあと思うが、だんだんその頻度が、少なくなってきた。
それよりも、日々穏やかなシンプルライフ。

老境に達したのか、人間が出来てきたのか、やる気がなくなってきたのかは不明だ。
しいて言えば、お酒は美味しい、いいお酒を飲みたい。
たぶん、飲めるチャンスは晩酌を入れても、あと5,000回あるかないかだ。

今のお気に入りは、「ワンカップ大関」
上撰と佳撰があるが、上撰が上手い。
1合、安いところは170円台。高いと200円を超す。
紙パック入りだと、1200円くらいである。
しかし、ワンカップがいい。
なぜなら、紙パックは結局1合では足りなくなって、お代わりする。
ワンパックなら、1合で諦めがつく。

「ワンカップ大関」はいかにも大衆向きだが、これが美味い。

退院した妻が、この本をエラク気に入リ、今、セッセと読んでいる。

[PR]

by yahhosaito | 2015-10-25 14:09 | 日々 | Comments(0)

町内会旅行 長瀞

2015年10月21日。

がわ地域の町内会旅行で埼玉県の長瀞に行って来た。
バス旅行で日帰り。
参加者は全部で34人。

町内は約140世帯あり、うち参加するのは30世帯位だから、参加率からすれば2割強と言ったところだろうか。
平日なので、現役世代は難しいし、そこそこに近所づきあいがないと、少し参加しにくいかもしれない。
この辺をどうするかは昔からの課題。

かつては1泊で行ったものだが、最近は日帰りが多い。

さて、長瀞だが、晴天に恵まれ、良かった。
川下りも少し紅葉には早かったが、水量もほどほどにあり、暑からず寒からずで、楽しめた。
ただ、時間は20分程度でもう少しあと15分ほど長くてもよかったかなあと思う。
あっという間に船着き場に到着。
b0158170_07282803.jpg
まあ、それだけ、楽しい時間だったということか。

定番の、酒蔵見物をして、秩父の夜祭会館を見て、定刻の18:30に帰着。
圏央道はアクセスにはまことに便利で、これが20年間前に完成していれば、我が自動車旅行も少し変わっていたのではないかと・・
b0158170_07284477.jpg
ところで、
今朝の新聞によると、旅行者早くも昨年を上回るとある。
2020年までに2000万人と言う政府の目標だが、2015年には達成するかもだそうだ。

中国からの観光客が前年の2倍以上、香港や東南アジアのお客さんが多いとのこと。
日本政府がビザの発給要件を緩和しているらしい。
観光客が落とすお金もすでに2兆6000億円と言うから、年末までには軽く3兆円を超すだろう。

観光の力はすごい。
確かに、日本には観光の要件がそろっていると思う。
昔は、なんだか欧米諸国に比べ、見劣りしたような気がしていたが、多少外国を見聞きしてくると、日本もまんざらではないなあと言う感じが強い。

観光客は日本のビジネス街や立派なホテルよりも、日本らしい風景や生活を見たいという。
丸の内や新宿よりも、馬篭や妻籠、飛騨高山や奈良京都。
浅草界隈の下町や名も知らぬ農村風景。

この気持ちは大変良く分かる。

春に、AQUAで桜前線の「おっかけ」をやろうと思い、出来なかった。
では、秋には紅葉前線の「おっかけ」思うが、なかなかできない。

せめて、そう思う気持ち、モチベーションの発露だけでも大事にしよう。






[PR]

by yahhosaito | 2015-10-22 07:29 | 地域 | Comments(0)

地区レク2015

2015年10月11日。

地区レクの日だが、朝から雨。
雨天は翌日と言うので、今日はのんびり雨の休日かと思っていたら、7時過ぎにやるとの緊急連絡。
本当!?

