yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


9月27日夕焼け

2016年9月27日。

長雨が続いて、久々に太陽が出てくれた。
10日ぶりくらいのお日様。

たまった洗濯をして布団を干して、家の周りを片付ける。
久しぶりに見る太陽は本当に有りがたくうれしい。

朝の来ない夜はないとか、雨の後に太陽が降り注がない日はないとか言われるが、
本当だ。

もし、朝が来ない夜があるとしたら、人生絶望的だろう。

今日は御岳さんの噴火から今日で2年とか。
あの日、噴火の煙であたりは一瞬にして暗黒の世界のなった。
噴火の煙のせいだ。
煙ごときで暗黒になるかという気もするが、実際は暗黒になる。

すると、
ピナツボやストロンボリで噴火が起こって、噴煙があたりを蔓延すると、
暗黒になる可能性は十分にあるのではないか。

暗黒の言わなくとも、太陽が何か月も差さずに、毎日夕方のような気象。
朝が来ないような、世界も考えられなくはない。

気が滅入る。

夕方、西の空を見ると、夕焼けがきれいだ。
この辺は、田舎だから、遮るものも少ない。

その時間、気を付けていると、1分単位で空の様子が変わる。
綺麗な鱗雲のような白い雲に真っ赤な陽がさして、それは綺麗だったが、
うろうろしているうちに様子が変わって、視界が開けたところに出るころは、
普通の茜空に代わっていた。
b0158170_21035704.gif
遠くに新幹線が通る。

故郷の帰るのか、仕事で西に行くのか、まだ紅葉にはだいぶ早い京都にでも行くのか。
15両、おそらく1000人ほど乗っている新幹線にはそれぞれの事情や人生があってに西に向かっている。

10分もすると、茜空は黒ずんできて、山の端が空と同化していく。
やがて10月。

[PR]

by yahhosaito | 2016-09-27 21:04 | 日々 | Comments(0)

解夏(げげ)

2016年9月22日。

今年の夏は意外と涼しい夏だった。
8月20日ごろから西の暑さに比べ、この辺(東)は西に比べ5~6℃低く、9月に入って残暑というような暑さはほんの数日。
涼しい。

10日を過ぎると相次ぐ台風の襲来で天候不順。
おかげで暑い日は極めて限定的で、彼岸を迎えてしまった。
一昨日も、昨日も今日も雨。
なんだか1週間くらい雨もようだ。

おかげで、日曜日に予定していた稲刈り大会が「中止」になってしまった。

今日なんか、10月末の気温とか。20度を少し超したくらいだった。
おかげで、ストーブを点けた。
さんまを焼くため。
まだ、一尾、250円。ちと高い。

「解夏(げげ)」

旧暦の7月16日。
僧がひと夏の修業、「安吾(あんご)」を終わる日に当たる。
夏明き(げあき)と言ったりもするらしい。
b0158170_22390387.gif雨の中、そろそろ終活の一環として、整理でもするかと、古いアルバムを整理していたら、こんなものが出てきた。

「解夏」の解説コラムと「富士山頂レーダー完成」

解夏の記事は日付が昭和40年8月8日とある。

解夏には少し思い出がある。
10数年?まえ、映画になった。
さだまさしの原作の映画化で題は「解夏」

主人公の目がだんだん悪くなって、完全に見えなくなる日が近い。
彼はその完全に見えなくなる日が怖い。
その恐怖に苦しめられているときに寺で説教される。
あなたの目が完全に見えなくなったとき、恐怖から解き放される。
それがあなたの解夏だ。

といった内容だったと思う。
夏の日のせみ時雨の中でだんだんと追い詰められていく自分。
心の葛藤。
何か胸に迫るものがあって、いつまでもストーリーが気にかかっていた。
というのも、ある女性がこれに近い状況だった。
美人で才能あふれる女性だったが、同じく10数年前に他界した。

そして、富士山レーダー。

もう何年か前に確か取り壊したはずだ。
気象衛星が発達し、富士山のレーダーは役目を終了した。
映画にもなった。
b0158170_22391974.gif
その完成の記事が出てきた。
1964年9月22日。

調べると1999年まで運用していたとのこと。
我が家から双眼鏡で見ると山頂のドームか確認できた。
確か直径9m。

H製作所の工場の屋上にあったドームは16m。
富士山から見ると、わが社のドームは16mだから、遥かによく見えるはずと思ったものだ。

時の流れは速い。

ジーさんのスクラップブックから「解夏」も「富士山レーダー」も出てきた。
捨てる前に、何か書いておこう。

奇しくも、同じ日、今日は52年後の、9月22日だ。

それにしても昔の新聞は字が小さい。
ポイントにすると7~8ポイントくらいか。


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-22 22:40 | 日々 | Comments(0)

