yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

津軽の名峰 岩木山

2011年1月12日。

2,3日前の新聞に岩木山の記事が出ていた。
岩木山の自慢の話。

岩木山は昨年の6月に岩手・青森地方を訪れたとき、なるほどいい山だなあと思った。
1625mというのは丹沢山や大山と大して違わないが、津軽富士とも呼ばれ、独立峰としてひときわ存在感を見せている。
その意味で、丹沢山系の山々と少し形態を異にする。

以下、「 」内は、記事から・・

「決して高い山ではない。だが、テレビがなかった昔の津軽人は岩木山を日本一の山と信じて疑わなかった。
だから、津軽出身の作家葛西善蔵は、後輩の石坂洋次郎にこう言った。
『みすず刈る信濃の国へ行ってみたまえ。あんなもの、山とは言わないよ。津軽衆もまたかくのごときか。渇!』 」

岩木山は津軽地方のどこに位置からも見え、しかも、見る角度によって山の形が大きく変化する。
6月に青森に行ったとき、よく見る岩木山の形とはかなり異なる山容にあれっこれが岩木山か・・と思った場所もあった。確かに、だいぶ位置によって変わる。

b0158170_8213555.jpg


「・・どの土地の人も自分が住む場所から見える岩木山が一番であるとこれも信じて疑わない。特に、弘前城の本丸から見える姿が最高とする弘前人に対して、戦前の著名な英文学者柳田泉は鋭く異論を唱えた。『それは土地びいきから言うのであって、岩木山の真実美しい姿は私の故郷、しかも、私の家の裏田んぼから見るのが一番である。』と。」

b0158170_10163180.jpg

なるほど・・・

「弘前市に生まれた僕には物心ついた頃から一貫して振り仰いできた山容より優れた眺めがあろうとは到底思えない。これは、もう信仰の領域に属する問題なので、他人の反論を考慮に入れる余地はない。」

なるほど・・・
我が家の2階から眺め振る、富士山も相模富士といってそれはそれは素晴らしい。

b0158170_10171638.jpg
朝焼けの富士、夕焼けの富士、初冬の冠雪した富士、茜色の空に富士山に向かって一直線に伸びる飛行機雲の航跡と箱根連山とのコラボレーション・・・
いつ見ても素晴らしい眺め・・・
(あの携帯の高いアンテナと送電線がなければさらによいのですが・・・!!)


「昔から、岩木山は津軽人にとって、心底から畏敬する信仰の対象であって、遠い先祖と実の親にも等しい愛情の対象であって、見る角度は違えども津軽人の心のよりどころとしては常に不変であり不動であった。・・・」

確かに、青森旅行で見た岩木山は大きく立派だった。
そして、どこからもよく見えた。
こういう風景がおそらく日本のあちこちであるのだろう。
まだまだ日本にも行ってみたいところがたくさんある。
1ヶ月ほどかけて、日本のあちこちを車と自転車で旅行したいと昔から思っているがなかなか実現しない。
[PR]

by yahhosaito | 2011-01-12 08:22 | 日々 | Comments(2)
Commented by ひこひこ at 2011-01-16 22:28 x
東北地方は山が少なく、弘前に実家を持つ山好きの友人はつまらないと言っていますが、岩木山だけは別格と言っています。
登山としては面白味に欠けるが、観賞用さらには山岳信仰として津軽っ子にとってカリスマ的な存在だそうです。
山を身近に持つ県民はいいですね☆
Commented by yahho at 2011-01-18 11:28 x
たしかに!すばらしい山でした。
活火山なんですよね。あの周りににはいい温泉が沢山あるようですね。
日本一周温泉めぐりをライフワークにするのもいいなあ・・・世界に向けて発信する。Introduction to Japanese Hot Springs
(あと30年若ければ・・・、もっとも仕事忙しく、そんな暇ないか!)
<< 薪つくり 新春の集い >>