yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ルノアール展

2016年6月29日。

おととい、月例飲み会に出掛けた。
月例と言いながら、先回サボったので、2か月半ぶり位かも。

会場は東京なので、何せ「費用」が掛かる。
交通費が往復3000円くらい。
終了後カラオケもセットなので、しめて10000円前後。

年金者の身には、チト、堪える。
まして、行くには片道2時間近く。往復で4時間だ!

そこで、2回に1回くらいサボる。この位の回数が丁度いい。
飲み会は「東京」だけではない。
そういえば、最近、夜、妻と食事するのが少し減ったような気がする。

エッツ!今日も飲み会!?
そうだよ。
人生、あと、飲めるのは多くて5000回。いや、1000回を切ってるかもしれない!?
そうだ、カウントダウンに入っているのだ。

東京に飲み会に行くだけでは能(脳?)がないので、昼間は、孫のところに行ったり、どこかに行ったり。
今回は、新国立美術館で開催中の「ルノアール展」に行って来た。b0158170_7383249.jpgいつもは「招待券」で行くことが多いが、今回は自腹。1600円。

オルセーやオランジェリー美術館から100点ほどの作品が来ている。
有名なのは、「ムーラン・ ド ・ ラ・ギャレットの舞踏会」「ブランコの女性」「都会のダンス・田舎のダンス」と言ったところ。
木漏れ日の中でのnudeもあった。
初期の作品で、肌が紫色やblueで描かれ、死体のようだと酷評されたあの有名な絵も来ていた。

さすがルノアール。

素晴らしいの一言で、感動。

伯爵?婦人像の黒いドレスも微妙な黒の使い分けで描かれ、久々絵心を刺激された。

翌日、2階の屋根裏の古いキャンバスを引っ張り出し、下塗りをした。
また描いてみよう。
b0158170_739662.jpg
そういえば、ルノアールの模写は何回かしたなあ・・
ルグラン嬢はまだ未完だ。
[PR]

by yahhosaito | 2016-06-29 07:43 | 日々 | Comments(0)

梅雨の晴れ間の江の島

2016年6月18日。

土曜日。
梅雨も晴れ間だ。

朝から快晴。抜けるような青空。

あまりにも勿体ないので、江の島に出掛けた。
海岸のサイクリングロード。
b0158170_20142078.jpg
江の島の海はヨットがあふれるばかり。
海岸にはもう海の家もたくさん建って、来週はもう営業だろう。

若者、家族ずれ、元気のある前期高齢者。
それぞれに、束の間の青空を楽しんでいる。
b0158170_20144976.jpg
砂の造形。大峡谷の風情。
波打ち際でボートを修理する人。
犬と散歩する人。それを遠くから見ている人。
b0158170_604934.jpg

明日も晴れるだろうか?
[PR]

by yahhosaito | 2016-06-18 20:29 | 日々 | Comments(0)

ネームプレート

2016年6月17日。

そうだ、狭い庭だが、若干ある木に名札を付けたらどうか!?
とひらめいて、早速やってみた。

幸い木はたくさんストックしている。
少し斜めに切ってこんな感じ。
そもそも、木は小さい木ばかりなので、薪用に頂いた桜の木の腕くらいの太さの木を切ってみた。

なかなか良いではないか。

b0158170_1553596.jpg

庭の木は誰でもが知っている木ばかりなので、あえて名札を付けるほどのことでもないが、
まあ、「お遊び」
b0158170_15534384.jpg

孫たちが来たときに、じーちゃん、これなに!?
これは、桜だよ!モミジだ、とか何とか言って、楽しい時間を過ごす・・#%&$

理科系の孫が将来ノーベル賞をもらった時、インタビューに答えて、「いまある私の原点は子どものころの祖父が作った庭の木のネームプレートです。」

そうなったら嬉しい。
孫たちはどうも才能があるような気がする。
IQも高そう(な気がする!)

b0158170_15531037.jpg

まて、もらうときに、たぶん生きていないような気がする。
20代でノーベル賞貰った人はいないような気がする。

芽は小さいうちから育てねばばらない。

なんだか、楽しい気がしてきた。
[PR]

by yahhosaito | 2016-06-17 16:00 | 日々 | Comments(0)

葬式

2016年5月31日。

どういうわけか、今年に入って葬式が多い。
もっといえば、3月以降の3か月ほどに集中している。

昨日、仲間の一人の奥さんが亡くなった。まだ若い。原発性がんとのことで、治療のしようがなかったらしい。
毎年、大学病院で人間ドックを受けていても分からなかったようで、そんなもんかと暗い気持になる。
自分自身も、毎年人間ドックを受けており、2週間後に受診の予定だが、5万近くも払って、その程度では困ったもんだ。

3月には近所のYさん、60代後半。4月にTさん、70代前半。5月にO君、同級生。そして昨日友人の奥さん、60台半ば。同じく昨日、妻の友人70台半ば。
みんな、平均寿命より20年ほど早い。

たまたま、一昨日、姉と妹に来てもらい、我が家にあるアルバムを処分するからと言って、気に入った写真を持ていってもらった。
終活の一環として、たまりにたまったアルバムを減らそうと、頑張っているが、なかなか減らない。

何とか「大英断」と思っているが、姉と妹が持っていた写真は全体の1割以下。
結局、あとは、アンタが適当に処分してよ!と言うことになり、また、押し入れに仕舞い込んだ。
b0158170_06581530.jpg
気が付けば、今年は初詣に行ってない。
少し遅いが、近くの寒川さんにお参りに行った。

我が家の神棚の榊は枯れ枯れで、触ると茶色になった枯葉が畳の上に落ちた。
こちらも、早速、庭の榊を切ってきて、神棚に供えた。
茶色の葉っぱが、新緑のグリーンに変って清々しい。

これからは、水の切らす事、なきよう勤めなくてはイカン!



[PR]

by yahhosaito | 2016-06-01 07:02 | 日々 | Comments(0)