敬老の集い

2016年9月17日。

地元で敬老の集いが開かれた。
出席者120名ほど。
スタッフも入れると150名近くが地元の公民館に集まった。

70歳以上の高齢者となっているが、たぶん実際に来た高齢者は75才以上がほとんどだろう。
95歳を過ぎた人もいる。

ここに来るような高齢者は基本的には元気なお年寄りだ。
地元の老人クラブでサークルに入ったり、何か行事があれば、いつも参加するお年寄りたち。
ある意味で羨ましい、理想とするお年寄りといってもいい。

b0158170_21334062.jpg
しかし、実際はいろいろ課題も抱えているだろう。
健康のこと、妻のこと、相続のこと、孫や子供たちのこと・・・

まあ、あって当たり前。

そうした中でこうした催しに出てこられるのは、幸いというべきだろう。

出し物の中に、ギターを伴奏に歌う場面があって、集いに招かれたゲストが言っていた。
「昔の歌はいい歌が多い。最近お歌はチャカチャカしてさっぱりわからない・・」

ごもっとも。

「ミカンの花咲く丘」
「椰子の実」
「ふるさと」
「山小屋の灯」
「高原列車は行く」・・・

みんな、あの頃の定番だ。

参加者もあと10年もするとだいぶ様変わりするかも。
そろそろ、団塊の世代も老人会の仲間入りをすると、年齢を少し引き上げないと、会場に入りきらないかもしれない。

そんな時代が来ている。

数日前に、ある講演会で聞いた。
「孤独なボウリング」-米国コミュニティの崩壊と再生


ハーバード大学のパットナム教授が,20世紀最後の数十年間のアメリカのコミュニティの崩壊がいかに社会全体に悪影響を及ぼすかを指摘し,コミュニティを再生させるための手掛かりを考えた本らしい。

きょうの敬老の集いを見ていると、どこの話だろという感じもしなくはないが、最近の日本も、多くは正にこんな状況になってきている。
だから、わが町内ではそんなことにならないように、少しづつ動き始めている。
何かの足しになればいいと。



[PR]

by yahhosaito | 2016-09-17 21:38 | 地域 | Comments(0)

メアリーカサット展

2016年9月9日。

メアリーカサット展に出かけた。
妻と2人で。

二人で横浜に出かけるのは、もしかしたら数年ぶり!?
折角行くのなら、帰りに中華街にでも行って夕飯食べてこようと・・・

b0158170_09261807.gif

メアリーカサットはアメリカの女性画家で印象派だ。
ピサロやカミーユなどに学んだらしい。

淡い色が特徴でタッチも柔らかい。
あまり細かすぎないところもいい。

独特のタッチで、母と子の親密な絆を、さらに、女性の社会的および私的生き方を、何度となく描き続けた。

参考になる絵が2~3枚あった。
色を載せていくという感じがよく分かった。

また、なんだか絵を描いてみたくなった。b0158170_09262583.gif

金曜日の夕方の中華街は混んでいた。
レストランは沢山あって迷ったが「白楽天」という店に入った。
スープと15種?の料理から選べる3皿とチャーハンがついて一人2000円。。

3皿はチンジャオロースとエビのマヨネーズ、キノコの中華野菜炒め?を注文。
ボリュームもかなりあって満腹。

結構でした。

「白楽天」で思い出すのはもちろん「長恨歌」だ。

高校時代に暗記させられた。

好きな個所は沢山あるが、意外と気に入っているのがここ。

「六宮粉黛無顏色:りくきゅうのふんたいがんしょくなし」

つまり、
宮殿にはべる全国から選ばれた美しい美女中の美女たちも霞んでしまう・・
といったところか。

そういえば、「比翼鳥」なるあだ名の先生もいた。
確かに仲の良かった夫婦先生だったなあ。
今でいうなら「おしどり夫婦」といった方が分かりやすい。
しかし、生意気な高校生はそうは付けない。

比翼鳥と付ける所がが、HK高校生の生意気で「学」?のあるところ。

長恨歌には
「在天願作比翼鳥」「在地願爲連理枝」とある。

「天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう」という意味だ。

ウン10年も昔の話だな。
.
.
.


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-10 09:30 | 日々 | Comments(0)

西の舞の収穫

2016年9月7日。

米の収穫が近い。
今年の6月に植えた西の会の田んぼも順調の育ち、大きく穂を垂れ始めた。
あちこちの田んぼで黄金色の穂が収穫を待っている。

しかし、早いものだ。
3か月と少しで収穫できる。驚異。

b0158170_06323707.gif
暖かい地方では二期作もできる位だから、考えてみればそんなものかもしれない。

それにしても、稲作というのはすごい作業というか仕掛けというかシステムだ。
日本で稲作が始まったのは縄文後期とも弥生時代ともいわれる。
主食としてお米が食されるようになったのはいつ頃だろう。
貴族や豪族あたりは平安時代には主食だったのだろうか?