8時に急遽集合し、我が賞品係は賞品を雨の中でセット。
結局、1時間遅れで体育館にてスタートすることになった。

体育館はせいぜいグランドの1/4~1/8程度なのでかなり縮小した規模で実施。
なんとか、予定の8割ほどの種目を消化して、15時に終了。
お疲れ様でした。
b0158170_10390334.jpg
体育館でやるか、翌日に順延してやるかの判断は難しいところ。
結局、若干ルールを無視して体育館でやったが、いろいろと意見を言いたい人もいるようだ。
そもそもの、ルールは、当日雨だったら、翌日開催。
翌日も雨だったら体育館で開催がルールだ。

まあ、いろいろあったにせよ、無事に終了。

17時からは恒例の反省会。
連合自治会の中にある10の単位自治会はそれぞれに実施。

去年は3位。今年は6位。

まずまずでした。
今日は昨日と打って変わって素晴らしい天気。

[PR]

by yahhosaito | 2015-10-12 19:10 | 地域 | Comments(0)

藤沢コミュニケーション研究会

2015年10月8日。

コミュニケーション研究会なるものに2年ほど前から参加させてもらうことになり、もう5~6回出席した。

メンバーは5人で、ほぼ同世代か少し上の男性ばかり。
皆、リタイアーだが、出身の会社はそれぞれに違う。誘ってくれたk氏とは同じ会社だが、事業所が異なる。

年に3~4回、藤沢と平塚の交互に会場を移して、コミュニケーション研究?を行う。
スケジュールは各人のレポート紹介が15分、質疑が15分。5人だから2.5時間ほど。
そのあと、飲み会が2時間ほど。さらに、カラオケが1~2時間。

年に1回ほど、室内でなく屋外に出てやったり泊だったりする。
今回は、三浦半島の地形観察に城ケ島方面に出掛けた。
b0158170_07040028.jpg
三浦半島は断層があちこちに走っており、また、中世代から新世代あたりの地層が地表に出て、濃く観察できる。50万年ほど前に海から地上に隆起して姿を現したらしい。

城ケ島は3年ぶり位か。
今回は白秋碑から海浜ホテルを通り、馬の背と呼ばれる浸食トンネルを見て城ケ島公園に行くコース。
いつもは城ケ島公園のみだったが、この海岸プチを歩くコースはなかなか見事だ。
最高の天気で、遠くに富士山、丹沢から箱根連山、天城の山々へと続く峰々が素晴らしい。
b0158170_10235002.jpg
各人のレポート紹介は昼食時にレストランで実施。
平日なので観光客も少なく、周りに迷惑かけることもなく、出来ました!?
因みに、レポートは
S氏が「心に響く言葉No3」
k氏は「WBI(体重維持指数)について」
I氏は「今、心に語り継ぐこと」
M氏は「三浦半島時空を超えて」
アッシは「ノーベル医学賞受賞と医療費について考える」でした。


[PR]

by yahhosaito | 2015-10-09 07:04 | 日々 | Comments(0)

稲刈り真っ盛り

2015年10月5日。

昨日は真夏並み、今日は晩秋の風情。
日、一日と季節が進み、日本の日々は楽しい?

いま、どこもかしこも稲刈りの真っ盛り。
自転車で10分足らずで田園風景の真っただ中。
農家は総出で稲刈りをやっている。
b0158170_16180704.jpg
専業農家にしろ、兼業農家にしろ、田や畑を本格的に持っている家は結構大変だと思う。
我々、趣味の家庭菜園は気ままと言えば気まま。
疲れたときはサボっても、そう大して影響ないが、本格的に作っている農家はまさに仕事だからいい加減にやる訳にはいかない。

数年前から仲間と田んぼのお米作りをやっているが、結構大変。
田植えは手植え。稲刈りも手刈り。天日干しに無農薬。

最近は、作付面積が拡大したので、70%は機械に頼っているが…

ところで、素人ながら思うが、こうして実体験してみると、機械の力がスゴイことが良く分かる。裏を変えせば、昔の稲作作りはさぞかし大変だっただろうということだ。

苗を一本一本植える。これすごく大変。稲を刈るのも相当大変。脱穀も精米も手でやっていた時代は相当なものだっただろう。
今は、機械だから楽だ。
我々は、農業体験を子供にやってもらおうという意図があるから、手作業と機械化をバランスさせながらやっているが、それでも、手の部分は正直疲れる。
疲労困憊と言うのが実感だ。
b0158170_16184892.jpg
初めて、機械での稲刈りをやってみたが、実にラクチン。
すこしぎこちないが、指導の先生?が手ほどきしてくれた。(写真は某さんのブログから借用)
b0158170_16175479.jpg
いつの間にか、セイタカアワダチソウが黄色に色づいてきた。
ストーブの季節もすぐそこだ。

[PR]

by yahhosaito | 2015-10-05 16:20 | 地域 | Comments(0)