人気ブログランキング |

yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小学校の卒業式

2019年3月20日。

地元小学校の卒業式に出てきた。

昨年は中学校に出たが小学校は3~4年振りか。
中学校の卒業式はかなり淡々としてセレモニー的であまり面白みがないが小学校は結構感動する。

わが地元の小学校は3クラスで一クラス30人ほどだから、1学年で90名。
全校生徒だと90×6学年で540名という事になる。
まあ、結構な生徒数だ。
540名もいると少子化が嘘の様でもあるが、我々のころは6クラスあった。
しかもクラス50名だから、1学年は300名。
よって、全校生徒は1800名だった。(ハズだ!)

小学校はなぜ感動的か?
たぶん、自分の子供(孫)の映像とダブるのだからだと思う。

小さくてひとりで学校に行くのが大丈夫なのだろうか・・
勉強はついていけるのだろうか・・
仲間と上手くやっていけるのだろうか・・

雨の日も晴れの日も雪が降る寒い日もランドセル背負って学校に行く
そこでいろいろなことを学び、辛いこともあって少しずつ成長し、大きくなっていく。

そんな孫の様な子が目の前にいる。
そんな成長の課程が逐一想像可能であり、その最終形がある意味卒業式だ。

中学校になるとそうはいかない。
親が想像する生活を超えている。
だからあんまり実感が伴わない。

b0158170_10121963.jpg

演出も中々いい。
卒業生と在校生との掛け合いのお別れの言葉。
一人一人、しかもランダムに言葉をかけあう。

けなげだ。

しかもみんな上手い。

b0158170_10154815.jpg
通信簿5の子も3の子も1の子もいない。
みんなそれぞれに上手で感動的。

卒業生がピアノを弾き、在校生もピアノを弾く。
指揮する子、楽器を演奏する子、歌を歌う子・・

6年間でこんなに成長するのかと自分と比べて複雑な気持ちになる。

ちょうど1年前、新入生の教育支援として数日1年生のクラスに通った。
入学したばかりの子は結構手がかかった。
この先どうなるのかと思って見ていた子が、少しの期間で成長していく。

人間はすごい。
それぞれにいろいろな才能を持ち、いろいろな可能性がある。
大したものだ。

人類、たぶん数千年これの繰り返し。
火をおこし、和歌を詠み、俳句をひねり、建物を建造し、火薬を発明し、コンピューターをつくり、ネットの社会が広がっていく。

小学校の勉強が、学校という社会生活が「繰り返し」の基盤になっている。
卒業生を見ていると「ガンバレ!」
「社会はちょっと大変なこともあるけど、大変なことは自分のためになるからね!頑張んな!」と思っちゃうね!!



by yahhosaito | 2019-03-20 21:14 | 地域 | Comments(0)
<< 桜の季節 久々のカンツォーネ >>