田んぼを見ているとあの治水システムには感心する。
わずかな高低を利用して水を田にひく。
今は用水路はコンクリート製がほとんどだが、50年か100年まえはおそらく石と粘土で固めて作ったのではと思う。

脱穀機や籾摺り機も大進化だ。
田植え機、稲刈り機、田起こし機だって、昔はすべて手。

昔、もみ殻から中のお米を取り出すのにどうやっていたのだろう。
何かで叩いたのだろうか?
玄米から精米するとき、一升瓶の中に入れて棒でつついたことがあった。
戦後間もない頃だ。

それに、農薬の進化も驚異。
無農薬がベストだが、雑草が生える。我々の田んぼは無農薬でやっているが、「こなぎ」の大発生で苦労した。

今は、米ぬかで退治し、上手くいっている。

人間は様々なことを考える。
米の進化は、人類の進化でもある。(たぶん)


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-07 06:34 | 地域 | Comments(0)

「逃亡」を読んで 

2016年9月5日。

新聞で読んだ帚木蓬生氏の記事が気になって「逃亡」を読んだ。
「逃亡」は元憲兵だった父の軌跡を題材に1997年に小説にした。
上下巻1000ページを超える大作。

彼の父は戦時中、香港で憲兵として主に諜報部員として活動した。
香港人に成りすまし、密偵を使い敵情を探る。通信傍受、人の拘束や尋問、情報を得るために何でもした。
敗戦後、香港の軍事法廷で戦犯として指名手配されたが、一般人に化けて広州の邦人収容所に紛れ込み、46年に引揚船で日本に帰り着く。
日本では、実家を避け、母の里の福岡に隠れ住むが、数か月後に警察が来て本署に連行される。自転車の荷台に乗せられるが、途中、自転車を倒して逃げる。

村中の半鐘が一斉に響き渡ったという。
結局、1年ほどで潜伏先で逮捕され、巣鴨プリズンに収容される。死刑は免れないと思ったそうだ。しかし、裁く軍事法廷が閉廷し釈放される。
 戦時中の異常な世界の中で任務に就いた青年~壮年期の帚木氏の父親の思いは如何ばかりだったかと思うと、苦しい気持ちになる。重い小説だ。

中学生?の頃、「私は貝になりたい」というドラマの中で、市井の理髪店の主人が戦犯で死刑に処される内容をみて、なぜ、一介の理髪店の主人が死刑になるのか不思議に思っていた。
死刑になったのはA級戦犯の戦争指導者10数人くらいではなかったのか!?
実は、戦争犯罪人はA級のほかに、B級、C級があるのをだいぶ後になって知った。

A級は戦争の指導的立場にあった人。
B級は指揮・監督にあたった士官・部隊長。
C級は直接捕虜の取り扱いに当たった者、主に下士官、兵士、軍属であるという。

調べてみると、BC級戦犯は約5,600人で、各地で逮捕投獄され、約1,000名が軍事裁判の結果、死刑に処された。
遺族はどんな思いで戦後を過ごしたかと思うと戦争悲惨さが堪える。

 ところで、この小説にもあるが、戦後、海外にいた日本人は兵隊・民間を合わせて660万人という。この660万人がほぼ1年半の間にほとんどが内地に帰還した。
1年半に660万人とは凄い。仮に、3000人乗りの引揚船に乗ったとすると、2200回に当たる。
実際はどんなことだったのか?
乗船手続き、帰還受け入れ、船の配船や燃料。検疫と食糧確保、等々。

 8日25日、昭和天皇は海外で武装解除した日本陸海軍の将兵に対してこう諭したという。
「兵を解くにあたり一糸乱れざる統制の下、整斉迅速なる復員を実施し、以て皇軍有終の美を済すは、朕の深く庶幾する所なり」。
この勅諭にもとづいて、帰還する約360万人もの陸海軍将兵は、粛々と日本国土に還ってきたという。これを「復員」といった。

 引揚はGHQの指導で、厚生省に「地方引揚援護局」を設置し、実務に当たった。
佐世保、鹿児島、舞鶴、名古屋などの11カ所が担当し、引揚者は、中国本土から150万人、満州から110万人、朝鮮から90万人、ソ連から70万人など。
8/30には引揚者緊急措置要領が決定、9月半ばには雲仙丸が釜山へ出港し、10月初めに第1陣2100名が舞鶴に帰港している。

 不法に侵略した外地から引揚げるのは困難を極めたそうだ。
兵隊は戦争犯罪人や捕虜の扱いで簡単には返してもらえず、民間人は半ばたたき出されるような形で追い出された。
「岸壁の母」で有名な舞鶴港では66万人強が帰還している。
舞鶴で引揚に使った船は合計32隻。興安丸や高砂丸が有名だが、引揚順位などもあって待ちきれない人は漁船などを使った人もいるようだ。

日本に帰っても、衣食住に事欠く中、外地から引き上げてきた方々の中には、難民がごとく、冷たくみられる人も多く、一部は新天地を求めて移民した人もいるという。

    ***************

歴史はときどき振り返らないと、忘れる。
「温故知新」ときどきは思い起こしたい。
過去を振り返り、現在社会を眺め、未来に思いを馳せて、俯瞰的にみると、自分の立ち位置が見えてくる。今、何を為すべきか、何を求められているのか?

しかし、そうは思っても何もできないのが実態だ。
朝早く起きて、新聞を読み、妻におせっかいを焼いて小言を言われ、少々の畑を耕し、時々、地域活動や旅に出かけ、夜は飲んで早めに寝る位がいいところだ。

せめて、事実に少しでも触れて、頭の中にインプットしておきたい。

平塚美術館で 開館25周年記念【企画展】
    香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治
     -シベリアシリーズ・原爆の図・地図-
が始まる。
開催日は2016 年9月17日(土) ~11月20日(日)だ。

そうだ、美術館に行ってみよう。





[PR]

by yahhosaito | 2016-09-05 17:50 | 日々 | Comments(0)

結婚式の帰り、思った

2016年9月2日。

いよいよ9月に入った。
今年の夏は例年と比べ、異常な暑さの日は少なかったような気がする。
もっとも、それは関東地方だけのようで、西のほうは猛暑日が続いた。九州の日田市は35度以上の日が40日くらいあったようだから、たまらない。

ところで、先週、久々に妻と名古屋に帰った。甥の結婚式のためだ。
相変わらず、名古屋の結婚式は派手で100名以上で駅近くのホテルでの結婚式だった。
なかなか素晴らしい結婚式だった。新郎新婦は芸能人並みの美男美女で見ているだけでいい気分だ。
しかし、ハデ婚もいいが、ジミ婚だってそれなりにいいところは多い。
どちらにするかは本人次第。
b0158170_8313861.gif


しかし、恐らく費用は500万円では済まないのではないか!?
生の室内楽だけで30万、いや、50万!?世界3大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフもどうだかなあ・・・
写真やビデオだって、ありゃウン10万だ。オジサンは、つい、つまらぬことを考えてしまう。

そこで思った。

彼らはコツコツ貯めての晴れ舞台と思うが、一般論として、これから「相続貴族」なるものが生まれて来はしないか!?
つまり、親の財産が棚ボタで転がり込んでくる息子や娘が多くなる・・・

日本の貯蓄額は1200兆円とも1500兆円ともいわれる。
このうち、2/3くらいは高齢者が持っているというから、単純には1000兆円近く高齢者が持っている計算だ。高齢者はもう使う機会も少ないから、消費金額はたかが知れている。
そうすると、半分、エイヤーで500兆円くらいは子供世代に遺産として相続されるのではないか?
10年~20年くらいのスパンの中で。

じゃ、一人どのくらいだ?(なんだか急に楽しくなってきた!)
500兆を相続する人を1000万人とすると、
500,000,000,000,000円÷10,000,000人=50,000,000円  1人、5000万円!
本当? びっくりした!! 計算あってる!?

まあ、相続人は3000万人としよう。
それでも、1人2000万円弱だ。
そんな人たちが周りに3000万人もいたらすごいぞ!

このほかにも、土地や畑、家も相続の対象だ。
なにか、感覚が少しおかしくなって来やしないか?

まてよ!
確かに計算上はそんな感じだが、富は偏っているという。
60歳以上の平均貯蓄額は2千万強らしい。これだって、富裕層に引っ張られて、平均値が上がっているというが、すごい金額だ。
たぶん、一部の高額相続者はかなりの額の相続税で持っていかれると思う。
それにしても、エッツ!という感じだ。

確かに、自分の周りにも、遺産が入ってきて外車を買ったとか、家を建て直したとかいう人がいる。一方で、結構もめているケースも多いらしい。

まあ、架空の話なので、ある種、夢物語だ。

まあいいだろう。

我が家は、あまり関係ない。まじめに地道にやるだけ。

蛇足
5000万円入ったら・・・
高級車買って、美味いもの食べて、酒は大吟醸で、海外旅行はビジネスクラス・・

まてよ!
前にもそんなようなこと書いたような気がしてきた。
ボンノーは消えないねえ・・

棚ボタはろくなことない! たぶん!!

.
.


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-02 08:37 | 日々 | Comments(0)